ひな祭りは男の子だけでお祝いするのは変?子供にどう説明する?

スポンサードリンク

894c35b6b259a054f814af1cd13115b8_s

ひな祭りは女の子の成長を祝う行事です。

お母さん方も子供の頃に、雛人形を飾ったりちらし寿司を食べたりしましたよね。

 

自分の子供が男の子しかいない時は、どうすればいいか悩みますよね。

男の子だけの家庭のひな祭りの過ごし方について確認していきましょう。

スポンサードリンク

ひな祭りは男の子だけの家庭も雛人形を飾る?

ひな祭りと言えば、雛人形ですよね。

雛人形は代々親から子へ受け継がれる地域もあり、

結婚を機に、実家の雛人形を貰ったお母さんもいるのではないでしょうか。

 

しかし、せっかく貰ったけど自分の子供が男の子だけだった場合、

飾っていいものなのか悩みますよね。

 

せっかく持っているんだから、男の子だけでも雛人形を飾るよという家庭が多いです。

わざわざ無理に雛人形を購入する必要はないけど、

1年中押し入れに閉じ込めておくのも、雛人形にとっても可哀そうですしね。

 

子供の性別によって出す出さないを決めるよりも、

持っているか持っていないかで出す出さないを決める家庭が多いので、

男の子だけの家庭でも雛人形を飾ることは変なことではありません。

男の子向けの雛人形がある?

あまり知られていませんが、実は男の子用のお雛様もあるのです。

それが天神雛です。

 

天神雛の歴史は古く、江戸時代まで遡ります。

天神とは平安時代に活躍した菅原道真のことを差すそうです。

この菅原道真、とっても頭の良い学者さんであるため、

生まれてきた男の子が頭の良い子に育つよう願いを込めて天神雛を飾る風習が広まりました。

 

今でこそ、ひな祭りは女の子の行事として多くの人が認識していますが、

3月3日に天神雛を飾り男の子の成長を祝う地域もあります。

 

また、女の子だけの家庭では「次は男の子を」という願いを込めて天神雛を飾る家もあります。

雛人形を持っていない家庭であれば、天神雛を飾るのはどうでしょう。

ひな祭りは男の子だけでお祝いするのは変?

男の子しかいない家庭でも、ひな祭りのお祝いをすることはマナー違反ではありません。

子供の日だって、本来は男の子の成長を祝う日なのですが、

いつの間にか女の子も一緒に祝う曖昧な行事になってきていますよね。

 

性別関係なく祝い事は楽しく行いましょうという時代です。

ひな祭りを女の子がいないから祝っちゃダメなんていう人はほとんどいませんよ。

クリスマスやハロウィンだって、本来の意味に沿って行事を行っている人は少ないですよね。

それに比べたら、男の子だけで祝うことに口出しするのはナンセンスです。

 

元々の風習をしっかり守りたいという強い思いがなければ、

お子さんとの楽しい思い出を作る方が健全ではないでしょうか。

 

3月の季節の行事ぐらいの気軽さでいいのかなと思います。

家族で美味しいちらし寿司を食べてワイワイ楽しみましょう。

ひな祭りの子供への説明はどうする?

男の子から「ひな祭りって何を祝うの?」と聞かれたら、ちょっと困っちゃいますね。

最近では幼稚園でも季節の行事の説明をするところもありますので、

「なんで女の子がいないのにお祝いするの?」と聞かれる可能性もあります。

 

そんな時は、「お母さんも女だよね。お母さんのためにお祝いするの。」と言えば、

お子さんも喜んでひな祭りに参加できますね。

雛人形の飾り付けや、ちらし寿司作りの手伝いも進んでしてくれるかもしれません。

 

子供騙しのような説明ですが、実際に自分のために雛人形を購入したり飾る成人女性が増えてきています。

そのため、あながち間違った説明ではありませんので、母の日が1年に2回あるような感覚でいいのではないでしょうか。

まとめ

ひな祭りは、お子さんの性別に関係なく楽しく祝える行事です。

雛人形を持っている方は、お子さんと一緒に並べるのも楽しいですね。

男の子だってひな祭りを楽しむ権利はありますよ!

スポンサードリンク