初詣で喪中に神社に行くのは非常識?鳥居は避ける?寺なら大丈夫?

スポンサードリンク

72df4e7bce88bb4de6c73370583f75e3_s

新年を迎え、神社や寺が初詣客で賑わっていますね。

今年は身内の不幸があり、初詣に行っていない人もいることでしょう。

「喪中時には初詣に行ってはいけない。」とよく聞くけど、

本当にそうなのか知りたい方は、ここで確認しておきましょう。

スポンサードリンク

初詣で喪中に神社に行くのは非常識?

原則として、喪中の時は神社への初詣は慎むべきです。

正確には、忌中は神社への立ち入りがタブーとされています。

忌中(きちゅう)とは、身内や親近に死者が出た際、遺族がおめでたい行事に参加を慎む期間のことです。

 

では、なぜ忌中は神社へ立ち入りがダメなのでしょうか。

神社の場合、「死」というものがケガレを意味すると考えられているからです。

神社で葬儀が行われていないのはこうした理由があるからなのです。

神様は死者が出た家の人間を「ケガレがある」と嫌いますので、

初詣のみならず神社への立ち入りができないのです。

 

神道は地域によって信仰が微妙に異なってくることから、

ある地域では、50日(五十日祭)を過ぎると忌中が終わり安全祈願や厄払いなどに参加できる神社もあります。

しかし、地域によっては50日を過ぎても1年間は忌中だという考えの神社もあります。

また、亡くなったのが両親であれば忌中期間が1年だという神社もあります。

 

しかしながら、一般的に喪中は初詣がNGと認識されていますので、

忌中が終わっていても喪中1年は初詣を止めておきましょう。

初詣で喪中には鳥居を避ければ大丈夫?

鳥居をくぐらなければ神社に初詣に行っても大丈夫という声を聞きます。

しかし、鳥居をくぐらないからと言っても、

実際は神様の前にケガレのある状態で行くわけですので、

神様にとっては好ましいことではありません。

 

鳥居に関しては解釈が様々ありますので、

どうしても初詣に行きたい方は鳥居を避けて行けばいいし、

気にされる方は神社への初詣は止めておきましょう。

初詣で喪中には寺に行くのは大丈夫?

寺への初詣はOKです。

これは、仏教では「死」をケガレと考えていないからです。

四十九日法要など法事が寺で行われるのはこうした理由からです。

 

ですから、喪中であってもお寺で手を合わすことは大丈夫ということになります。

ちなみにお寺では手をパンパンと叩かず、合掌するのが基本ですよ。

 

しかし、ルール上はお寺へ初詣に行っても大丈夫ですが、

人によっては初詣=おめでたいことと認識しているため、

喪中に賑やかな場所に行くのは相応しくない行動だという意見も多いです。

喪中の1年は故人を惜しみ喪に服すのが、世間的には常識のある人の行動と思われます。

私個人的にも神社であろうが寺であろうが喪中に初詣は行くべきではないと考えています。

 

次の年には初詣に行けますので、1年くらい我慢してもいいのではないでしょうか。

しかし、新年の挨拶を何もしないという訳にもいきませんので、

喪中の人は、初詣の代わりに墓参りを行うことで先祖に新年の挨拶を行うといいでしょう。

また、仏壇に手を合わせ新年の挨拶を行うこともオススメします。

まとめ

神社と寺では「死」対するに考えが違い、喪中の対応も変わってきますが、

基本的に喪中は賑やかなムード漂う場所には極力出向かないで過ごしましょう。

スポンサードリンク