披露宴の親の役割は?場所によっても違う?主役の盛り立て方は?

息子や娘がめでたく結婚が決まりました。
さて、最近の結婚式や披露宴はどのようになっているのでしょうか。
おめでたいこの席を盛り上げるために、親はどのようなことに注意をすれば良いのでしょうか。

スポンサードリンク
  

披露宴のやり方は千差万別

結婚式のやり方はその会場のやり方に従うだけで、親がどうこう考えてするということはなく、指示されたようにするだけです。
ところが、披露宴となると千差万別です。
自分(親)の時代を思い出してみましょう。
○○家、△△家 披露宴会場 などと、どちらかというと家同士の結婚式(披露宴)でした。
家を出る時、「お父さん、お母さん、今までありがとうございました。」と挨拶をしてという時代でした。

ところが、現在は新郎新婦が自ら企画、演出して、自分達の披露宴を行います。
会場側も新郎新婦との打ち合わせで、一生に一度の晴れ舞台の成功を祈っています。
だからといって、親はただ座ってばかりではいけません。
やはり、主役を盛り立てて素敵な披露宴にしてあげてください。

地域や会場によっても違いがあります

それでは、どのようなことをすれば良いのでしょうか。

当日はお客様への挨拶まわり。
新郎新婦のサポート。特に、新婦の親は新婦の支度が大変なので、新郎よりも負担があるかもしれません。それも幸せなことですけど。
その他、やるべきことはたくさんあります。
披露宴が始まる前にも、お客様、特に主賓の方が到着したら、すぐに挨拶に伺うべきです。
親戚の方々は早めにお集まりですので、そちらにも顔を出すのは当然ですね。

披露宴での親の役割はどうでしょうか。
あくまで、こうしなければなどということはありませんが、お客様に喜んでいただくことが、新郎新婦が計画した披露宴を盛り上げることになります。

スポンサードリンク

素敵な親の立ち振る舞いとは?
やはり、地域でも違いがあります。
地方では、まだまだ、親が相手方のお客様にも挨拶をしながらお酌をすることが多いのですが、東京の某有名なホテルなどでは、お客様のおもてなしはホテルの役目といったところがあり、ビールのお酌などは、ホテルのテーブル付きの方がやってくれます。
長寿社会、おじいちゃん、おばあちゃんの披露宴出席も多くなり、途中、トイレに立つときなども案内、誘導もしてくれます。
ただ、主賓の方から祝辞やスピーチなどを頂いたりするので、主賓席には、ビールを持ちながらのお礼の挨拶は必要ですね。
子供の生活の場での披露宴会場の選択が多いので、親はその地域の慣用に従うとスムーズに進みます。

また、新郎新婦やその友人達が色々な企画を考え、盛り立ててくれるなか、ゲームのような企画に親の参加を求められ、父親が張りきり過ぎて、夢中に頑張りすぎるのを見ていた時は、ちょっと違和感を感じました。ただの宴会ではないのですから、おもてなしをする側ですから、控えめに、楽しく盛り立てるように注意するべきです。

あくまでも、新郎新婦が盛り上がるように

2~3時間の披露宴。
おもてなしの気持ちを持ち、控えめに行動すること。
主役は新郎新婦なのですから、その両家の親はお互いにちぐはぐな行動をとっては変になってしまいます。
よく話しあい、親の立ち振る舞いに気をつけてください。

まとめ

最近の披露宴は、新郎新婦が中心となって行うものが多くなっています。
その時の親の役割は、お客様をおもてなしするということになるわけですが、やり方は地域や会場によっても違いがあります。
事前に両家で打ち合わせをしたうえで、新郎新婦の素敵な披露宴を親の立ち振る舞いで益々盛り上げてください。

本日は誠におめでとうございますと言われ、本日は誠にありがとうございましたと心から言えるような素敵な披露宴になりますように。

スポンサードリンク