五月病はうつ病とは違いは?原因は?事前にできる対策とは?

スポンサードリンク

084962

4月は新生活が始まり、周りの環境も変化する時期です。

年度初めは忙しくて疲れが溜まりやすいです。

そんな時に気をつけたいのが、五月病です。

まさか自分が?と思うかもしれませんが、私の周りでも、ついこないだまで元気だった人が五月病のような症状が出た方もいらしゃいました。

五月病について正しい知識を持つことで、自分自信も守ることができますし大切な方を守ることもできます。

ぜひ、事前に五月病について学んでいきましょう。

スポンサードリンク

五月病とうつ病の違いは?

仕事や学校など環境の変化に伴い、始めは頑張っていたのに最近はなんか気分が乗らない、やる気が出ない等の精神的な症状と、

疲れやすい、眠れない等の身体的な症状が1週間程度出たら、五月病の可能性があります。

 

ゴールデンウィーク明けの憂鬱さもその原因の一つではないかと言われています。

五月病の場合は、たいてい1ヶ月程度で自然に回復すると言われていますので、時間が解決する問題になります。

 

しかし、うつ病は、仕事や学校以外のことでも、気分が落ち込んだり、好きなことなのに楽しくない、悲観的になり不安になったり、自分を否定したりするなどの症状が長期間続きます。

 

五月病とうつ病の大きな違いは、症状の期間と気分の落ち込みが仕事や学校だけのことかどうかにあります。

つまり、五月病は、仕事や学校など特定の物事に関して憂鬱になったり、落ち込んだりする。

症状も時間の経過により徐々に回復してくる。

これに対してうつ病は、何をしても憂鬱になったり、落ち込んだりする。

好きな趣味にも関心がなくなる。

このような症状が1ヶ月以上続くと、軽いうつ病の疑いがありますので早めに医師へ相談することを勧めます。

五月病の原因は?

五月病の原因として、新しい環境に早く慣れようとするばかりに頑張りすぎることが、知らない間に、心や体に負担をかけてしまうことが考えられます。

4月から異動などで新しい職場で業務や人間環境も変わった人や、新入社員の方は特に注意しましょう。

 

また、完璧に何でもこなそうとする人や悩みを相談できずに一人で抱え込む人が五月病になりやすいと言われています。

性格を変えるのは難しいですが、考え方を変えるだけでも5月病になるリスクを少なくすることは可能です。

年度も始まったばかりですし、仕事ばかりではなくリフレッシュを生活に取り入れることが5月病を防ぐためには大切なことです。

五月病かなと思った時の対策

五月病かなと思ったら、まずは好きなことでリフレッシュしましょう。

また、湯船に浸かりリラックスし、早めに寝るのも効果的です。

悩みがある場合は、一人で悩まず、家族や友人、職場の先輩など、誰かに話しを聞いてもらうことが大事です。

 

それでも、症状が一向に回復しない時は、早めに心療内科や精神科を受診しましょう。

早期発見することで、自分自身を守ることができます。

まとめ

五月病とうつ病は症状は似ているが、まったく別物です。

一人で悩まず、誰かに話しを聞いてもらいましょう。

症状が1ヶ月過ぎても回復しない時は、早めに専門医を診察を受けましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です