卒業式で母親のストッキングは肌色がマナー?選び方は?黒はダメ?

dae1218e16a3834e5cc4144c3866afd8_s

卒業式を迎えるお子さんがいるお母さん、おめでとうございます。

卒業式に参加される方はどんな服装をするか決まりましたか?

 

スカートスーツの方はストッキングを履くのがマナーと聞きますが、

どんな色を選ぶといいのか悩みますね。

ここで、卒業式に出席する母親が着用するストッキングについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

卒業式で母親のストッキングは何色を履くのがマナー?

卒業式に出席される母親の服装は、ほとんどがスーツです。

スカートスーツですとストッキングの色が目につきますので、誰も見ないだろうというのは大間違いです。

 

ブラックスーツには無難な黒が合うのですが、全身黒色ですと一般的に葬式を連想させてしまいますので、

卒業式や入学式などの慶事に黒ストッキングは合わないという認識が世間に広まっています。

そのため、黒色のストッキングを快く思わない保護者の方から「非常識だ。」と噂される可能性が高いです。

 

かと言って、ストッキングの色が派手だと変に目立ってしまいます。

若いお母さんならファッションとして似合うかもしれませんが、大人のマナーとしては相応しくありませんね。

 

「黒色もダメ明るい色もダメって、じゃあ何色を履けばいいの?」となりますよね。

結論としては、肌色(ベージュ)のストッキングを履くのがオススメです。

ベージュを着用するお母さんが圧倒的に多い印象を受けます。

もちろん、柄やラメなどが入っていないシンプルなデザインのものに限ります。

肌色のストッキングは入学式でも使えますのでこの機会に購入してもいいでしょう。

 

ちなみに3月はまだまだ肌寒い季節ですので、ストッキングではなくタイツを考えている人がいたら止めておきましょう。

基本的に厚手のものはマナーとして相応しくないとされています。

周りの目が気になる方は、防寒よりもマナーを守りましょう。

スポンサードリンク

ストッキングで自分に合う肌色の選び方は?

肌色のストッキングの選び方は意外にも難しく、購入後に失敗したというケースもよくあります。

失敗しないためのポイントは、自分の肌の色よりやや濃い色を選ぶことです。

白っぽい色は日差しや蛍光灯の下では白く浮きやすく不自然に見えますので、注意しましょう。

 

では、自分に合った肌色ストッキングを選び方を確認していきましょう。

ストッキングは実際に履いて試着するお店は少ないので、見本を手に通して色を確認する方法がいいでしょう。

ここでよくありがちな間違いは、顔色のトーンと合わせることです。

というのも、顔の色は化粧もしていますので色を正確に把握することはできません。

また、足の色は日焼けなどで顔色と微妙に異なる場合もありますので、必ず足色に合わせましょう。

卒業式で母親のストッキングは黒色でも大丈夫?

肌色のストッキングを準備できなく黒色を履くといった場合は、アクセサリーや髪型を華やかにすることで葬式感を薄くすることはできます。

しかし、それでも周りの目があるのでオススメはできません。

 

黒のストッキングを履くのであれば、パンツスタイルのスーツにしてはどうでしょうか?

パンツスタイルだと中に何を履いても見られないので、ヒートテックで防寒することもできます。

 

ただ、地域や学校の風習により黒色ストッキングが主流のところが稀にあります。

このため、一応ママ友や先輩ママに話を聞けると万全ですね。

まとめ

卒業式にスカートスーツを着用する場合は、肌色のストッキングを選びましょう。

黒色を履くくらいならパンツスタイルのスーツにした方が無難です。

肌色ストッキングを購入する際は、自分の足色よりやや濃い色を選ぶと失敗しにくいですよ。

スポンサードリンク