なまはげ柴灯まつり2017の日程は?車で行ける?バスは?

スポンサードリンク

286a1ab2b01f2cf92d0f26950ad3f193_s

秋田と言えばなまはげ

なまはげは、迫力あるお面に恐怖を感じる包丁など特徴ある姿でお馴染みですよね。

そんななまはげに触れることの出来る祭りが冬の秋田で開催されます。

その祭りとは「なまはげ柴灯まつり」です。「柴灯」は「せど」と呼びます。

なまはげを間近で見る機会なんて滅多にないことですので、毎年多くの観光客で賑わっています。

ここでは、「なまはげ柴灯まつり」の2017年の日程や交通情報をお届けしていきます。

スポンサードリンク

なまはげ柴灯まつり2017の日程は?

「みちのく五大雪まつり」の一つである、

なまはげ柴灯まつりは2月の第二金・土・日で開催されていますので、

2017年の日程は、2月10日(金)・11日(土)・12日(日)となっています。

 

場所は、なまはげの生まれである男鹿半島の真山神社で行われます。

秋田県は山形県同様、人の顔のような形をしており、男鹿半島は鼻の先っぽあたりの所ですね。

2

祭りは18時から始まり、大晦日に各家庭になまはげが訪れる民族行事を再現したり、

なまはげと太鼓の競演や、乱舞など迫力あるなまはげ達が祭りを盛り上げてくれます。

 

18時まで時間があるからどこかで暇つぶししたいという方は、

近くになまはげ館がありますので、

そちらでなまはげの予習をしておくとさらに祭りを楽しむことができるでしょう。

なまはげ柴灯まつりは車で行ける?

車でも行けます!

会場近くに5か所の専用駐車場が設置されますので、ご安心ください。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31(画像は男鹿なびHPより)

しかしながら、約600台しか確保されていませんので、

車でお越しの方は、時間に余裕を持って早めに会場入りされた方がいいです。

駐車場の開放は15時からとなっており、料金は1台につき1,000円となっています。

なまはげ柴灯まつり会場までのバスは?

駐車場の台数も限られていますので、

時間ぎりぎりに到着する予定の方は公共交通機関をオススメします。

祭り期間中は、専用バスが「男鹿駅」と「男鹿温泉郷」から運行しています。

 

男鹿駅まではJR男鹿線で秋田駅から一本で行けますので、複雑な乗り換えはありません。

男鹿駅から会場行きバスの出発時間は、

①16:35

②17:50

となります。

乗車時間は約40分程度になりますので、余裕があれば乗車前にトイレを済ませておきましょう。

帰りは20:00~20:50分の間で運行しています。

秋田駅行きの電車に間に合うように時間設定されていますのでご安心ください。

 

「男鹿温泉郷」からもバスが運行していますので、男鹿温泉に宿泊の方はこちらを利用しましょう。

出発場所は「交流会館五風(秋田県男鹿市北浦湯本字草木原21-2)」になります。

バスの出発時間は、

①16:50

②17:30

となります。

乗車時間は約20分となります。

帰りは20:30~20:50の20分間と短いので時間に注意しましょう。

まとめ

「なまはげ柴灯まつり」は、秋田が誇る壮大な祭りになりますので、

ぜひ一度足を運んでみてはどうでしょう。

スポンサードリンク