台湾台北中心街から北投温泉への行き方は?地下鉄が安い?

台湾旅行の計画の中で、北投温泉でゆっくり過ごそうと計画している人もいるのではないでしょうか。

台北市中心街に宿泊していると様々な観光スポットを巡ることができますが、いざ北投温泉にアクセスしようとした時にどんなルートで行けばいいかわからないですよね。

「タクシーを使うと出費が増えるし、できるだけ安く行ける方法はないの?」と悩んでいる方は、ここで解決できますよ。

台北101付近に宿泊した私が、北投温泉に向かった時のアクセスの流れを紹介していきます。

スポンサードリンク

台北市内から北投温泉への行き方

台湾で移動する際は、お金があればタクシーでもいいですが、節約されるなら地下鉄(MRT)を利用するといいです。300円くらいで結構遠くまで行けますよ。

台湾の移動は地下鉄を覚えるだけで行ける場所の幅が広がるので、ぜひマスターしておきましょう。

「海外の地下鉄かぁ、ちゃんと乗れるか不安だ。」なんてイメージを抱いてしまう人もいるでしょうが、日本の電車と乗り方はほぼ同じですので、余裕です!

東京駅であたふたしてしまう田舎者の私ですらできたのですから(笑)

JRの切符売り場のような場所がありますので、料金表を見ながら自分の行きたい場所を探してその金額の切符を買うだけ。

普段ICカードを利用している都会の方にとっては新鮮な体験ができますね。

これが台湾の切符です。おもちゃみたいでしょ。切符と言うよりはコインですね。トークンと言うそうです。

これをSuicaみたいに改札口のタッチパネルにかざすと構内に入ることができます。

初めてやった時はドキドキしましたが、あっさり通過できましたよ。

降りる時は、改札口にコイン入れがありますので、そこに入れるだけ。

一度覚えたら、現地人並みに余裕で地下鉄を乗りこなせますよ(笑)

ちなみに、構内はこんな感じです。

日本の地下鉄より気持ち綺麗かなってくらいで、そこまで大差はありません。

注意点としては、電車内で飲食してはいけません。ペットボトルのお茶を飲むこともNGです。

余計なトラブルを避けるために、飲み物を持ち運ぶ時はカバンにしまっておくといいでしょう。

日本の地下鉄より綺麗なのはこういったルールがあるからなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

それでは、台湾の地下鉄マップを見てみましょう。

様々な路線がありますが、今回利用するのは赤い路線(淡水信義線)になります。

台北101や中正記念堂などの台北中心街の観光スポットと台北市北部にある淡水(夕日が有名な観光地)を結ぶ路線です。

私の初めての台湾旅行では、この路線にかなりお世話になったので、ぜひ覚えておくといいでしょう。

中心街に宿泊していれば、地下鉄で多くの観光地を巡ることができますよ。

 

また、地下鉄は数分間隔で次の便がやってきますので、時間を確認する必要はありません。乗り過ごしても慌てることはないのです。

朝は6時から夜24時まで運行しているので、帰りの便がなくなる心配もないでしょう。地熱谷なども見たい人は、日中行きましょうね。

 

それでは、最寄りの駅から淡水信義線に乗って北部を目指しましょう。

北投温泉の最寄りの駅は、新北投駅です。

マップを見るとわかりますが、北投駅から一度乗り換えが必要になりますので、注意してくださいね。

北投駅のホームで新北駅行きを待っているシーンです。地下鉄と言っても地上を走るところもあるんですよね。

言葉が話せなくても、看板の文字だけでなんとか行き先がわかるものです。一人旅力がモリモリ養われていく貴重な一枚ですね(笑)

ちなみに、台湾では駅のホームを「月台(ユエタイ)」と言うそうです。

新北駅を出ましたら、歩いてすぐ北投温泉街に到着です。

北投温泉街を歩いた体験はこの記事を参考にしてください。台湾一人旅初心者におすすめの温泉地は?水着不要で入れる場所は?

 

地下鉄利用は、最初は不安でしたが、実際に利用したら案外簡単でしたよ。

日本みたいに路線が複雑でないし、初めて東京に来た時より楽だったのが面白い感じです。

平日だったからか、東京みたいに人だらけということもなく、落ち着いて問題なく地下鉄に乗ることができました。

北投温泉に行かれる方は、ぜひ地下鉄を使いこなしてください。何事も経験ですよ。

スポンサードリンク