ひな祭りに雛人形を飾る意味と由来は?段数の違いで何か変わる?

スポンサードリンク

014e80a7f039e15b7def5f6359990634_s

ひな祭りにおいて、女の子のいる家庭では雛人形を飾るのが一般的です。

最近では、自分用の雛人形の売れ行きが好調で、大人の鑑賞用としても人気となっています。

 

皆さんは、何故ひな祭りに雛人形を飾るのかご存知でしょうか?

ここで、雛人形の意味や由来について確認していきましょう。

スポンサードリンク

ひな祭りに雛人形を飾る意味は?

雛人形は厄除けの意味を持っています。

お子さんに降りかかる難を人形が身代わりになってくれるということです。

お子さんの無事の成長を祈るために飾る雛人形ですが、

自分用に購入される方でも、自分の難を人形に移すという解釈ができますね。

 

雛人形の身代わりに関しては、留意点があります。

雛人形を購入した際の説明書に「雛人形の身代わりは一代限り」というフレーズを見かけることがあります。

この解釈では、自分が使っていた雛人形は、自分の子供には渡してはいけないということになります。

そのため、自分の子供には新しい雛人形を購入しなくてはいけないと読み取れますね。

 

しかし、雛人形は親から子へ受け継がれる地域が多く、複数の代で使用することはあたり前のことになっています。

雛人形は一族の財産であるという解釈もされるため、子供に受け継ぐことが絶対にダメだということはありません。

 

これは気持ちの問題になるかと思いますので、

「一代限り」というフレーズにただならぬ不安を感じる人は、

お子さんには新しい雛人形を購入されるのがいいかと思います。

個人的には、販売促進の戦略として生み出された文化のような気がしますが・・・

 

また、「雛人形を出しっぱなしにするのは好ましくない。」とよく聞きますが、

雛人形が引き取った厄は、早く片付けないと再び人に戻ってしまうと言われていることが理由の一つです。

さらに、ひな祭りを過ぎてからも出しっぱなしにしておくと婚期が遅れるとも言われてますね。

気にされる方は、3月中旬までには雛人形を片づけるといいでしょう。

ひな祭りに雛人形を飾る由来は?

雛人形は、元々紙で作られた人形に厄を移す祓(はらい)と言われる神事が由来とされています。

祓は、紙人形を自分の体にこすりつけることで己の穢れや災いを移し、人形を川に流すという儀式になります。

この儀式が3月3日に行う「流し雛」のルーツになっており、現在の雛人形に変化していきました。

流し雛は、現在でも鳥取や奈良など各地で行われており、その文化は今でも地域に根付いています。

 

雛人形は座っている姿が一般的ですが、立ち姿の雛人形もあるのはご存知でしょうか?

これは、紙人形の立ち姿がそのまま雛人形の形になっており、昔の伝統を反映している形と言えますね。

 

また、雛人形は厄払いの意味だけではなく、

平安時代の貴族の人形遊びも雛人形のルーツの一つとされています。

 

元々は上流階級でしか行われなかった人形遊びでしたが、

時代の経過に伴い一般庶民の間でも行われるようになりました。

 

女の子の遊びである人形遊びと女の子の節句(桃の節句)が結び付いたことで、

3月3日に雛人形を飾ることが定着したのです。

 

紙人形で行う祓と女の子の人形遊び。

同じ人形という共通点がマッチし、今の雛人形の文化が作られていったのですね。

雛人形の段数の違いで意味が異なる?

雛人形は3段、5段、7段など段数の違いがありますが、

段数の違いで意味が異なることはありません。

 

現在では、お内裏様とお雛様のペアだけを飾る家庭が増えており、

段数飾りを目にする機会はどんどん少なくなっているのが現状です。

 

予算の都合上、一気に7段飾りを購入できない家庭でも、

年に雛人形を買い足し、徐々に段数を増やすという方法があります。

毎年お子さんと一緒に人形や小物を買いに行くのも楽しそうですね。

まとめ

雛人形は厄払いの意味と貴族の人形遊びがルーツとされています。

文化の形は変われど、お子さんの成長を願う思いは昔から変わりません。

女の子のいる家庭は、雛人形を飾り、

いにしえの人々の思いをお子さんにお話ししてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク