脳梗塞にならないように、冬こそ水分補給が大切!

スポンサードリンク

夏の熱中症対策で、水分補給の重要性は皆さんもご存じでしょうが、冬に多い脳梗塞には、この水分も重要になってきます。
冬なのに、脱水?
そうなんです、冬は乾燥しているのですから。

スポンサードリンク

ドロドロの血液は冬場に注意

冬は空気が乾燥しています。
空気が乾燥すると体から水分が奪われるのですが、夏場は、熱中症対策として水分をこまめに摂取しますが、冬場は寒いと言うこともあり、あまり水分を摂取しないため、脱水傾向に陥ります。
肌の乾燥も冬場には起こりますが、血液も水分不足ではドロドロになり、動脈硬化をおこした血管では、血栓も出来やすくなりその血栓が詰まってしまって血液の流れを止めてしまうという恐ろしいことが起きてしまいます。
それが脳の血管で起きてしまえば、脳梗塞なのです。
また、冬場の寒い状態では血管が収縮して細くなり、血圧が上がります。
それとは逆に、寒い所から暖かい所に移動した時などは、血管が広がって血圧が急降下することがあります。
目の前が暗くなったり、なんか変だなーという感じ!
指先でドクドクとした脈がとれなくなってしまいます。
このような寒暖差による血流の変化も注意が必要です。

冬の梗塞

サラサラな血液を目指すには、まずは水分補給が大切なのですね。
ドロドロなものに水を加えれば流れ安くなりますよね。
ちょっと単純な発想かもしてませんが、水は大切です。

冬の脱水

冬の脱水を防ぐには、こまめに水分を補給することです。
一気に飲み干すのではなく、ちょこちょこ飲むことをお勧めします。
乾燥で目の乾きを防ぐのにも、こまめな水分補給がいいらしいですよ。
眼科の先生に言われました。余談ですが…

まとめ

冬の乾燥から体内は水分不足による血液成分の変化が起こり、寒暖差による血流の変化も加わり血栓が出来やすくなり、脳梗塞を発症しやすくなります。
それを防ぐには、こまめな水分補給が大切です。
寒くて、トイレが近くなる…などと言わず、ちょこちょこお茶を飲んだり、コーヒーを飲んだり、冬の脱水を防ぎましょう。

スポンサードリンク