お伊勢さん朔日まいりは車がないと行けない?電車は?

およそ2000年の歴史をもつ聖域、伊勢神宮。

内宮と外宮を中心とした125社の宮社の総称で、一生に一度は参拝したいと昔から尊ばれ続けてきた聖地です。

一生に一度…それならいつ行く?

テレビで伊勢神宮にある赤福の朔日餅に長蛇の列が映っていました。

どうせ行くなら、特別な日!それなら、朔日参りに行こう!

スポンサードリンク

長蛇の列には並びたくなーい!

朔日参りの楽しみは何と言ってもおかげ横丁の朝市

テレビでもやっていた赤福の朔日餅を買うには前日の受付順に当日の3:30から整理券をもらい、整理券の順番に4:45から販売開始。

行くだけで1日はかかってしまうのに、これでは前日に伊勢に向かっても間に合いません。
大丈夫です。予約して買えますから。
予約の仕方は、販売月の前月15日より電話での受付です。(15日のみ午前7時~午後5時、16日以降は午前8時~午後5時)

気を付けなければいけないのは、お渡し場所がおはらい町の赤福のお店ではなく中村町にあるところで、内宮から少し北に行ったところになります。
引換時間は午前11時~午後3時なのですが、販売当日の混雑を避けるため、予約時に指定されるようです。

そして、朔日朝粥。人気はすし久。
ここは4:45開店に並ぶしかありません。

朔日朝市に行くぞー!

前日に宿泊していないと行けない朔日朝市。私も考えて、伊勢駅のすぐ近くの伊勢神泉を予約しました。
伊勢神宮 外宮から もっとも近い天然温泉宿
駅にも近いし、伊勢神宮にも近い。これで朔日朝市が楽しめそうです。

早めの予約で安心していたら、うっかり赤福の15日の電話予約をすぱっと忘れてしまいました。
安心と言うことは人を無防備にしてしまうのですね。
20日の朝、急に思い出して電話をしてみました。やっぱり、予約はいっぱいになっていました。(ショック…)

お店に並んで買うか、お店で食べるのであれば、そこまで並ばなくても食べれるかもしれません。あんなに考えて旅行の計画を立てたのに…

しくじったのはこれだけではありません。
おかげ横丁は内宮の近く。外宮からは4㎞ほどあります。

朝早くはバスが動いていない…ちょっとお金がかかってもせっかく来たのですからタクシーでもとホテルの人に聞いたところ、6時からですと言われこれもだめ。

それなら、電車は?
おはらい町、おかげ横丁に近い駅は近鉄 五十鈴川駅。そこからおかげ横丁までの距離は、約2キロほどです。歩いて30分ぐらいでおはらい町に着きます。おはらい町のちょうど真ん中あたりがおかげ横丁ですから、歩いて行けます。

スポンサードリンク

五十鈴川駅、5時台の電車は
明星駅始発 5:06  伊勢市駅 5:17  五十鈴川駅 5:22
伊勢中川駅始発 5:05 伊勢市駅 5:40  五十鈴川駅 5:45

翌朝、5時起床。外は雨。本当についていない(笑)
嫌々(?)ホテルを出発。外宮方向から伊勢駅をに入るとそこはJR。
4番、5番ホームが近鉄です。5番ホームで賢島行きを待ちます。
ちなみに、5番ホームの所に近鉄の改札口があります。JRの改札口の反対側が近鉄の改札口になっていました。
電車に乗ると次は宇治山田。そしてその次が五十鈴川。
5分の乗車時間で到着。駅前はまだ暗い。タクシーが止まっていました。

五十鈴川駅を出たらすぐ右に曲がります。
県道12号線に出たら、さらに右折し、しばらく道なりに進みます。
800mほど行くと南勢バイパスとY字に交差している(中村町)ので、直進して南勢バイパス/国道23号線へ進みます。
550mほどで宇治浦田町の交差点を左折して伊勢道路/県道32号線に入ります。
60mで右折。後は直進すればおはらい町です。

目指すはすし久。あれれ、並んでいない!
お店は料理旅館であったころの佇まいがのこっており、広々とした和の空間が広がっています。2階もあるし、長テーブルに座るので、228席あります。
土間を上がり、食券(朝粥のみ)を買って空いている席に案内してもらいました。
やったー!遂に朔日朝粥を頂けました。
私が頂いたのはかき雑炊、800円。お盆にはかき雑炊ほか焼き魚、玉子焼きなど4~5皿所狭しとのっています。

満足、満足で店を出ると2,3軒先に赤福本店。あー、並んでいるなーと思いながら、ここで食べたいのですがと尋ねると、こちらからどうぞとすぐに入れました。ゑびす餅とお茶を頂戴し250円。

内宮の近くに泊まっちゃお!!

内宮の近くの宿に泊まれば、朔日朝市には歩いて行けます。
神宮会館   内宮まで徒歩5分   ただ、なかなか予約がとれません。
宿屋五十鈴  内宮まで徒歩8分。おはらい町にあります。
いにしえの宿伊久  内宮まで徒歩15分

まとめ

一生に一度は行ってみたい伊勢神宮。
伊勢神宮の朔日参り、早朝の朝市。電車でも十分に楽しめます。
近くの宿がとれれば移動時間も気になりませんね。
ちょっと時間をずらせば、長蛇の列に並ばなくても朔日餅、朔日朝粥をゲットできるかもしれません。
一度はお伊勢さん、行ってみませんか?

スポンサードリンク