イルミネーション写真の綺麗な撮り方はスマホでは?設定は?

9865da1da7e39cedf629afa7c38c10ee_s

冬になり、街できらめくイルミネーションを見ることが増えているのではないでしょうか。

イルミネーション自体が主役のイベントなどに行った際、

どうせならイルミネーションが綺麗な景色を写真に撮りたくなりますよね!

今回はイルミネーションをスマートフォンの写真機能で撮るときのおすすめの撮り方をご紹介します。

スポンサードリンク

イルミネーション写真の撮り方はスマホでは?

Instagramやtwitter、facebookなどSNSが発達しており、写真を共有できる時代です。

写真を撮ってSNSにアップするとき「どの場面を切り取ろうか」「どの角度がいいか」みなさん試行錯誤していますね。

一眼レフなどの本格的なカメラではなくても、コツさえ掴めば手持ちのスマホでも綺麗に撮ることは可能です。

それでは、スマホでイルミネーションを綺麗に撮るために押さえたい3つのポイントを紹介していきます。

1.ピントをしっかりと合わせる

これは基本中の基本ですね。

わざとぼかすこともありますが、

イルミネーションはきちんとピントを合わせることでとても綺麗にうつります。

スマートフォンは写真技術が素晴らしいものばかりです。

ピントを合わせることでスマートフォンもあなたが撮りたい写真を理解してくれるでしょう。

 

今のスマートフォンは自動でピントを合わせる機能がついていますが、

もし他のところにピントを合わせたいのであれば、iphoneの場合は合わせたいところをタップしましょう。

Androidの場合は機種によって方法が異なりますので自分のスマートフォンの機能を調べてみましょう。

 

ピントを合わせるコツとしては、

①まずは両手で持つ

②あまり腕を横に広げるとぶれやすいので脇をしめる

③最後にやさしくシャッターを切る(強く押すとせっかく合わせたピントがずれてしまいます。)

まずはこの基本を頭に入れておきましょう。

2.明るさの調整

写真撮影には明るさって結構大切ですよね。

明るさ一つで写真のイメージが大きく変わってきますので、

「自分がこの写真をどう見せたいのか」そのことを考えながら明るさの調整を行うと、

自分の理想の写真に近づくことができます。

スポンサードリンク

また、撮る場所によって光と影もだいぶ変わってきますので撮る場所も考えてみましょう。

3.構図を考える

「街をどれくらい入れようか」「イルミネーションはどこまで入れるか」など、

スマートフォンの画面から見える自分の撮りたい1ショットを探してみましょう。

イルミネーションだけじゃなく背景や横にあるものも少し取り入れてみるとオシャレな写真になりやすいです。

 

ピントを合わせたあとに思いっきりぼかしてみると玉ボケした写真が撮れますので、

その時の気分やテーマによっていろいろな構図を考えてみてください。

 

また、何でもかんでも全体を写真で撮ればいいというものではありません。

時には「この部分だけ」などそのイルミネーションやテーマによって一部分だけを撮るなど工夫すると、

グっとイルミネーションの幻想的な部分や写真自体の美しさが変わってきます。

イルミネーションを撮る時のスマホのオススメの設定は?

iphoneにはHDRモードという機能があることをご存知でしょうか。

この機能を知らずして、夜景やイルミネーション撮影を語るな!

というくらい実は大事な機能なのです。

HDRモードは明るさ暗さが共存する空間の撮影に適しており、夜景やイルミネーションなどの撮影時に威力を発揮してきます。

 

こちらをONにして撮影するとより綺麗に写すことができるので初心者にもオススメできます。

設定方法も簡単です。

img_0294

カメラを起動すると、上部にHDRという文字がありますので、コチラをタッチしましょう。

img_1910

画面が変わりますので、「オン」をタッチするとHDRモードに設定完了です。

簡単でしょ♪

まとめ

スマートフォンを使って綺麗かつ簡単にイルミネーションを撮りたいなら今回紹介したポイントを押さえましょう。

そして、どう撮ったら一番自分が撮りたいものに近づけられるかをいろいろと試しながら撮ってみてください。

場面やテーマごとに工夫しながら撮っていくとあなたの写真はいろいろな顔を見せてくれるはずです。

スポンサードリンク