精白米と無洗米、便利なのはどっち?無洗米は洗わなくてもいいの?

スポンサードリンク

お米の種類はとてもたくさんあり、精米の仕方で精白米や無洗米などもあり、お店には
たくさんのお米が並んでいます。
都会では見かけないかも知れませんが、私の住んでいる地方では、コイン精米機というものがあり、玄米を持ち込んで、10kg100円で精米ができます。
何年か前から、このコイン精米機でも無洗米に精米できるものも出てきたので、便利な(?)無洗米に精米してきました。
無洗米の利点は何か、本当に洗わなくていいのか、ちょっと疑問がありますね。

“精白米と無洗米、便利なのはどっち?無洗米は洗わなくてもいいの?” の続きを読む

自動車税のインターネットによるクレジットカード納付はお得?

自動車税は、4月1日午前0時現在の車検証の名義人に課税されます。
納付期限は5月31日です。
自動車を持っている人には毎年のことなのですが、自動車税は車によっては高額になることがあるので、納入方法について、色々調べてみました。

“自動車税のインターネットによるクレジットカード納付はお得?” の続きを読む

スポンサードリンク

定年後に働く人のみかた、高年齢雇用継続給付は、どの位もらえるの?

定年後はのんびり過ごしたい。
多くの人がそう考えると思います。
ところが、現実はなかなか厳しく、働けるうちは働きたいという人もたくさんいると思います。
そんな定年後に働き続ける人を応援するものがあります。
雇用保険制度の一つである「高年齢雇用継続給付」です。
高年齢雇用継続給付金はどのようなものか、どの位もらえるのかを調べてみました。

“定年後に働く人のみかた、高年齢雇用継続給付は、どの位もらえるの?” の続きを読む

さくらんぼ狩りのお勧めは?いつ頃?どこで?

桜の開花が始まり、やっと、山形にも春がやってきました。
さくらと言えば、さくらんぼの花もさくらの花の様です。
全国生産量の7割を占める山形のさくらんぼ。
自分で木からとって、食べてみてはいかがですか?

さくらんぼの時期は?

さくらんぼの栽培は、ハウス栽培と露地栽培があります。
ハウス栽培は5月中旬から6月上旬、露地栽培は6月上旬から7月中旬まで楽しむことができます。
結構、長い間楽しむことができるみたいですが、さくらんぼとひとくちにいっても色々な種類があり、それぞれに時期があるということです。

佐藤錦(さとうにしき)
東根市の佐藤栄助さんが育成した品種で、ナポレオンと黄玉の交配でうまれました。
その生産量もダントツに多く知名度も高い品種です。
糖度は16~18°(20°以上も)あり、適度な酸味もあり、美味しいさくらんぼです。
開花時期から数えて、50から55日後に収穫され、山形では6月中旬から7月中旬まで楽しむことができます。


紅秀峰(べにしゅうほう)

1979年(昭和54年)に山形県立園芸試験場において「佐藤錦」に「天香錦」を交配し、その後、初結実した実生から選抜・育成されたものです
6月下旬から7月下旬まで楽しむことができます。

紅さやか(べにさやか)
紅秀峰と同じ時に山形県立園芸試験場において「佐藤錦」に「セネカ」を交配し、その実生の中から選抜育成された早生種のサクランボです。
さっぱりした甘みが特徴で、6月上旬から6月下旬まで楽しむことができます。

ナポレオン
ナポレオンはヨーロッパ各地で古くから作られてきた品種で、日本には早くから導入されています。
6月下旬から7月上旬まで楽しむことができます。

高砂(たかさご)
高砂(たかさご)はアメリカ生まれで、1872年(明治5年)に日本に導入され、明治後期に長いカタカナ名から「高砂」という日本名に名称統一されました。
サクランボの多くが自家不和合性で違う品種からの受粉が必要なため、その受粉樹として広く栽培されてきました。
6月中旬ぐらいから出回るのですが、山形ではそう多くはありません。

南陽(なんよう)
南陽は山形県農業試験場置賜分場において1957(昭和32)年に「ナポレオン」を自然交配させ、そこから得られた実生を育成したものです。
糖度は14~16°ですが、酸が0.5~0.6と酸味が少なく、濃厚な甘さではなくさっぱりとした甘さといった感じです。
6月下旬から7月上旬まで楽しむことができます。

大将錦(たいしょうにしき)
上山市の加藤勇氏の農園においてナポレオン、佐藤錦、高砂の混植園で発見された偶然実生の中から選抜育成された品種です。
佐藤錦より10日間も生育期間が長く、7月上旬から中旬まで楽しむことができます。

他にも色々な種類のさくらんぼがあるのですが、種類や地域によって、期間が少し変わるようです。

 

観光さくらんぼ園はどこにあるの?

さくらんぼ狩りは、観光さくらんぼ園でできます。
山形県の観光さくらんぼ園は、

① 山形市 6件
郊外にあります。
② 上山市 10件
国道13号線の西側にはJRかみのやま駅や上山城・温泉街があり、その山側に1件あります。 国道13号線の東側の山の方に、9件あります。
③ 天童市 17件
・くだもの桃源郷48方面に11件
・奥の細道フルーツライン方面に4件
・天童に河北線方面に1件
・山形空港南方面に1件
④ 寒河江市 1件
道の駅・寒河江(チェリーランド)に併設されている施設。
⑤ 村山市  4件
国道13号線の西側にあります。
⑥ 東根市  25件
・フルーツランド付近に13件
・月山眺望ライン沿いに4件
・蟹沢地区、空港付近に6件
・さくらんぼ東根温泉付近に2件
⑦ 河北町  1件
さくらんぼ東根駅より車15分のところです。
⑧ 南陽市  23件
多くは国道13号線の西側にあります。
⑨ 米沢市  3件
米沢駅よりそれぞれ、車で15分ぐらいのところにあります。
⑩ 鶴岡市  1件
鶴岡駅より車20分のところにあります。

山形県を横断する国道13号線沿いに南から米沢市、南陽市、上山市、山形市、天童市、東根市、村山市と並びます。
天童、東根、村山市の西側には寒河江市、河北町が位置し、山形県の内陸、置賜地方に広く観光さくらんぼ園があります。そして、庄内の鶴岡市にもあるので、山形はさくらんぼ王国ですね。

温泉もあるよ

他にも、山形は温泉王国。
蔵王温泉(山形市)、かみのやま温泉、天童温泉、寒河江温泉、碁点温泉(村山市)、ひがしね温泉、河北温泉、赤湯温泉(南陽市)、小野川温泉(米沢市)、湯野浜温泉(鶴岡市)など近くには温泉があります。
観光さくらんぼ園によっては、朝摘みさくらんぼ狩り体験プランなどがあり、宿泊先を早朝に出発して果樹園に行き、糖度が高く実のしまった朝摘みの「さくらんぼ」を存分に味わえる体験ができるなどというのもあります。

まとめ

ようやく春らしく桜が咲いた山形。
さくらんぼの花ももうすぐです。
色々なさくらんぼが県内広い範囲で味わえます。
初夏の味、さくらんぼ狩りを是非、楽しんで下さい。

年金はいつからもらえるの?働いていてももらえるの?手続きは?

年金は老後の大切な生活資金ですが、定年退職したら、いつからもらえるのか、働いていてももらえるのか、とても気になる問題です。
年金の手続きミスとか入力の外部委託とか、マイナスのニュースが流れるたびに、私の年金は大丈夫かしらと心配になってしまいます。
そこで、定年退職後の年金についてすこし調べてみました。

年金はいつからもらえるの?

そもそも公的年金は、
国民年金
日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入する年金でいわゆる基礎年金です。
厚生年金
厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務するすべての人と公務員が加入する年金。自動的に国民年金にも加入するため、国民年金の給付である「基礎年金」に加えて「厚生年金」を受けることになります。給付の金額は報酬比例(報酬額と加入期間によって決まります。

以前には公務員が加入する共済年金があったのですが、平成27年10月から、共済年金と厚生年金の格差を是正すべく、厚生年金に一本化されました。

そして、その年金がいつからもらえるかということです。

国民年金の老齢基礎年金(定額部分)の支給開始年齢は「原則65歳支給開始」です。
厚生年金の老齢厚生年金(報酬比例部分)については、昭和61年4月以前では「原則60歳支給開始」となっていましたが、徐々に支給開始年齢が引き上がられ、平成12年の改正では生年月日(男女別)によって支給開始年齢も引き上げられることが決定しました。
男性は昭和36年4月2日以降、女性は昭和41年4月2日以降厚生年金の支給開始年齢が完全に65歳からになります。

かなり昔に遡りますが、もともと厚生年金は55歳支給でした。ただ、男性は昭和29年の厚生年金改正時に55歳から60歳に引き上げが決まりました。
そして、昭和62年3月までに厚生年金保険制度の老齢年金の受給権が発生した人は、男性の場合60歳から、女性の場合55歳から老齢年金が支給されていました。しかし、高齢化が進み、財政もだんだんと厳しくなってきたので、昭和61年4月に旧法時代の老齢年金を廃止し、新たに老齢厚生年金を設け、老齢厚生年金の支給開始年齢を65歳からとしたのです。

しかし、昭和61年3月までに年金の受給権が発生した人は60歳(女性の場合は55歳)から年金が支給されていたのに、昭和61年4月以降に受給権が発生人は65歳から支給さてたのでは一気に5年(女性は10年)の空白期間が生れてしまいます。最悪、1日違いの誕生日で10年支給開始が遅れるなんて…そこで、ゆっくりと時間をかけて段階的に年金の支給開始年齢を引き上げていくようになったのです。

まずは、老齢厚生年金の定額部分(国民年金分、後に老齢基礎年金)について
男性 60歳から65歳に
(3年に1歳ずつ、平成13年度から12年かけて支給開始年齢の引き上げ)
女性 60歳から65歳に
(3年に1歳ずつ、平成18年度から12年かけて支給開始年齢の引き上げ)
そして、男女とも平成30年には老齢基礎年金は原則、65歳支給開始となりました。
国民年金が65歳支給なので、一緒になりましたね。

次は老齢年金の報酬比例部分です。
男性 60歳から65歳に
(3年に1歳ずつ、平成25年度から12年かけて支給開始年齢の引き上げ)
女性 60歳から65歳に
(3年に1歳ずつ、平成30年度から12年かけて支給開始年齢の引き上げ)

このような支給開始年齢に男女差があるのは、いまでは想像もつかないでしょうが、昔(?)は、採用が男性のみとか、結婚したら退職するとか、定年は女性は55歳、男性は60歳などとたくさんの男女差があったのです。
早い話、定年の年齢差が支給開始年齢差になったのですね。
ちなみに、公務員は定年の男女差がないので、男性と一緒です。
年金の一本化は公務員女性には辛いところですね。定年になったら、すぐに年金(恩給なんて言われた時代もありましたね)をもらえ、十分に生活出来たようです。

働いていてももらえる、在職老齢年金とは?

なんとなく年金のことがわかったところで、60歳で定年退職して、年金を受給できるのが65歳、5年間どうしたらいいの?ととても不安になりますよね。

まずは、年金定期便で自分の年金加入の確認や老齢年金の種類と見込額を確認してみましょう。

老齢年金の種類と見込額のところでは、国民年金をみると、65歳~老齢基礎年金として1年間の受給見込額が記載してあります。
その下に、厚生年金保険として、一般厚生年金期間、公務員厚生年金期間、私学共済厚生年金期間のところでは、それぞれ加入していたところで、○○歳~特別支給の老齢厚生年金として1年間の受給見込額が記載してあります。

とは言っても、満額の年金がもらえるのは原則65歳からですから、特別支給の老齢厚生年金は月10万程度。
少しは働いて…

そうです、働いても年金はもらえます
これは、在職老齢年金制度です。
厚生年金の被保険者となって働く場合に受け取る老齢年金のことを「在職老齢年金」といいます。
ただ、収入によっては、年金の全部または一部がストップすることがあるので注意が必要です。

在職老齢年金の年金額は、受給している老齢厚生年金の月額と総報酬月額相当額により、年金額が調整されます。
在職老齢年金は64歳までと65歳以上でしくみが違います。

64歳までは
1.総報酬月額相当額と老齢厚生年金の月額の合計が28万に達するまでは年金は全額支給になります。
2.28万を上回る場合は一部停止になります。
(総報酬月額相当額の増加2に対し、年金額1の停止)
3.総報酬月額相当額が47万円を超える場合は、さらに増加した分だけ年金が停止になにます。

基本月額は、加給年金額を除いた特別支給の老齢厚生年金の月額です。
総報酬月額相当額は
(その月の標準報酬月額)+(直近1年間の標準賞与の合計)÷12

65歳以上では
1.総報酬月額相当額と老齢厚生年金の月額の合計が47万に達するまでは年金は全額支給になります。
2.47万を上回る場合は一部停止になります。

そうなんです。
収入によって年金の支給額が変わるのです。
総報酬月額相当額というのが鍵ですね。

まず、標準報酬月額とは…
毎年、4・5・6月に支給された報酬月額を平均して、健康保険・厚生年金保険法の保険料額表に当てはめて、毎年1回その年の9月から翌年の8月までの標準報酬月額が定められます。
その後1年経過する前に、報酬月額変更届の提出事由に該当した場合は報酬月額変更届の届出に基づき標準報酬月額が変わります。
ということは、「標準報酬月額」は毎月変動しうるということですね。
定年後の就職は月給制なんてあまり望めません。日々雇用であれば、結構変動があるわけですよ。なのに、良いときの給料で1年間計算されたらショックですよね。
直近1年間の標準賞与の合計とは…
その名のとおり、2018年4月なら、「2017年5月から2018年4月まで」を指し、その期間にもらった賞与の合計額になります。
定年退職でボーナスを結構もらっていれば、その後の半年ちょっとは停止額があるかもしれませんね。

このように、「総報酬月額相当額」は毎月算定されるという点がポイントです。
そして、この「総報酬月額相当額」という指標を用いて、年金の支給停止額の計算が毎月行われるということです。
なお、この「総報酬月額相当額」の計算は、会社が提出する「報酬月額算定基礎届」「報酬月額変更届」「賞与支払届」などに基づき自動的に計算されます。
したがって、在職老齢年金をもらっている人は「総報酬月額相当額」算定のためには何の手続きもする必要はないのです。
これで、安心して自分のペースで働けますね。

定年後の働き方の色々

ほかにも、定年退職してから働く場合に高年齢雇用継続給付を受ける場合もありますが、在職老齢年金の支給を受けながら、同時に高年齢雇用継続給付の支給を受け取る期間については、高年齢雇用継続給付の給付額に応じて、年金の一部が支給停止となる場合があります。

目一杯働くのか、フルタイムではなく働くのか、定年後の働き方には色々な選択肢があります。
厚生年金に加入しないパート社員やアルバイト、あるいは自営業者として働く場合には、受け取る老齢年金がストップすることはありません。

まとめ

定年退職後、働けるうちは働きたい。ゆっくりもしたい。お金も欲しい。
人それぞれ、色々な考え方もあり、事情もあります。
年金をもらいながら、楽しく、いきいきと生活したいですよね。

ただ気をつけたいのは、特別支給の老齢厚生年金はその時にもらえる額なのです。
年金定期便の見方を間違い、62歳の特別支給の老齢厚生年金の額を62歳でもらい始めるとずーっとその額と勘違いして65歳からの老齢基礎年金が加算されるまで待ってしまうとか、繰り下げて増額にしようとか請求を遅らせてはいけません。
年金定期便では62歳で受給した年金額が生涯続くのではなく、62歳になったら、65歳になったらと段階的に積み上がっていくのです。
「繰り下げ」の制度も65歳以降の老齢厚生年金には「繰り下げ」によって増額される制度がありますが、特別支給の老齢厚生年金にはそれがありません。
今は働いているから、「繰り下げ」で増額しようと5年後に請求したら、5年分がまとめて振り込まれるだけです(税金面でも面倒かも)。
また、年金を受け取る権利は5年で時効を迎えるので、さかのぼって請求できるのは5年分のみです。
特別支給の老齢厚生年金はその時に手続きをしましょう。

確定申告、医療費控除で簡単に税金が戻ります!!

平成29年分の確定申告が始まりました。
サラリーマンの方で源泉徴収で税金を納めた人でも、10万円以上の医療費を支払っていたら税金が戻ってきます。
この医療費は自分だけでなく、同居の家族分も含まれますから、こまめに領収書をとっておくことは大切ですね。

医療費控除の条件は?

医療費控除というのは、その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることです。
一定額というのは、10万円(総所得が200万未満の人は総所得金額等の5%の金額)なので、自分だけでなく、家族みんなの分なので、領収書をとっておくと結構超えるかもしれません。
ただ、生命保険契約などで支給されたり、健康保険などで支給があった場合はその金額を引かなければなりません。
国税庁の平成29年分確定申告特集に 医療費控除による減税額の試算はこちら というところがあり簡単に試算できますから、やってみてください。

医療費控除を作成してみよう

申告手続きには
・マイナンバーの記載
・本人確認書類の提示又は写しの添付
(e-taxなら不要)
が必要です。
また、今年から、医療費控除の提出書類が簡素化され、領収書の添付の必要がなくなりました。(5年間の保存が必要です)
毎年、かなりの領収書を添付していたのですが、その処理も大変だったのではないでしょうか。あくまでも、私の考えですけどね。プライバシー保護があるので、簡単に捨てれないし、処理の費用もかかるのではないでしょうか…
今年からの変更点として、セルフメディケーションの創設があります。

セルフメディケーション税制とは
健康の保持増進や疾病予防等の取り組みをしている人が厚生労働省指定の医薬品を一定額以上購入した場合、購入費の一部を確定申告で所得税控除(医療費控除)できる制度のことです。
2017年1月から始まった医療費控除の特例で(4年間限定)であり、今年の確定申告から利用することができる新しい制度です。

控除できる額は控除対象の医療品購入額から12000円を引いた額で、上限は88000円です。

セルフメディケーション税制を選択する場合は、健康の保持増進や疾病予防等の取り組みをしたことが証明できる書類が必要になりますから、勤務先で実施する定期健康診断も証明になるので、大切に保管しておきましょう。

医療費控除はどちらかの選択になるので、医療費控除による減税額の試算でどちらが減税になるか算出してから手続きをしてください。

e-taxはネットで行う訳ですから、税務署に行かなくとも、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で申告署を作成し、自宅からネットで提出でき、添付書類の提出も省略することもできますが、事前の手続きが必要です。
マイナンバーカードを取得していて、ICカードリーダライタが必要になります。
ICカードリーダライタは2000円~5000円ぐらいで購入可能です。

そこまで、お金をかけたくない人は、同じように、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で申告署を作成し、印刷して郵送するか、税務署に持参すればよいのです。
国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、画面の案内に従って金額などを入力することにより、確定申告書等を作成することが出来るので、とても便利です
医療費の明細書もエクセルで出来ているので、地道に入力することで、簡単の申告書が作成されます。

薬局で購入したお薬代も控除額に入ります

薬局で購入した風邪薬。
これも、医療費控除になります。
レシートの”セルフメディケーション税制対象となっている薬品は通常の医療費控除の薬剤として控除対象になります。
医者にかからない時も、薬局で購入したものが、セルフメディケーション税制対象であれば、控除の対象になるので、領収書は大切ですね。

まとめ

医療費控除は、自分だけでなく、家族みんなの分が控除されます。
そして、確定申告の仕方も、金額を入力することで、提出する書類が出来てしまうなど、計算までしてくれるので、とても簡単です。
わからなければ、税務署に出向くことで、親切に教えてもらえます。
税金を納めるのは、とても大切なことですが、病気で支出があった場合は、払い過ぎた税金が戻ってくるのは、とても助かります。
手続きも簡素化になってきています。
少しでも戻るなら、医療費控除、手続きしてみませんか?
一度やってみると、なれてきて、毎年気軽にやれますよ。

もうすぐ、バレンタインデー、シニアも楽しもうではありませんか!!

バレンタインデー、または、聖バレンタインデーは、2月14日に祝われ、世界各地でカップルの愛の誓いの日とされています。
日本でも、女性から男性への愛の贈り物として、チョコレートを贈る習慣がありますが、現代の形のバレンタインデーは、60年ほど前に始まったとされています。
60前…今と違って、女性から男性に愛の贈り物、ちょっと勇気がいったかも。
チョコレート業界の仕業かーなんて言いながらも、ちょっとルンルンしたものでした。
ただ、学校では、食べ物を持ってくるということの他に、もらえる人、もらえない人があるので、昔は、学校には持ってきてはいけないということになりました。
今はどうなんでしょう…

愛の誓いの日、バレンタインデー

愛の告白をする人、愛を確かめる人、義理チョコを配る人、いたるところにチョコレートがありふれています。
愛があふれています。
これは若者達だけの日ではありません。
会社で義理チョコをいただいてくる旦那様のお返しに忙しい奥様、毎日が当たり前になっている御夫婦。
みーんな、楽しもうではありませんか!!

 

若者達だけの日ではありません!!

平凡な毎日、それこそが幸せなのですが、一工夫して、バレンタインデーを楽しみましょう。
500円や1000円であっても、贈りものにメッセージを添えてみませんか?
かえって小さいものでも、いつもと違うことに新鮮さがあります。
そして、そういうことをする自分にも余裕が生れるものです。
チョコレートだけではなくとも、お煎餅だってクッキーだって、食べ物でなくてもOKです。
靴下だって、パンツだって。
普通に靴下を買わなければならないときなら、ちょっと楽しんでラッピングして渡してみましょう。

小さいものに大きな愛を込めて

そうです。小さいものに大きな愛を込めて、今年、1年、いや、1ヶ月でも幸せな日が待っています。
デジタルではなく、アナログで、シニアも楽しみましょうよ。
遊び心をもって、のんびりと過ごすのも、いいものですよ。

まとめ

バレンタインデーは60年も前から日本でも盛んにお祝いされています。
○○年前を思い出し、シニアの方も、ちょっと楽しんでみませんか?

脳ドックって、どんな検査をするの?痛い?時間はどの位かかるの?

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)はあまり自覚症状がなく突然発症し、後遺症が残ったり、死に至ったりと怖いイメージがありますが、それは、突然に起こるわけではなく、原因があります。
それは、高血圧、高血糖、高脂血症などによる動脈硬化によって発症するのです。
このような生活習慣病を防ぐとともに、自覚症状がなくとも、脳ドックを受けておくのは脳卒中の予防に大切です。
特に、MR検査はCTと違い被爆がないので、お勧めです。

“脳ドックって、どんな検査をするの?痛い?時間はどの位かかるの?” の続きを読む

一変する定年退職後。後悔しないための準備は大丈夫ですか?

会社員や公務員など、勤め人にはいつか来る定年退職。
無事に勤め上げたおめでたいことですが、何もせず、めでたいめでたいといっていられない現実があります。
60歳定年が多数のなか、年金は65歳にならないと受け取れない仕組みになっています。
今まであった収入が0…結構、きついですよ。
そうなる前に、定年後の生活を考えて見ましょう。

“一変する定年退職後。後悔しないための準備は大丈夫ですか?” の続きを読む