美味しいぬか漬けに挑戦、セメダイン臭がしたらどうする?

スポンサードリンク

健康志向の近年、漬物においてもぬか漬けは発酵食品ですのでちょっと魅力があります。
何度かぬか漬けに挑戦してきましたが、あまり長続きしません。
スーパーマーケットなどではすぐに漬けられるぬか床も売っています。
もう一度、美味しいぬか漬けに挑戦してみました。

スポンサードリンク

美味しいぬか漬けに挑戦

まず、ぬか床の準備です。
たまたまネットで見かけたおばあちゃんの味”熟成ぬか床”を購入しました。
これは、
実際に野菜を漬け込み、熟成させて出来た「ぬか床」です。半年間以上もの間樽で寝かせ、植物性乳酸菌によって実際に発酵させることで仕上げています。
ー中略ー
誰でも手軽にぬか漬けをつくることができ、購入されたその日に野菜をぬか床に入れるだけでだれでも簡単に本物の熟成ぬか漬けをつくることができます。

これなら私でもと思い、早速購入しました。ビニール袋に入った1kgが送られてきたので、容器が必要です。
夏場やちょっと家を留守にする時などは、冷蔵庫に保管するので、タッパーが便利です。

丸形のタッパーが安く売っていたので、ぬか床を移して、きゅうりを一晩漬けてみました。

味はどうかなー?
まーまーだなー。
何度かきゅうりを漬けてぬか漬け生活を満喫していました。
次は、カブでもと思い、かぶの葉っぱも漬けてみました。
ぬか床は1日1回混ぜるとあるのですが、毎日、毎日だと、実は疲れます。
2,3日出かける時は、冷蔵庫に保管しました。

酸っぱくなってきたら?

ぬか漬けは発酵による漬物ですから、身体に良いのです。
発酵食品=健康というイメージですよね。
ちょっとくらい酸っぱくても身体に良いと思うと、頑張って(?)食べてしまいます。
とは言え、あまりにも酸っぱくなってしまったり、家族から、酸っぱいなーなんて言われると、ちょっとショック…
酸っぱくなったら、酵母が増えすぎたということなので、
塩を足す。
粉からしを加える。
卵の殻を入れる。
などをすると発酵をおさえることができます。

セメダイン臭がしたら?

ところが、酸っぱいだけでなく、セメダイン臭がしてきました。
わかりますか?セメダイン臭って。シンナー臭いというか、何というか…
ぬか漬け作りには、この臭いがとても重要なのです。

何とかならないものかと色々試してみました。

まず、塩を足して、きゅうりを入れてみました。
翌日…
まだ、鼻をつく臭い、食べてもまずい…

鷹の爪を2本追加。
なんとなく殺菌効果があるかなー。
きゅうり投入。
まだ、改善されず。

粉からし、卵の殻、追加の糠。

1日1回はぬかをかき混ぜ、きゅうりを入れて味の確認。

でも、臭いは消えず、諦めも入ってきました。

そこで、ちょっと冷静になり、少し、野菜を漬けるのをやめてみました。

朝、晩、一日2回、ぬか床をかき混ぜ、ぬか床を休ませました。毎日、臭いを確認しながら、かき混ぜることはきちんと行い、野菜をいれることはしないで、じっくりぬか床の手入れを行ないました。

1週間ほどぬか床を休ませたところ、何ということでしょう(どこかで聞いたことありますねー)
異臭が消えたのです。

セメダイン臭。
これは、雑菌の繁殖によってこんな臭いがしてくるのです。
かき混ぜ不足や塩分不足、、また、水分が多くなることで雑菌が繁殖してしまいます。

こんな時は、朝晩のかき混ぜと、ぬか床を休ませることで、ぬか床を元気にすることが出来ました。

まとめ

ぬか漬け、酸っぱかったり、異臭がしたり。
美味しいぬか漬けを漬けるためには、臭いの対処が重要です。
特に、セメダイン臭がしたら、朝晩のかき混ぜと野菜を漬けないで、休ませてあげることです。
人間だって、疲れたら休みが必要です。
ぬか床を手当して休ませてあげると元気をとりもどします。
捨てる前に、お手当を。
そして、美味しいぬか漬けの復活ができますよ。

スポンサードリンク