確定申告、医療費控除で簡単に税金が戻ります!!

平成29年分の確定申告が始まりました。
サラリーマンの方で源泉徴収で税金を納めた人でも、10万円以上の医療費を支払っていたら税金が戻ってきます。
この医療費は自分だけでなく、同居の家族分も含まれますから、こまめに領収書をとっておくことは大切ですね。

医療費控除の条件は?

医療費控除というのは、その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることです。
一定額というのは、10万円(総所得が200万未満の人は総所得金額等の5%の金額)なので、自分だけでなく、家族みんなの分なので、領収書をとっておくと結構超えるかもしれません。
ただ、生命保険契約などで支給されたり、健康保険などで支給があった場合はその金額を引かなければなりません。
国税庁の平成29年分確定申告特集に 医療費控除による減税額の試算はこちら というところがあり簡単に試算できますから、やってみてください。

医療費控除を作成してみよう

申告手続きには
・マイナンバーの記載
・本人確認書類の提示又は写しの添付
(e-taxなら不要)
が必要です。
また、今年から、医療費控除の提出書類が簡素化され、領収書の添付の必要がなくなりました。(5年間の保存が必要です)
毎年、かなりの領収書を添付していたのですが、その処理も大変だったのではないでしょうか。あくまでも、私の考えですけどね。プライバシー保護があるので、簡単に捨てれないし、処理の費用もかかるのではないでしょうか…
今年からの変更点として、セルフメディケーションの創設があります。

セルフメディケーション税制とは
健康の保持増進や疾病予防等の取り組みをしている人が厚生労働省指定の医薬品を一定額以上購入した場合、購入費の一部を確定申告で所得税控除(医療費控除)できる制度のことです。
2017年1月から始まった医療費控除の特例で(4年間限定)であり、今年の確定申告から利用することができる新しい制度です。

控除できる額は控除対象の医療品購入額から12000円を引いた額で、上限は88000円です。

スポンサードリンク

セルフメディケーション税制を選択する場合は、健康の保持増進や疾病予防等の取り組みをしたことが証明できる書類が必要になりますから、勤務先で実施する定期健康診断も証明になるので、大切に保管しておきましょう。

医療費控除はどちらかの選択になるので、医療費控除による減税額の試算でどちらが減税になるか算出してから手続きをしてください。

e-taxはネットで行う訳ですから、税務署に行かなくとも、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で申告署を作成し、自宅からネットで提出でき、添付書類の提出も省略することもできますが、事前の手続きが必要です。
マイナンバーカードを取得していて、ICカードリーダライタが必要になります。
ICカードリーダライタは2000円~5000円ぐらいで購入可能です。

そこまで、お金をかけたくない人は、同じように、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で申告署を作成し、印刷して郵送するか、税務署に持参すればよいのです。
国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、画面の案内に従って金額などを入力することにより、確定申告書等を作成することが出来るので、とても便利です
医療費の明細書もエクセルで出来ているので、地道に入力することで、簡単の申告書が作成されます。

薬局で購入したお薬代も控除額に入ります

薬局で購入した風邪薬。
これも、医療費控除になります。
レシートの”セルフメディケーション税制対象となっている薬品は通常の医療費控除の薬剤として控除対象になります。
医者にかからない時も、薬局で購入したものが、セルフメディケーション税制対象であれば、控除の対象になるので、領収書は大切ですね。

まとめ

医療費控除は、自分だけでなく、家族みんなの分が控除されます。
そして、確定申告の仕方も、金額を入力することで、提出する書類が出来てしまうなど、計算までしてくれるので、とても簡単です。
わからなければ、税務署に出向くことで、親切に教えてもらえます。
税金を納めるのは、とても大切なことですが、病気で支出があった場合は、払い過ぎた税金が戻ってくるのは、とても助かります。
手続きも簡素化になってきています。
少しでも戻るなら、医療費控除、手続きしてみませんか?
一度やってみると、なれてきて、毎年気軽にやれますよ。

スポンサードリンク