ファミリーでサイパンを楽しむぞ!トイレや洗濯は?買物は?

スポンサードリンク

子供と一緒の海外旅行。
サイパンは日本から3時間半のフライトなので、小さいお子さんずれでも楽ですね。
そんなサイパンの滞在を紹介しますね。

スポンサードリンク

サイパンの生活が始まるよ

ホテルにチェックインしたら、楽しい南国での生活が始まります。
私達が泊まったマリアナリゾート&スパを紹介しますね。


まずは、トイレ。
サイパンのトイレはホテルやお店のトイレを使います。
公衆トイレのようなものはないのですが、中にあるトイレなので、まあまあ綺麗です。
日本おトイレと違うのは、トイレの脇に普通のゴミ箱があること。
これは、日本と違って、トイレットペーパーを一緒に流さないらしい…
マリアナリゾート&スパのヴィラのお部屋のトイレはNationalの洗浄便座が取り付けてありました。
TOTOの手洗器もあります。お部屋は別荘のようです。

次に海やプールで遊んだ水着や洋服などの洗濯です。

マリアナリゾート&スパには、セルフランドリーがありますから、百均でも売っている旅行用の洗剤を持参しましょう。
洗濯、乾燥で2ドル必要です。もちろん、コインで。
洗濯機と乾燥機が分かれているので、1ドルづつ必要なのですが、25セント4枚を投入します。
コインがなければ、ホテルのフロントに行って、1ドル紙幣を2枚をエクスチェンジ25セントと言うと、25セント8枚に両替してくれます。
早速、洗濯。洗濯もの、洗剤を入れてコインを投入し、投入口を引き戻すと洗濯が開始します。


洗濯が終わったら、今度は乾燥機に移して同じようにコインを投入して乾燥させます。

ホテルの生活はこれで大丈夫ですね。

買い物は?食事は?

買い物や食事は町の中心街、ガラパンに行きましょう。
サイパンでは、路線バスがないので、移動はタクシーになるのですが、サイパン内の主要ホテル~Tギャラリア サイパンを巡回している無料シャトルバスを利用してガラパンに出掛けましょう。
Tギャラリア サイパンの営業時間内に60分間隔で運行されています。
ホテルのロビーにも時刻表が載っていました。
食事のメニューは日本語でも書いてあったり、楽ですよ。

買い物は定番、ABCストア、アイ・ラブ・サイパン。
Tギャラリア サイパンの近くにあります。
ビーチロードを渡ってABCストアがあり、その奥のほうにはジョーテン・ハファダイ・ショッピングセンターがあります。
ビーチロードを渡る時は、押しボタンを押して、青になるまで待ちます。
交通量が多いので、無理には渡らず、信号を守りましょう。
ジョーテン・ハファダイ・ショッピングセンターの中に、スーパーマーケットがあります。
地元の人が食品や生活用品の購入に利用しているそうで、大型スーパーマーケットで色んなものがたくさんあります。レジはコストコみたいな感じで、カードはパスポートがなければ使えません。
買物袋は有料で10セントで茶色の紙袋を購入するか、無料の段ボール箱があります。
この段ボール箱、日本のお茶の箱だったり、日本語が書いている箱がたくさんあります。

帰りも無料シャトルバスに乗れば、無事にホテルに帰れます。
もし、タクシーを利用する時は、路上で拾わず、ホテルで呼んでもらったり、Tギャラリアのカウンターで呼んでもらいましょう。

子供達の遊びは?

子供達が楽しめるのは、やっぱり、海やプールで遊ぶこと。
海は透明で波も穏やか。砂浜も綺麗で、ヤドカリや白い小さなカニがたくさんいました。
子供達は大喜び。ちょっと捕まえて、そして、帰りにはちゃんと離していました。
プールでも大はしゃぎ。これこそ、バカンスですね。ホテルの目の前にビーチがあり、そのまま、プールにも来れるのですから。

無人島のマニャガハ島でも楽しめます。ライフカードもいます。あまり遠くに行くとライフカードが注意します。サーフボードに乗って行くこともありました。
インフォメーションセンターにはトイレもロッカーもあり、レストハウスもあります。
バスタオルはレンタル出来ます。バスタオルを返すと、お金が戻ります。
レジャーシートは持っていくと便利です。荷物を置いたり、子供が寝たりしたとき借りたバルタオルでお昼寝が出来ます。

まとめ

南国のサイパン。ファミリーで十分に楽しめるところがたくさんあります。
ホテルで洗濯も出来るので、洋服をたくさん持っていかなくても大丈夫。
子供達も楽しく安全に遊べるところもたくさんあります。
お買い物や食事も楽々、心配なしです。
家族みんなで、海外旅行を楽しんでみませんか。

スポンサードリンク