手足口病に赤ちゃんが感染した時の症状は?対策と感染拡大予防は?

スポンサードリンク

夏場は、赤ちゃんの体調管理に特に気をつけなければいけない季節です。

毎年この時期には、子どもの夏風邪の一つ「手足口病」が流行します。

赤ちゃんは言葉を発することができないので、親が容体を見て判断することが大事になり、手足口病にかかったとしても、冷静な判断で対処しなくてはなりません。

ここで、手足口病の症状や感染した時の対処法について確認していきましょう。

スポンサードリンク

手足口病に赤ちゃんが感染した時の症状は?

症状の現れ方はそれぞれあります。ここでは、私の子供が発症した時の症状の経過を紹介します。

おむつ交換をした際に、「なんか今日は下痢っぽいなー」などと思っていたら、突然の嘔吐を起こしました。

この時点では「夏の暑さで体調を壊したのかな」程度にしか思えなくて、まずは脱水症状にならないように注意して看病していました。

嘔吐がなくなってきたと安心したのもつかの間、今度は熱が出てきました。私自身、発熱が出た時に焦ってしまったので、ここでは冷静な対処が必要です。

熱が上がりかけたときは手足は冷たいのですが、上がりきると全身が暖かくなりました。

後からわかったことですが、赤ちゃんの体温が上昇すると、「熱性けいれん」と呼ばれる痙攣を引き起こす場合があるそうです。100人に何人か引き起こす確率ですので、もしかしたら発熱があった時に痙攣が見られる可能性もあるので注意しましょう。

発熱があったことで心配になり小児科を受診すると、口の中の喉付近にぷつぷつがあり、ヘルパンギーナと診断されました。ヘルパンギーナも手足口病と同じく、夏に流行する感染症です。

家に戻り、おむつを替えるとき、おしりにできたぷつぷつを発見しました。「あせもかなー」なんて思っていたら、手や口にぷつぷつが広がってきました。

「ヘルパンギーナだったら、喉にしか水疱ができないはずなのに・・・」と不安になり、再度小児科を受診すると、今度は手足口病の診断をされました。

従来の手足口病は、3~5日間の潜伏期間の後に、口腔粘膜、手掌、足底や足背など四肢末端に2~3㎜の水泡性発疹が出現して、発熱は約3分の1に認められますが、軽度であり高熱が続くことは通常ありませんでした。

しかし、近年見られる手足口病は少し変わってきました。

手足口病を引き起こすウイルスはエンテロウイルスとコクサッキーウイルスなどがよく知られていますが、加えて、以前は主にヘルパンギーナの原因ウイルスとして認識されていたコクサッキーA16による手足口病が目立つようになってきています。

コクサッキーA16による手足口病では、水疱が5㎜程度と大きく、四肢末端に限局せずに前腕部から上腕部、大腿部から臀部と広範囲に認められ、発熱も39℃を上回ることも珍しくありません。

ですが、私の子供のように、高熱があっても体に水疱がなければ「手足口病」と診断されない可能性があります。

赤ちゃんの容体をこまめに確認しながら、小児科に行くタイミングを考えた方がいいかもしれませんね。

手足口病に赤ちゃんが感染した時の対策は?

ヘルパンギーナにしても、手足口病にしても特効薬はありません。そのため、ウイルスの特定などは無意味です。

どちらにしても対症療法(自然治癒力を高めることで症状を軽減させること)が中心なので、症状を緩和することに努めましょう。

とは言え、基本的には小児科医で出された薬の用途を守ることで自然に治っていくケースがほとんどです。

感染初期は、のどに痛みがあるので、刺激のあるようなものは避けて、のどごしの良い冷たい飲み物がおすすめです。

食べ物も刺激が少なくかまずに飲み込めるもの、ゼリーやプリン、冷めたおかゆ、おじや、豆腐などがいいでしょう。

ただし、嫌がっている時は無理に食べさせる必要はありませんので、脱水しないように飲み物だけで様子を見ましょう。

焦らず、様子を見ながら進めてくださいね。

手足口病に赤ちゃんが感染した時は感染拡大を防ぐべし

手足口病はくしゃみなどによる飛沫感染と唾液や鼻水などが触れる接触感染が主な感染経路です。他にも子供がいる家庭では、なるべく赤ちゃんに近づかさせないようにして感染拡大を防ぎましょう。

また、回復後も口から1~2週間、便から2~4週間にわたってウイルスが排出されるので、おむつ交換後に汚染された手指を介して感染が広がることもあります。特に食事の準備前はしっかり手洗い、消毒して感染をストップさせましょう。

手足口病を引き起こすウイルスは、アルコール消毒剤や熱に対する抵抗力が高いので、石鹸による手洗いがお勧めです。

また、手指消毒剤でpHを酸性にし、有効成分(エタノール)の効果を高めている製品も発売されていますから、これらも効果が期待できますね。

まとめ

夏に流行する手足口病の症状は様々です。

ウイルス感染に特効薬はないので、小児科を受診し、これ以上容体がびどくならないように対処しましょう。

家では、感染の拡大を防ぐため、うがいや手洗いは十分に行うことが大切になります。

スポンサードリンク