甥と姪の入学祝いは小学校から必要?金額は?お金を郵送してもいい?

スポンサードリンク

64579585a6504244812268c7b4b4f5c2_s

小学校の入学祝いと言えば、おじいちゃん・おばあちゃんが孫のためにランドセルを買うイメージがありますが、おじやおばの立場として入学祝いって必要なのか気になりますよね。

兄弟姉妹にお祝いを渡すのって何か照れくさいですが、原則はどうなのでしょうか?

その辺りが曖昧な方は、ここで甥っ子や姪っ子の小学校の入学祝いについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

甥と姪の入学祝いは小学校から必要?

甥っ子や姪っ子の小学校の入学祝いは原則必要です。

兄弟姉妹の仲が極端に悪いとか特別な事情がない限りはお祝いを渡しましょう。

家庭内でのお祝いですので、肩の力を入れずに「気持ち」を伝えることが大切です。

お祝いの気持ちを日常で伝えるのはなかなか照れくさいものですので、このような機会をぜひ活かしていきましょう。

 

しかしながら、このようなお祝いに関してはお互い様ということもあり、家庭のルールに沿った方がいい場合もあります。

兄弟姉妹での子供の人数も異なりますので、自分の子供が少ないことを不公平に感じるケースも少なくありません。

中には「入学祝いのやり取りをしない」と決めている家庭もありますので、一度ご自身の家庭で相談してみるとといいでしょう。

入学祝いは現金が一般的?

お祝いは、現金のほかに図書カードや商品券、文房具など様々な形があります。

現金や図書カードは貰って困ることはありませんが、注意しなくてはいけないのが品物を渡す場合です。

入学祝いは自分以外の人も渡しますので、品物が被ることがあります。

特に文具は「既に揃えてしまってた!」ということもありますので危険です。

このため、品物を渡そうと考えている場合は、あらかじめ兄弟姉妹や両親に相談した方がいいでしょう。

渡す時期

入学祝いは、甥や姪が入学する2週間前までに渡しておくのが一般的なマナーですので、3月中旬までに渡しておけば大丈夫です。

大学進学とは違って、小学校は入学することが決まっていますので事前に準備しておくといいですね。

現金であれば入学準備の足しにもなりますので、渡される側も早ければ早いほど助かります。

かと言って2月に渡すのは早すぎますので、ひな祭りが終わってからのタイミングがいいですよ。

甥と姪の入学祝いの金額の相場は?

小学校の入学祝いの金額の相場は5千円~1万円とされています。

現金の場合は祝儀袋に入れて渡すのがマナーです。

また、お金はできれば新券がいいです。

 

図書カードに関しては、家庭内でのやり取りなのでマナーに厳しくない家庭であれば封筒でも大丈夫ですが、祝儀袋はコンビニや100円ショップでも購入できる物ですので、準備することを勧めます。

1万円以下であれば水引が印刷しているもので十分です。(家庭内でのやり取りですし)

のしの表面の上段には「入学御祝」「祝御入学」「御入学御祝」のいずれかを、下段には甥や姪の名前を記載するのが一般的です。

 

せっかくだし水引を付けたいという場合は、紅白の蝶結びのものを使用します。

蝶結びは、ほどいたり結びなおしたりできるのが特徴で、「何度も」という意味が込められています。

入学祝いは小学校だけでなく、中学、高校と何度も行われることですので蝶結びがよいとされています。

余談ですが、例えば葬式や結婚式など「何度も行うことが良くない」ことには蝶結びの水切りは使用してはいけませんよ。

入学祝いのお金を郵送するのはマナー違反?

お祝いはできれば直接渡した方がいいのですが、兄弟姉妹が遠くにいて会えない場合は、直接渡すのが困難ですよね。

そのような事情があるならば郵送で送るしかありません。

まずは兄弟姉妹に連絡を取り、「入学祝いを渡したいこと」と「直接渡せないから郵送で送る」旨を伝えましょう。

 

現金を郵送する場合は、現金書留を利用しましょう。

その際「お祝いお言葉」と「手渡しできないことへのお詫び」を書いた手紙を同封すると気持ちが伝わりやすくなります。

現金だけでは味気ないですよ。

 

図書カードを郵送する時は、現金書留にしなくても大丈夫です。

郵便約款にも図書カードなどの金券を現金書留として送らなくてはいけないという規定はありませんのでご安心ください。

ただし、普通郵便で送った場合は補償がされませんので、簡易書留で送ることをお勧めします。

まとめ

甥や姪の入学祝いは原則必要ですが、家庭のルールなども考慮するといいでしょう。

ここで確認したことを参考に、最善の方法を選択し、後々後悔しないようにしてくださいね。

スポンサードリンク