鏡餅はいつまで飾る?柔らかくする方法は?カビた時の処分方法は?

スポンサードリンク

61345d05cdfab0dd422a115164359e70_s

新年を迎えるにあたって家に正月飾りを施します。

中でも鏡餅は食べ物ですので、飾る時期だけでなく食べる時期も知っておかなければいけません。

ここで鏡餅を飾る時期や食べ方などについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

鏡餅はいつまで飾る?

鏡餅の飾り始めは12月13日~28日、30日とされています。

9が「苦」を連想させることから29日はNGとなっており、

また31日は「一夜飾り」と言って、お通夜の飾り方を連想させることからNGとされています。

 

早く飾り付けしてもいいのですが、八という数字が末広がりで縁起がいいと日本ではされているため28日に飾るのが一般的です。

鏡餅は神様へのお供え物ですので、松の内(神様のいる期間)が過ぎるまでは取り下げてはいけません。

松の内は元旦から1月7日とされていますが、

地方によって10日や15日と延びる所もありますので地元のしきたりに合わせましょう。

 

また、松の内が過ぎているのにそのまま飾るのもよろしくないので、期間終了と共に下げましょう。

下げると言ってもゴミ箱に捨ててはダメですよ!

下げた餅は食べるのです。これを鏡開きと言います。

 

鏡開きは1月11日に行うのが一般的ですが、

地方によって日にちは異なりますのでこれも地方のしきたりに合わせましょう。

鏡餅を崩す時、包丁などの刃物で切ってはいけないとよく言われますが、

これは切腹を連想させるからNGなのです。

なぜ切腹なのかと言いますと、鏡開きは元々武家で行われていたからです。

武家と切腹は密接な関係にありますので、切るという行為は縁起が悪いとされました。

 

そのため、木槌や手を使って鏡餅は割っていく訳ですが、

固い鏡餅に手刀をかます勇気も木槌を常備している趣も持ってねえよと言ったところでしょう。

そのような家庭は主に金槌を使って鏡餅を割っています。

 

固い鏡餅を柔らかくする方法は?

割った鏡餅ですが、そのまま海苔餅にして食べようかなと考えているあなた!

歯が死んでしまいますよ!

鏡餅はそのままでは固すぎて食べれた物ではありません。

ここで固くなった鏡餅を柔らかくして食べやすいようにしていきましょう。

手順は以下の通りです。

①ボウルに水を張り、割った餅を半日つけておく。

②電子レンジで5分くらいチンする。

これだけで、餅がモチモチと柔らかくなるから驚きです。

雑煮に入れるのがメジャーな食べ方ですので、特にこだわりがなければ雑煮に入れちゃいましょう。

 

最近はパックの鏡餅が売られていますので、固すぎる鏡餅に出会うことはあまりないのですが、

パックなんて邪道だ!と考える人は固くなった鏡餅を上記の方法で復活させてあげてください。

 

鏡餅にカビが生えていた時の処分方法

鏡開きをしようと思ったらカビが生えてた!という声をよく聞きますが、

鏡餅にカビが生えた時は食べるか食べないかの2択になります。

食べる場合は、カビを削ったり洗い流したりしてから食べると考えられています。

 

その考え危険です!

 

カビって奥深くまで根が生えるのはご存知ですよね。

目に見えるのはカビの表面だけで、実は奥深くに目に見えないカビが潜んでいる可能性があります。

「熱すれば大丈夫だろう」と考える方もいますが、カビの中には熱に強いものもいるので不安は残ります。

このことから、カビが生えた鏡餅を食べることはオススメできません。

 

では、カビが生えた鏡餅を処分することになるのですが、

縁起物ですのでゴミ箱に捨ててはいけません!

どんど焼き」と呼ばれる神社等でのお焚き上げで処分するのが一般的です。

どんど焼きは1月15日に行われるところが多いです。(私の地元では14日や25日に行う神社もあります。)

 

カビを防ぐ工夫

せっかくなので鏡餅は食べたいですよね。

そこで、飾る前にカビが生えない工夫をしましょう。

焼酎をはけで鏡餅の表面に塗るとカビが発生しづらくなりますので、

パック以外の鏡餅を飾る方はぜひお試しください。

 

まとめ

鏡餅は神様へのお供えものです。

お飾りをした鏡餅は縁起のいい物とされているため食べることが縁起担ぎとされています。

美味しく食べ、一年のスタートダッシュを晴れやかなものにしましょう。

スポンサードリンク