節分の豆まきは落花生と大豆どっち?意味は?作法は?

スポンサードリンク

916648e3ec181f6012a94c7a7530a04c_s

節分の季節がやってきましたね。

皆さんは豆まきをやりますか?

私も子供の頃に落花生を投げていたことが懐かしく思えます。

最近気づいたのですが、人によって豆まきを落花生でやると話すとキョトンとされるんですよね。

「何言っているの?大豆でしょ!」とちょいギレされたこともあったっけな(笑)

では、いったい落花生と大豆のどちらが正解なのでしょうか?

ここで、解決していきましょう。

スポンサードリンク

節分の豆まきは落花生と大豆どっち?

豆まきに使用される豆は、地方によって異なります。

落花生は、北海道や東北地方で多く使用されています。

 

私も山形県出身ですので、もちろん落花生で豆まきしていました。

そもそも全国でも落花生が撒かれているんだと思っていましたから、

大豆を撒く地方もあるのが不思議なくらいです。

 

しかし、調べてみたらなんと落花生の方がマイナーだったのです!

いやー、ビックリでしたよ、関東以下は大豆が主流となっているそうです。

落花生の生産量日本一の千葉がまさか大豆を使うとは(笑)

 

元々豆まきは室町時代に始まりまして、その当時は大豆を撒いていたということで、

歴史的には大豆が古き良き伝統を守っていることがわかります。

 

「落花生は邪道ってことになるのかな」と悲しんでいる雪国の皆さん!

大豆から落花生に変化した地域にはそれなりの理由があるんです。

dddb340e2d6c733f2675ec294d2d3088_s

豆まきを終わった後は豆を片づけますよね。

雪国では2月ともなると外は白色の景色に染まっているため、

外に撒いた豆を回収するのも一苦労ですよね。

ウォーリーを探せより地味で難易度の高い種目となっているのです!

 

その点落花生は大きく、色も付いているため雪の中であっても発見しやすいですよね。

これが雪国で落花生が浸透した大きな理由ではないかと言われています。

 

また、撒いた豆を食べる時に一度落ちた豆を食べるのは抵抗ありますよね。

落花生は殻付きの状態で撒かれるので、

落ちても衛生的に安心感があることも浸透した理由の一つと言われています。

落花生が豆まきに採用されるのも納得いきますよね。

東北出身の私は、もっと落花生が全国的に浸透してくれることを陰ながら応援していきます!

節分の豆まきの意味は?

豆まきは季節の変わり目に生まれる邪気を追い払うために行われています。

一種の悪霊払いですね。

 

今では、邪気=鬼という認識が浸透しているので、

家に住みつこうとする鬼を追い払うという認識が広まっています。

家から鬼を追い出すことで、一年の家族の健康を願うという意味が込められています。

 

豆を撒く理由は、穀物は生命力が込められ、魔除けが備わっているからと言われています。

ドラゴンボールで悟空たちが仙豆を食べるだけで元気になる理由も豆の生命力から来ているのですかね。

そのほかには、鬼の弱点の目に投げることから⇒魔物の目に投げる⇒魔目⇒豆

なんて語呂合わせも言われていますね。

節分の豆まきの作法は?

豆まきの作法としましては、部屋の窓を開け「鬼は外、福は内」と言いながら豆を撒くのが一般的ですが、

実は「福は内、鬼も内」と言っている地域もあるんですよ。

私の地元の山形県山形市の鳥海月山両所宮でもそのような掛け声になっています。

 

これは、鬼が苗字に含まれている世帯が多いと「鬼も内」になるということですが、

鬼塚さんとかがそうなんでしょうね・・・

知り合いに鬼が含まれている苗字の方がおられましたらぜひ聞いてみてください。

 

また、豆まきが終わったら、自分の年齢分の豆を食べると健康な体になるという風習がある地方もあります。

この時、年齢の数え方は数え年から計算されます。

数え年とは生まれた時を1歳とし、1月1日になった時に1歳プラスされるという数え方です。

12月31日に生まれた人は、翌日1月1日を迎えると2歳になり、

1月1日に生まれた人は、次の年の1月1日を迎え2歳になります。

 

2日で2歳になる人もいれば、1年かかる人もいるんですね。

誕生日が来たら歳が加算される考えとは異なりますので、気をつけましょう。

まとめ

元々豆まきは大豆で行っていましたが、地域の合理化により落花生を代用する所も増えてきました。

味に関しては、個人的には大豆よりも落花生の方が美味しいと思いますので、

大豆派の人も今年は落花生を試してみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク