新幹線とミニ新幹線、特急料金は違うの?時間は?とれいゆ つばさって?

青森まで新幹線が延び、北陸新幹線も開通し、東京からの移動が短時間で行えるようになった今、ミニ新幹線は一体どうなっているのでしょうか?

東京~仙台間。東京~山形間。
こんなにも違うなんて…

山形新幹線をちょっと調べてみましょう。

特急料金は新幹線か在来線かで違います

東京駅~仙台駅間は352Km 、東京駅~山形駅は360.1Km。
同じような距離なので乗車券は5940円と同じです。

JR東日本は新幹線の特急料金が駅間ごとに決めてあり、在来線では距離で決まり、2種類の特急料金があります。

山形新幹線の特急料金はと言うと、福島駅~新庄駅が在来線のため、山形新幹線は二つの合計になるのです。
と言うことは、東京駅~仙台駅間の特急料金は4430円、東京駅~山形駅は4510円となり、山形の方が高いのです。

どういうことでしょう?
山形に来る場合は福島から在来線に乗り換えという事になるので、福島駅~山形駅87.11Kmに在来線の特急料金がかかるのです。
福島駅でやまびこと切り離して運行するつばさですが、私は乗っているだけなので乗り換えというイメージはないのですが、つばさ自体が新幹線から在来線に乗り換えたということですね。

ということで、在来線のみの100Kmまでの1180円が乗り継ぎでは830円がプラスされてしまいます。
これは、3割引きと言ったところですね。
ちなみに新幹線と在来線の乗り継ぎ割引というのがあって、特定の線では半額になるのですが、山形新幹線は対象外です。
半額にしてくれると、東京駅~仙台駅間の特急料金より安くなるのに…

特急料金は遠くに行くほど1Km当たりの料金が安くなるので、東京駅~仙台駅間の特急料金は4430円ですが、比較のため、福島駅~仙台駅間の特急料金は1840円で福島駅~山形駅の特急料金、1180円より高いです。
これだけをみると、さすが新幹線と納得できるのですけどね。

スポンサードリンク

時間も新幹線か在来線かで大きく違います

新幹線のスピード 
    東京駅~大宮駅   110Km/h
    大宮駅~宇都宮駅  275Km/h
    宇都宮駅~盛岡駅  320Km/h

これに比べ在来線である福島駅~山形駅は設備的制約のため、最高速度が130Km/hとなっています。
大宮駅までとそんなに変わりはないのですね。

東京駅10:00に出発するつばさ133号で仙台までの所要時間を比べてみると、福島駅には11:33に着き11:35に発車します。
ここまではやまびこ133号と一緒です。
11:35に発車したつばさは山形駅に12:44到着します。やまびこは11:38に福島駅を出ると、12:04に仙台駅に到着します。
その差40分

観光は”とれいゆつばさ”がお勧めです

時間もかかるし料金も高い。ミニ新幹線と言われる山形新幹線。

それでは、何が魅力なの?

在来線ならではの景色。福島駅から米沢駅への峠越え。山間をゆっくり走ると、あー、山形にキター!という気持ち。

週末にはリゾート列車”とれいゆつばさ”が福島駅~新庄駅を走っていて、山形の食、酒、足湯が楽しめ、料金がつばさと同じ指定席特急料金で利用できます。
金曜の夜は「とれいゆ つばさ」で楽しいひとときを。とびゅうプラザでおとなの企画もあります。

山形新幹線、フル規格化プロジェクトが本年度から本格的に始動すると山形県で発表がありました。
いよいよ仙台と同じように、山形、東京間が1時間台になる日が来るのでしょうか?

まとめ

山形新幹線は時間もかかり、値段も高く、ミニ新幹線はお得ではありませんでした。
ただ、さくらんぼ狩りや山形の観光、のんびりした時を感じることができます。
山形新幹線、なかなか頑張ってますね。

スポンサードリンク