自分で出来るネズミ退治!!殺鼠剤の上手な使い方は?

スポンサードリンク

野ネズミはいたるところにいますが、我が家でも例外ではなく、外に出しておいたシーチキンの空き缶が袋を破られて残りがきれいになってたり(洗って捨てろと言うことですが)、物置の下で物音がしたり、勝手口の外ににネズミと思われる糞があったり、これは危ない!!寒くなると家の中に入られては大変だと思い、ネズミ退治に立ち上がりました。

殺鼠剤は何処で売ってるの?

家に入られている気配はないので、まず、ネズミの巣と思われる物置の下、砂利が寄せられていて、ネズミの通路と思われるところに殺鼠剤を置こうと思いました。
ところで、殺鼠剤は何処で売っているのでしょう?
薬品だから、薬局かな?とか思いながら、近くのホームセンターに行ってみると、ありました、ネズミ退治の色々なグッズが!!
そのホームセンターでは、畑の害虫等のコーナーの隣にあり、薬局でなくとも用途に合わせておいてあるようです。
昔ながらののネズミ網。粘着テープで捕獲するものもありました。
ネズミの死骸を処理するのはちょっと抵抗があるので、殺鼠剤で何とかしたいものです。
ちなみに家の中では、死骸を処理しないと、ダニやら他の病気の元にもなってしまうのでお勧めは出来ませんが、外での駆除なので殺鼠剤に挑戦です。

 

殺鼠剤の種類は?

主な殺鼠剤の種類は2種類ありました。
ネズミが数日間食べ続けたあと効果を発揮するタイプ(ワルファリン等)と一度食べれば効果を発揮するタイプ(ジフェチアロール等)です。
ネズミの種類にも説明がありました。
ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミなど…
糞を見て予測したのですが、クマネズミ?床下にいるからクマネズミ?

 

まずは、試しに

まずは試しに、ネズミが好んでよく食べる、そのまま置ける便利なトレー入りの強力殺鼠剤の”強力デスモア”(アース製薬)を購入しました。
これは、ネズミが数日間食べ続けたあと効果を発揮するタイプで、値段も安く、500円ぐらいで売っていました。

それを、ネズミの通り道や物置の下に3カ所置いてみました。

翌日、トレーの餌は空っぽになっています。
これは、ネズミが食べたんだー!
補充しなければと思い、今度は、一度食べれば効果を発揮するタイプのデスモアプロ(アース製薬)を購入しました。
こちらは、ちょっとお高めですが、ネズミの存在が確認でき、餌も食べるようなので、一気に行きたいと思って、有効成分に業界初のジフェチアロール(ワルファリンの300倍の効果)を配合しているということで2,000円ぐらいしたのですが、頑張ってみました。

ところが…
もう食べません。
前に買っていた、別の袋の入っている投げ込みのやつも混ぜてみましたが、そのまま…

もう、ネズミの気配がありません!!

 

まとめ

外でネズミの気配を感じたら、まずは手頃なネズミ殺鼠剤を使ってみましょう。

手頃な物は500円ぐらいから購入できます。

家の中に入られる前に自分で出来るネズミ駆除で、大切な我が家を守りましょう。

 

 

スポンサードリンク