花粉症対策でマスク着用時のメガネの曇りを抑える方法は?選び方は?

スポンサードリンク

89a50b4ad4af3357514c23602760b00e_s

花粉症を発症する人は年々増えています。

花粉症になった人も、花粉症を予防したい人も、

マスクを着用することで体内に入る花粉を減らすことができます。

 

しかし、メガネをかけている人にとっては、

マスクのせいで眼鏡が曇って視界が悪くなるのが悩みのタネです。

ここで、メガネが曇らないような対策について確認していきましょう。

スポンサードリンク

花粉症対策でマスク着用時のメガネの曇りを抑えるには?

マスク着用時にメガネが曇るのは、鼻とマスクの隙間から息が上がってくるのが原因です。

そのため、息を鼻の隙間から漏れないような呼吸をすると眼鏡は曇りにくくなるのですが、

これを意識するのは大変ですし、呼吸法を変えてもそれほど効果はありません。

 

ですので、メガネを曇らせないためには、

眼鏡に工夫をするかマスクに工夫をするかが基本になります。

 

眼鏡に関しては、最近では曇りにくく加工されたレンズが出てきていますし、

メガネ専用の曇り止めも販売されています。

眼鏡の曇り対策として最も有効な方法ですので、試してみましょう。

 

曇り止めには、液体タイプとシートタイプがあります。

手軽さで言えばシートタイプですが、効果は液体タイプの方があるように思えます。

シートタイプは、ササッと拭くだけなので外出時など持ち運び用としては便利です。

 

よく、曇り止めの代用として石鹸を塗ると曇りにくくなると聞きますが、

レンズの劣化が早くなるなどのトラブルが考えられますので、あまりオススメしません。

必ず市販の曇り止めを活用してくださいね。

花粉症のマスクでメガネが曇らないタイプは?

市販されているマスクにも様々な形があります。

市販の物では、ほとんどが立体型タイプとプリーツ型タイプになります。

メガネを曇らせにくいタイプは立体型になります。

プリーツ型は鼻の部分をワイヤーでギュッとつまむことで隙間を減らすころができますが、

わずかながら隙間が生まれてしまい、そこから息が漏れ眼鏡が曇りやすくなります。

また、1日に何度もワイヤーをつままないといけないので、面倒くさがりの人には向いていません。

 

しかし、最近ではプリーツ型のマスクでも密着度を上げる工夫がとられています。

例えば白元アースの快適ガードプロは、鼻の部分がワイヤーではなくスポンジになっています。

スポンジが鼻の形に合わせて変形するため、密着度はワイヤーより優れているのです。

また、ワイヤーのように何度もつまむ必要もありませんので、装着が楽なのも嬉しいポイントですね。

 

立体型は呼吸がしづらくて苦手だという人もいますので、

そんな時はプリーツ型でも密着度の高いマスクを選ぶといいでしょう。

花粉症対策でメガネが曇りにくいマスクの付け方は?

眼鏡を曇りにくくするためには、マスクの付け方も重要です。

まず、メガネとマスクをどちらが先につけるといいかと言いますと、マスクになります。

マスクを十分上まで密着させ、その上から眼鏡をかけていく訳ですが、

この時のポイントは、

①マスクをいつもより上げること(鼻の根本まで上げる勢いで)

②メガネの鼻パッドでマスクを鼻に押し付けること

になります。

こうすることで、鼻の隙間が少なくなりますので息が漏れにくくなります。

 

 

また、プリーツ型のマスクでもある裏技を使えば、曇りを和らげることができます。

それは、ワイヤー部分を折り曲げて二重にする方法です。

img_2035こちらが通常の状態です。

鼻の部分を折りたたんでいきます。

img_2036こんな風に折りたたんでいきましょう。

img_2037鼻の部分が二重になっているのがわかりますか?

これは私もよく実践している裏技ですが、効果はあります。

二重にすることで空気が漏れにくくなっているのか、密着度が上がるのか理由はわかりませんが、

確実にメガネが曇りにくくなりますので是非お試しください。

まとめ

眼鏡が曇るのは気になりますよね。

ここで紹介した方法を試していけば、花粉症の季節の憂鬱さを解消できるハズです!

花粉を防御しつつ、日常生活も快適に過ごしていきましょう。

スポンサードリンク