ひな祭りにちらし寿司を食べる意味と子供が喜ぶレシピは?

スポンサードリンク

894c35b6b259a054f814af1cd13115b8_s

3月3日はひな祭りですね。

女の子の成長を願う春のイベントで、雛人形を飾ったり雛あられをお供えしたりするのが一般的です。

最近では、ひな祭りの夕飯にちらし寿司を食べる家庭が増えています。

 

お子さんに「なんでひな祭りにちらし寿司を食べるの?」と聞かれたら困りますね(笑)

ちゃんと説明できるように、ここでちらし寿司を食べる意味を学んでいきましょう。

また、お子さんが喜ぶちらし寿司のレシピも確認していきましょう。

スポンサードリンク

ひな祭りにちらし寿司を食べる意味は?

昔からお祭りやお祝い行事の際には、各地域に伝わる祭り寿司を食べる習慣が根付いています。

巻き寿司やバラ寿司など地域や祭りによって異なりますが、

お祭りやお祝いと寿司は密接な関係にあるんですね。

 

ひな祭りも昔からちらし寿司を食べているのかと思いきや、

ちらし寿司を食べるようになったのは最近の出来事なんです。

ちらし寿司を食べるようになった理由は、明確なものはありませんが、

バレンタインや恵方巻と同様に、業界が作り上げた文化というのが有力な説です。

このため、昔からの伝統ではなく守らなければバチが当たるということもありません。

 

ちらし寿司の具材には、エビやレンコンなど縁起の良いと言われる食材が入っているので、

ちらし寿司を食べるということは、一種の願掛けのようなものとも言えますね。

 

日常生活ではちらし寿司を食べる機会も少ないので、

せっかくなのでちらし寿司を家族で食べて楽しむのもいいですね。

お子さんには、「縁起のいいものを食べて子供の成長を祈るんだよ。」と教えてあげるといいでしょう。

ひな祭りのちらし寿司で子供が喜ぶレシピは?

ちらし寿司の味が苦手なお子さんにとっては、ひな祭りが嫌いと思うかもしれません。

せっかくなので家族みんなで美味しく食べたいですよね。

「ちらし寿司が苦手な子供でも、食べやすいようにするにはどうしたらいいの?」という声にお答えして、

ちらし寿司が苦手なお子さんでも美味しく食べられるレシピを紹介します。

 

まず、ちらし寿司の酢飯が苦手な場合は、酢の量を少なめに調整します。

そして、普通ならここでエビや錦糸玉子、イクラなどの具材を入れてく訳ですが、

その前にオススメ具材を酢飯に入れます。

その具材とは、です。

 

焼き鮭の皮と骨を取り除き、身をほぐした後に酢飯と混ぜると均一に混ざりやすくなります。

たったこれだけで、お子さんが喜ぶちらし寿司の出来上がりです。

簡単ですので、ぜひお試しください。

鮭とイクラで「はらこ飯」のようですが、ちらし寿司が苦手な子供にも評判は上々です。

ひな祭りに蛤のお吸い物の由来は?

ひな祭りに蛤のお吸い物を食べるのもよく聞きますよね。

でも、なぜ蛤なのでしょうか?

エビとかと同じで蛤も縁起物なのか調べてみたら、見事なまでに縁起物でした!

 

蛤の貝は通常対になっている同士でしかピッタリ合わないのです。

このことから、夫婦円満を表現しているとして縁起がいいとされています。

 

女性にとっては理想にピッタリの旦那さんと巡り合うという解釈もされていますので、

婚活にも縁起がいいそうです。

 

ただ、蛤はどちらかと言ったら大人の縁起物になりますので、

お子さんの成長を祈るひな祭りには、ちょっと蛤の縁起は合わないのかなと感じてしまいますね。

変にお子さんから理由を聞かれても困りますしね(笑)

まとめ

ひな祭りにちらし寿司を食べるようになったのは最近のことです。

昔からの伝統ではありませんが、家族で楽しめるイベントの一つですので、

ちらし寿司を食べて家族の思い出を作りましょう!

スポンサードリンク