恵方巻きの具材で子供用に人気の食材と作り方は?7種類必要?

スポンサードリンク

7964e0d3bca61c50b6c9b180a67348d7_s

節分に恵方巻きを食べる家族が増えています。

恵方巻きはコンビニなどでも買えますが、ご家庭でお子さんと作るのも楽しいですね。

市販の恵方巻きは子供には大きすぎますので、子供用を手作りするお母さんが多いです。

ここでは、子供が喜ぶ人気の具材と作り方のポイントを紹介していきます。

スポンサードリンク

恵方巻きの具材で子供に人気なのは?

恵方巻きの一般的な具材は、きゅうり、しいたけ、玉子、えびなどがありますが、

お子さんでも好んで食べられるのはきゅうりや玉子、エビあたりでしょう。

そのほか、手巻きと同じようにいくらやカニカマなんかも子供に人気ですね。

 

ですが、最も人気なのはツナマヨです!

これはほとんどの子供が大好きな最強の組み合わせですので、間違いないです。

 

ツナマヨの作り方のポイントとして、必ずツナの脂を絞りましょう。

脂を絞らないとお米に脂が染み込んでべちゃべちゃになり美味しくありませんし、

食べてる途中でボロボロと崩れやすくなります。

脂を絞る時はキッチンペーパーを使ってギュッといきましょう。

 

また、マヨネーズはツナと同量かやや多めにするとバランスのよい味になります。

これだけじゃ味にパンチが足りないと感じた時は、

かつお節を混ぜたり、トマトケチャップを少量入れると風味が引き立ちますので、

ツナマヨの味に飽きているなどマンネリしている時は是非お試しあれ。

また、カニカマもツナマヨと相性がいいので、追加すると見栄えもよくなりますね。

 

ツナマヨは大人にも人気ですので、子供だけでなく大人用の具材にも使えます。

大人の場合はツナマヨだけでは物足りませんので、さらに具材を追加していくといいでしょう。

レタスや海老などを追加してサラダ巻きに仕上げるのがオススメです。

今年はツナマヨを基本とした恵方巻きで、大人も子供も美味しく召し上がってください!

恵方巻きで子供用の作り方のポイントは?

子供用の恵方巻きを作るにあたってのポイントは細く短くです。

細めに作るためにはお米の量や具材を入れすぎないことが重要です。

具材も多くて3種類までにすると、子供の口でも食べることができるちょうどよい太さになります。

 

短くするためには、巻き上がった恵方巻きを切って調整しましょう。

「恵方巻きは切ってはいけないんじゃない?」と疑問に思う方がいるかと思いますが、

これは切るという行為が「縁が切れる」などを連想させるから縁起悪いというだけですので、

実際にはあまり気にすることでもないです。行儀が悪いとかいうレベルでもありません。

こういったイベントは、子供と楽しい思い出を作る方が大切ではないでしょうか。

切ることで誰かが困ることもありませんしね。

恵方巻の具材は必ず7種類入れないとダメ?

恵方巻きが7種類の具材を入れると言われる理由は、恵方巻きの由来からきています。

恵方巻きは、無病息災を願って食べるものであり、

縁起のいい七福神にかけて7種類の具材を入れていたのが始まりとされています。

7種類の具材はこれといった特定の食材がある訳じゃないので、各家庭で自由に決めて大丈夫です。

 

また、7種類入れないとダメという訳ではなく、少なくしたり多くしたりと結構自由に作られています。

コンビニの恵方巻きも7種類入っているのは以外にも少なく、3種類の恵方巻きもあるぐらいですから。

ですので、お子さんの恵方巻きの具材も無理やり7種類にする必要はなく、食べやすさを優先してOKです。

まとめ

子供用の恵方巻きの具材は、圧倒的にツナマヨが人気!

お子さん用には習わしよりも食べやすさを優先し楽しく食べることが大切です。

お子さんと一緒に恵方巻きを作るなど素敵な思い出を作りましょう。

スポンサードリンク