台湾一人旅初心者におすすめの温泉地は?水着不要で入れる場所は?

初めての海外一人旅行の行先にオススメなのが台湾です。

日本からの移動時間も少なく価格もリーズナブルという側面だけでなく、親日国としても有名な国ですので、一人でも安心して訪れることができる国の一つです。

そんな自由気ままな台湾一人旅で、「のんびり温泉に浸かりたい!」という方が最近増えてきています。日本人は温泉が好きですからね。

そこで、先日台湾一人旅を堪能した私が訪れたオススメの温泉スポットを紹介していきます。

スポンサードリンク

台湾一人旅初心者にオススメの温泉地は?

台湾は、各地に温泉地がありますので、探せばいくらでも候補は挙がります。

しかし、初めての海外一人旅の方にとって、交通の便が悪い穴場スポットに行くのは不安ですよね。帰りの便がなくなったなんて想像しただけでも、不安症な私は気分が悪くなりそうです(笑)

海外に一人で行ってみたい!けど、そこまでチャレンジしたくない!という方は私以外にもいることでしょう。

できれば宿泊しているホテルからそんなに離れていなくて、行き方も簡単な場所がいいですよね。

台湾に初めて旅行に行く方の宿泊先は、中心地である台北市になると思いますので、ここから行きやすい温泉地がオススメになります。

特に初心者にオススメなのが、北投温泉です。

中心地からのアクセスのしやすさ、観光地としてのメジャー度、日本人を見かけてホッとするなど、いくつもの要因から考えると、海外一人旅初心者は北投温泉を選ぶといいでしょう。

温泉に入る以外にも見所がありますので、なかなか充実した観光ができる場所でもありますしね。

台湾一人旅初挑戦の私は、ちょっとホームシックになっていた時に北投温泉に行ったのですが、景色が日本の温泉地に似ていて、とっても落ち着いた記憶があります。滞在2~3日目あたりに行くと心も安らぎますよ。

田舎者の私は、こんな景色を見ただけで落ち着いちゃいます(笑)

一人旅なので、自分の好きなだけ景色を眺めて休憩できたのが地味に嬉しかったです。

台北中心街も楽しいですが、1日くらいは自然と向き合うのも一人旅の醍醐味かなと初心者ながらしみじみと思ったシーンですね。

英語も中国語も話せない私でも楽しめたのだから、海外が初めてで不安な方でも大丈夫ですよ。

 

最寄りの新北投駅を降りるとすぐ温泉街に入りますので、地下鉄でのアクセスがオススメです。

いきなり温泉に入るよりは、温泉街を散策してからの方がいいですよ。

基本的に台湾は冬以外は暑くて湿度が高いので、外に出ればすぐに汗をかきます。

温泉に入ってから散策だと、すぐにベタベタになって温泉に入った意味がなくなりますからね。

 

まずは散策ということで、プラプラ歩いていると見慣れた店を発見しました。

我が国が誇る牛丼チェーン「吉野家」ではないか!

一人旅の寂しさと懐かしさ故、不覚にも入店してしまいました(笑)

地元の食べ物を堪能しようとあれだけ豪語していたのに・・・

店内は日本と変わりない様子。

そこまでお腹が空いていた訳ではないので、とりあえずスタンダードな牛丼セットを注文。

バリバリの日本語と指差しでなんとか強引に突破できました。

「日本と同じだね。」と言いたいところですが、なんか違和感を覚えませんか?

そう、台湾の吉野家には枝豆がついてくるのです!そして枝豆が美味しくないぞ(笑)

まさか海外で吉牛を食べるとは出国前は考えもしなかったけど、こういう出会いも一人旅ならではということで。

 

では、仕切り直して温泉街を散策してみましょう。

北投温泉街に行ったら、地熱谷は見よう!と事前に決めていたので、テクテクと徒歩で向かいます。坂道を歩いて15分くらいで到着です。

ちなみに暑い時に行く人は、駅近くのセブンイレブンで飲み物を買った方がいいですよ。熱中症で倒れるかもしれませんから。

地熱谷に近づくにつれて硫黄の臭いが充満しており、「ここなら多少オナラをしてもバレないだろうな」としょうもないことを考えるくらい一人旅に余裕が出る瞬間を味わえることでしょう。

湯気が立ち上る様子だと地獄を連想させますが、エメラルドグリーンの水面だと幻想的な雰囲気を演出しております。

スポンサードリンク

外の気温も相まって相当暑いです。途中で挫折して引き返してきた日本人観光客らしき人達もいましたね。

結構歩きますので、サンダルとかよりはスニーカーの方がいいですよ。

 

ひとしきり散策を終えた後は、いよいよ温泉探しです。

北投温泉は、大きく分けると、

①ホテルや旅館などの温泉

②公衆浴場

があります。

公衆浴場は、昔ながらの外観で気軽に入れそうなのが好ポイントですが、男女共用のところが多く、水着を着用しなくてはいけないところもあります。

さらに、地元の方が多くいるため、海外一人旅初心者にとってはハードルが高いと感じてしまうでしょう。

私も最初は安い公衆浴場でいいやと考えていたので、有名な「千禧湯」へ行ってみたのですが、予想以上に地元感が強く断念しました(笑)

受付のおばちゃんに入ってもいいか日本語と英語でチャレンジしたんですけど、何を言っているかわからずニュアンス的に入ってダメという雰囲気を出されました。

打たれ弱い私はそそくさとその場を立ち去りましたとさ。旅力がついてきたと思った矢先の出来事だったので、少し凹んじゃいました(笑)

中を少し覗いたのですが、人も多くて衛生面に不安があるため、潔癖症の人には公衆浴場は無理だと思います。

海外初心者はホテルや旅館の温泉を利用した方が楽ですよ。

北投温泉で水着不要で入れる温泉は?

では、仕切り直して旅館の温泉を日帰りで利用できるところを探してみました。

あまり遠くまで歩きたくないから、近場でと探していたところなかなか綺麗な外観の温泉宿を発見しました。

その名は、水美温泉会館

ネーミング的に清潔感溢れそうな旅館に私は吸い込まれてしまいました。

受付まで行ったものの、なんと言えばいいかアタフタしていたら、お姉さんが「温泉ですか?」と日本語で対応してくれました。

600台湾ドルを支払い、温泉まで案内されました。

支払ってから気づいたのですが、600台湾ドルって日本円にしたら3,000円くらいなんですよね。

ぼったくられたわけではありませんよ(笑)

旅館の温泉を日帰りで利用するとしたら台湾の相場はこんなもんです。

個室の温泉なんかもあるそうですね。家族やカップルの旅行にも使えそうな気配がします。

お風呂に入る流れなんかは、鍵付きロッカーに貴重品を預けるところなど、日本の温泉と変わらない感じだったので安心して満喫することができました。

平日ということもあってか、客は最初私だけ。

大浴場の窓から北投公園を見下ろすことができるため、観光客がせっせと歩いている姿を優雅に見ながらリフレッシュできますよ。

大きい湯船を独り占めしていたら、日本人観光客が一人、また一人と入って来るではありませんか。

大浴場に日本人しかいないという謎の空間が生まれたわけですが、日本人が来やすい温泉ってことなのかなと思いますね。

値段は高めですが、温泉選びに失敗したくない人は水美温泉会館に決まりでしょう。

快適すぎて、このまま一泊したくなるぐらいでした。

おまけ

お風呂上がりにフラフラ歩いていたら、地元のスーパーのような建物を発見。

さっそく入って商品を見ていたら、出ました果物の王様ドリアン!

南国のフルーツの大きさに度肝を抜かれました。

さらに調査していると、意外にも日本の商品を発見することができました。

スーパーカップはともかく、青森りんごジュースとかなぜここに?

とにかく台湾では日本の物を結構見かけますので、その都度嬉しくもあり、現実に戻されることもあり複雑な気持ちになります。

台湾の人々よ、日本の商品を販売してくれてありがとう。これからも日本を愛してくれ!と伝えてこの記事を終えたいと思います。

冗談抜きで、水美温泉会館はいいところでしたよ。

ベテラン旅行者には物足りないかと思いますが、初めての台湾旅行で不安な人でもゆっくりと堪能できるオススメの温泉地でした。

台湾台北中心街から北投温泉への行き方は?地下鉄が安い?

スポンサードリンク