おっぱいの痛み、発熱などの乳腺炎にお勧め、牛蒡子。どこで売ってるの?

母乳をあげていると、おっぱいがカチカチに固くなることがあります。
赤ちゃんもだんだん飲むのが上手になっていって、痛みがなくなれば良いのですが、授乳をしているママの約2~3割が乳腺炎になるといわれています。

そんな痛くて大変な乳腺炎になった対処法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

どうして、乳腺炎になるの?

まず母乳というのは血液からできているのはご存知ですよね。
乳房の乳腺にはたくさんの毛細血管が張り巡されていて、この毛細血管から血液に溶けている栄養素が浸透してきて母乳になるのです。

母乳が白いのはたんぱく質の小さな粒子が光を乱反射させるかららしいです。
血液から水分、脂肪分、糖分、たんぱく質(ラクトフェリン)などが主に分泌されます。
この脂肪分がママの食事の影響を受けやすく、味も変わるのだとか。

乳腺炎は乳管が詰まって炎症をおこす訳ですが、乳管が詰まるというのは体質もあると思います。
片方のおっぱいばかり飲んで、もう片方に母乳が残ってしまうとか、胸を締め付けるのは良くないとか、乳腺炎の予防はいくつかいわれています。

脂肪分の多い血液はドロドロしていますよね。
母乳もドロドロしていたら乳管も詰まりそうですね。

WHOでは「高塩分・高脂肪の食事は乳腺炎の原因になると考えられているが根拠ははっきりしていない」と発表しています。
一方で母乳相談室や母乳外来など乳腺炎の予防に対して食事の指導をすることがあります。

大好きなケーキを一口も食べず、肉すらささ身やむね肉にしたり、極力脂肪分を取らないようにしていても体質?ということでなってしまう乳腺炎。

スポンサードリンク

冷却ジェルシートや保冷剤で冷やしたりもいいですが、牛蒡子はお勧めですよ。

乳腺炎には牛蒡子がお勧め

牛蒡子は煎じて(ぐつぐつ煮ます)茶こしなどで牛蒡子を取りのぞきます。
放置すると、種から出たエキスがまた種にもどったり、渋みなど薬茶の味が変わってしまいまうからです。

そして、最大の問題は「苦い味
きっと、この苦さが効くのでしょう…
牛蒡子には解熱作用、抗菌作用、解毒作用など様々な効能があるので、辛い乳腺炎で悩んでいたら、この苦みは頑張れますよ。

ひどくなると、乳腺外来など外科の先生などは外科的に処置しようとするかもしれませんが、私が牛蒡子をすすめたママは危機を脱しました。本当に良かった。

どこで売ってるの?お値段は?

牛蒡子はごぼうの種で漢方の一種です。
食品ではなく医薬品なので、スーパーなどでは見かけません。
また、漢方薬なので普通の薬局では見かけず、通販で購入します。

amazon
  高砂牛蒡子   500g   1,700円
  ウチダの牛蒡子 500g   2,760円

これらは中国産です。漢方薬ですから、中国産でも残留農薬は検査済みです。

国産を見つけました。
 漢方薬局です。
  一乗寺薬局グループ   500g(約一か月分)   2,592円
  漢方薬局いちやく草      ?          ?          

まとめ

乳腺炎にならないように、日頃からこまめに水分をとったり食事に気を付けてさらさらな血液、母乳をと頑張っているママさん。

それでも、乳腺炎になってしまったら、是非、牛蒡子を試してみてください。
母乳を止めたりしないで済むようなるといいですね。

スポンサードリンク