ひな祭りの雛人形はいつから飾る?片付けの注意点は?何歳まで?

スポンサードリンク

014e80a7f039e15b7def5f6359990634_s

ひな祭りには雛人形を飾る風習があります。

女の子の成長を祝うために飾る雛人形ですが、

「いつから出したらいいのか」とか「いつ片付けをすればいいのか」など

時期の悩みを持つ方が多いです。

ここで、雛人形を飾る時期について確認していきましょう。

スポンサードリンク

ひな祭りの雛人形はいつから飾る?

雛人形を飾り始める時期に、この日という決まりはありません。

しかし、一般的に早い人で立春から、遅くてもひな祭りの1週間前には飾るのが基本です。

 

ひな祭りギリギリに飾り始めるという家庭も少なくないため、

予想よりも早く飾ることに驚いた方も多いのではないでしょうか。

 

立春は節分が終わった頃になりますので、

豆まきをした翌日から雛人形を飾り始めてよいということになります。

せっかくなので長い間雛人形を眺めたい人は、2月4日から飾り始めてはどうでしょう。

 

また、2月中旬から飾り始める人も多いですので、

こちらは「バレンタインが終わったら飾るんだ」と決めておくと覚えやすいですね。

2月は上旬の節分から始まり、中旬のバレンタイン、雛人形と行事が多い季節ですので、

順を追ってこなしていきましょう。

ひな祭りの雛人形の片付け時期と注意点について

ひな祭りを過ぎてからも雛人形を飾っておくと婚期が遅れるとよく聞きますよね。

そのため、縁起が悪いので3月3日が過ぎたらすぐに雛人形を片づける家庭もあります。

しかし、これは迷信ですので気にしすぎる必要はありません。

 

雛人形を片付ける際は、日にちよりも天気に気を配りましょう。

というのも、湿度の高い雨の日に片づけてしまうと、

人形に湿っぽい空気が付着ししてしまうため、シミやカビを発生させる可能性があります。

来年出した時にガッカリしないために、晴れて乾燥している日に片付けるといいです。

 

天気予報をチェックして、3月3日以降の休みの日で天気のいい日があれば、

その日に一気に片付ける計画を立てておくと完璧ですよ。

 

しかし、天気のいい日に都合が合わないからと言って、いつまでも飾っておくのは好ましくありません。

遅くても3月中旬までには終わらせましょうね。

もし自分の地域が4月3日にひな祭りを行う場合は、4月中旬までには片付けておきましょう。

ひな祭りの雛人形は何歳まで飾るもの?

その土地や家庭の方針で決まりがあればそれに従うといいでしょう。

しかし、一般的に雛人形を飾る年齢に決まりはありません。

 

解釈の仕方は様々で、「子供の成長を祝う目的だから子供が成人したら飾らない。」とか

「子供が結婚して家を出るまでは飾る。」など成人や結婚を機に飾らなくなる家庭もあります。

 

ただ、最近では自分用の雛人形を購入する人も増えていますので、

雛人形は、この季節に飾る風物詩のような存在になりつつあります。

夏でいう風鈴みたいなもので、季節のインテリアのようなものですね。

ですので、子供の成長に関係なく、毎年飾ることで季節を体感していいのではないでしょうか。

 

ただ、7段もの立派な雛人形を飾れる家も少なくなりました。

特にマンションにお住いの方は、雛人形を飾るスペースを探すのも一苦労ですよね。

こうした環境であれば、無理して立派な7段人形を飾らなくても、

上段のお内裏様とお雛様だけ飾るということで問題ありません。

まとめ

雛人形はひな祭りギリギリに飾り始めるのではなく、遅くても1週間前には飾っておきましょう。

また、3月3日を過ぎて飾ることはマナー違反でもありませんので、

天候のいい日を選んで計画的に片付けましょう。

スポンサードリンク