年賀状で結婚報告は喪中相手には非常識?寒中見舞いでは?写真はOK?

スポンサードリンク

169247

結婚式を終え、初めて迎える新年。

披露宴の写真などを利用して年賀状で結婚報告をするのが主流となっています。

結婚報告を出す予定の人から喪中ハガキが届いてはいませんか?

「喪中時には年賀状を送るのはマナー違反」と聞ききますが、最近はどうなのでしょう。

相手が喪中の場合、結婚報告をどうしたらいいか不安な方はここで確認しておきましょう。

スポンサードリンク

年賀状で結婚報告は喪中相手には非常識?

原則として、相手が喪中の時は年賀状を出さない方がいいです。

喪中はがきは「新年の挨拶を控えさせて頂きます。」という内容ですので、

喪中の方が年賀状を貰うこと自体はマナー違反ではありません。

このことから、相手が喪中であろうが年賀状を出してもいいという考えもあります。

ただし、まだ日本では喪中時には年賀状のやり取りはタブーだという風習があります。

そのため、本来マナー違反ではないのですが「喪中はがき出したのに失礼だな。」と相手が不快に思うケースも多くありますので、

トラブルを避けるためにも結婚報告を年賀状で行うのはやめましょう。

仲の良い友人で連絡を取れる相手であれば、年賀はがきで報告してもいいか確認するのもいいとは思いますが、

上司や親戚などには特に配慮しましょう。

 

寒中見舞いで結婚報告は喪中の方へ大丈夫?

では、喪中の方へはどのように結婚報告を行いましょうか?

一般的に喪中ハガキが届いた場合、寒中見舞いで結婚報告を行います。

注意点としては、あくまで寒中見舞いですので結婚報告だけの文章はNGです。

寒中見舞いは寒い季節にお体を心配して送るものですので、

最初の一行くらいは「寒さが厳しくなってきた今日この頃いかがお過ごしでしょうか」など健康を気遣う文章を入れましょう。

そして、次から「私事ではございますが~」と結婚報告を行いましょう。

 

また、寒中見舞い以外でも結婚報告のためにハガキを作って贈ることで、

喪中に配慮したことを相手に伝わるようにしてもいいですね。

 

中見舞いで結婚報告は喪中の方に写真は大丈夫?

年賀状で結婚報告をする時は、披露宴の写真なんかを載せたりしていますよね。

しかしながら、寒中見舞いでは写真を使用しない方がいいです。

寒中見舞いに写真を入れてはいけないという決まりはありませんが、

喪中の方へ幸せそうな写真を送るということが失礼になるという考えを持つ方もいます。

確かに、身内に不幸があった時に幸せそうな写真入りの寒中見舞いが届いたらあまりいい気にはなりませんよね。

貰う相手の事を考えて正しい選択をしていきましょう。

 

どうしても写真を載せたいなら、寒中見舞いではなく結婚報告のためのハガキで送りましょう。

これであれば喪中の方への配慮もされていますので、「失礼だ。」と思う方も寒中見舞いよりも少ないです。

 

まとめ

結婚報告を行う際、相手が喪中であれば年賀状は原則NGです。

マナー違反でなければ大丈夫だという考えではなく、

相手の事を考え最善の方法を選択しトラブルのないように対応しましょう。

スポンサードリンク