ビジネスソックスに使用できる色と長さは?原則は薄手?

3d2614dee1aeaf41d463ace095aa53bb_s

これから社会人になる皆さんはスーツの準備はバッチリでしょうか?

特に男性はスーツから小物まで揃えなければいけない物が多いので大変でしょう。

新入社員でよく見かける失敗として挙げられるのは、靴下の選び方です。

 

スーツの裾からチラっと見えた時に靴下って目がいきますので、

誰も見ないだろうと思って手を抜いてはいけません。

スーツを見事に着こなしていても、靴下の選び方を間違えると一気にダサくなります。

自信のない人は、ここでビジネスソックスの選び方を確認していきましょう。

スポンサードリンク

ビジネスソックスの基本色は?

ビジネスにおいて靴下の色は、原則黒か紺色になります。

茶色がギリギリで、見る人によっては「ちょっと・・・」と思う可能性がある色です。

ですので、普通の会社員であれば黒か紺を履いていれば間違いありません!

 

ファッション関係の仕事など服装に自由な職場であれば、靴下でオシャレを楽しんでいいかとは思いますが、

一般的な職場で派手な靴下を履いているとかなり浮きますよ。

 

ビジネスソックスの基本は「いかに目立たないか」になります。

見た人が「ん?」と注目してしまうようではまだまだ未熟者です!

 

「でも、少し個性を出したい!」という人は、柄でオシャレを楽しんでください。

控えめな柄であればギリギリセーフですので、

柄物を購入しようと考えている方は、小さなめのドットや細めのストライプを選びましょう。

 

逆にビジネスソックスでNGとなる色は淡色です。

特にはビジネスソックスとして最もダメな色です!

私も長いこと社会人をやっていますけど、スーツに白の靴下を履いている人は数えるぐらいしか見たことがありません。

白がダメな理由は、白色の靴下はスポーティーな印象がありカジュアルよりになってしまうからです。

清潔なイメージのある白ですが、ビジネスシーンでは向いてない色として世間では認識されていますので、

間違っても白だけは履かないようにしましょう。

ビジネスソックスの長さは?

靴下の長さも様々あり、どの丈がスーツに合うのか悩ましいところですね。

若い人の間で流行っているくるぶし丈など短い丈は原則ビジネスシーンではNGとなります。

 

普段立っているだけだとスーツに隠れて靴下は見えませんが、

歩いたりしゃがんだり、または足を組んだりするたびに靴下がチラチラ見えます。

その際、脛など肌を露出している状態ではかなり格好悪いです。

スポンサードリンク

特に、すね毛がもじゃもじゃしているのはみっともないですよね。

「すね毛を処理すればいいのでは?」というレベルの問題ではなく、単純にだらしなく見えます。

そのため、最低でも「足を組んだ時に脛が見えない程度の長さ」が必要です。

img_1927

だいたいこの程度の長さですので参考にしてください。(みっともないすね毛ですみません・・・)

 

また、長さも大事ですが、締め付け具合も大切です。

締め付けが弱いと時間が経つにつれ、靴下がベロッと下がってきます。

かつて女子高生の間で流行ったルーズソックスのように・・・

 

新品時は張りがあった靴下も、何度も履いていくと締め付けが弱くなります。

靴下に張りがないとだらしなく見えますので、1日に何度も上げないといけない状態であれば、

その靴下とは「さよなら」をしなくてはいけない時期です。

共に闘った同士ですが、いつかは別れを決断しなくてはいけない時が来ます。

辛い別れですが乗り越えていきましょう!

ビジネスソックスは原則薄手?

基本的に薄手のものがビジネスシーンに合います。

ただし、肌が透けて見えるレベルの薄さはおじさん臭い印象を持たれます。

また、見た目的にも透けた靴下はカッコイイものではありません。

 

基本は薄手なのですが、他の人から見て靴下の厚さはかなり注目しないとわかりませんので、

色や長さほど気にしなくても大丈夫です。

 

冬場は寒いので指先が冷えない程度の厚さの靴下でもOKです。

厚さは気候に合わせて変えていくのが賢い選択になります。

最近では、ユニクロでヒートテックの靴下も販売しだしているので冷え性の人は試してみてはいかがでしょうか。

 

ただし、温かくしすぎると革靴内から悪臭を漂わすということも考慮しなくてはいけません!

足の臭いって本人はあまり気づいていないですが、結構周りの人は臭いに敏感なんです。

夏場だけでなく、冬場も暖房で部屋が暖められ足が蒸れやすくなりますので注意が必要です。

ただでさえ1日革靴を履くと蒸れてしまい、帰宅後足の臭いが気になりますよね。



そんな悩みのある人は、消臭機能のある靴下を選びましょう。

特に汗かきの人や営業で革靴を脱ぐことができない環境の人にオススメします。

まとめ

ビジネスシーンにおいて、間違った靴下を選ぶ人は悪い意味で目立ちます。

ここで学んだことを守りさえすれば大丈夫ですので安心してください。

むしろ、同期に間違った靴下を履いている人がいたら教えてあげてくださいね。

スポンサードリンク