パンプスの歩きやすい高さは?仕事で使えるデザインは?

3fe370351a5b78ae059f7ed27a9652b8_s

社会人になりスーツや会社の制服を着るようになると、

パンプスを履かなければいけない場面に遭遇します。

 

今までスニーカーばかりを履いてきた方にとって、パンプス選びは難しいですよね。

どんなものを選べばいいのか迷ってしまうあなたに、

歩きやすくて仕事用に使えるパンプスの選び方を紹介します。

スポンサードリンク

パンプスの歩きやすい高さは?

パンプスでまず重要なのがヒールの高さです。

当たり前ですけど、高いヒールは歩きづらいので、

初めて購入される方は、高さの低いローヒールがおすすめです。

 

大体3cmくらいの高さを選びましょう。

そして、ヒールは太いものが安定感があり、長時間歩くのにもおすすめです。

 

また、足の先全体の太さにも注意を払ってください。

サイズやヒールの高さには注意しても、

足先の幅がどうなっているのかを気にする人はあまりいません。

ですが、足先全体の太さはヒールの高さに負けないくらい重要なのです。

 

足先が窮屈になっていると、外反母趾の原因になったり足が疲れる原因にもなったりします。

歩くために大切な靴なのに、足を締め付けて変形させているような靴は、

どんなにオシャレでも履き続けることはできません。

 

何足も履き慣れて、選び方がわかっている人はいいですが、

パンプスに慣れていない人は、

①ヒールの高さは3cm

②なるべく太いもの

③足先に締め付けがキツくないもの

こちらの基準でパンプスを選んでいきましょう。

パンプスで歩きやすい仕事で使えるデザインは?

あの服にはこのパンプスで、この服にはこのパンプスで・・・

と服装によって使い分けるぐらい何種類もあれば最高なのですが、

予算も収納場所も限られていますので、なかなか難しいのが現状です。

 

そんな中でうまくやろうと考えると、

公私共にいろいろな場面で活躍する、合わせやすいパンプスがあると助かります。

 

そんな時に選ぶ色は、やはりがおすすめです。

黒は私服にも仕事にも合わせやすい色ですので、1足は持っておきたい色と言えるでしょう。

 

デザインについては、ビジューなどキラキラしたタイプのパンプスは避けた方がいいでしょう。

最近は会社でもオフィスカジュアルといって、ラフな格好で出勤するところもありますが、

そんな職場は稀です。

まずは飾りのないパンプスを探してみましょう。

こちらはスーツを買ったお店で選ぶと間違いありません。

スポンサードリンク



次におすすめなのが、同系色のリボンなどが付いている控え目なパンプスです。

仕事で履くパンプスには、大きなリボンではなく小さくて控え目なリボンが上品な大人な雰囲気を出せますよ。

 

また同系色ではなくても、同じ素材のもので合わせると、

華やかだけど派手すぎない仕事に合うパンプスとして活躍してくれます。

 

よく歩く職場にお勤め人は、自分にあった靴をオーダーメイドするのもいいかもしれません。

オーダーメイドの靴は疲れにくく、靴ずれなどのトラブルも起きにくいという良さがあります。

買った後のメンテナンスをしてくれるお店もあるので、お店に確認してみましょう。

 

安い靴を履きつぶすのもいいですが、

私生活よりも人に見られて評価される仕事で履くものだからこそ、

少しいい靴を履いてモチベーションアップに繋げてみてはいかがでしょうか。

職場で履くパンプス選びの注意点は?

仕事の服装については、日経WOMANなどのビジネス誌にはもちろん、

ファッション雑誌にも特集が組まれていたりします。

 

ですが、仕事に行くときのファッションのお手本は職場の上司が1番です。

雑誌には自分の職場の事が書いてあるわけではないですからね。

あくまでも雑誌は参考にする程度にとどめておいたほうが無難でしょう。

 

その点職場の上司は自分と同じ会社で働いているわけですから、答えと言ってもいいでしょう。

先輩達の足元を確認し、その雰囲気にあったパンプスを選ぶのが無難です。

 

注意するポイントは、上司よりも少し控え目にすることです。

学校の制服を想像するとわかりやすいですよね。

上級生になればなるほど「スカートを短くしていい」や「シャツのボタンをはずしていい」など、

暗黙の了解がありましたよね。

 

職場ではそこまで子供じみたことはありませんが、上司の視線・評価は避けては通れません。

オシャレにするなということではなく、目立ち過ぎると結果を出さなければ評価されないのが日本です。

 

そう言われると、ますます何を着たらいいか分からなくなりますよね。

そんな時は、思い切って上司の人に相談してみましょう!

「どんな服がいいですか?」とざっくり聞くのではなく、

どういう基準で仕事の服や靴を選んでいるかを聞くと、今後自分で考える時の目安になりますよ。

それがきっかけで仲良くなったりすることもありますから、ぜひ試してみてください。

まとめ

初めてパンプスを選ぶ時は、歩きやすさと履きやすさを重視しましょう。

まずは自分の好みではなく、シンプルで使い回ししやすい1足を選ぶようにすると、

今後、様々な場面で活躍しますのでオススメです。

スポンサードリンク