子供の水虫の原因や症状は大人と同じ?予防法は?

スポンサードリンク

梅雨のジメジメした気候になると、水虫の症状を訴える人が増え始めます。裸足になるこの時期は特に心配ですね。
水虫というと、大人がかかる病気というイメージがあるかもしれませんが、実は子供も水虫にかかることがあります。
「子供の水虫と大人の水虫の違いってあるの?」と疑問に思っている方は、ここで確認していきましょう。

スポンサードリンク

子供の水虫の原因は?

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビが皮膚に寄生することで起こる病気です。皮膚に白癬菌が付着し、高温多湿の環境のもと、そのまま放置していると、白癬菌が繁殖し水虫を発症します。

子供が水虫になる原因の多くは、家庭内感染です。水虫を持っている家族が歩いたバスマットや畳に触れたり、スリッパや靴下を共有したりして、子供に水虫がうつります。

また、プールや銭湯、スポーツジムなどの更衣室の床や足拭きマット、トイレのサンダルなど不特定多数の人が裸足で使うものから、白癬菌が付着し、水虫を発症することがあります。

しかし、白癬菌が付着したら、必ず水虫を発症させるわけではありません。。白癬菌が付着しても好発部位である足の指の間を石鹸でしっかり洗い、乾燥させておけば水虫が発症することはほとんどないのです。

子供の水虫の症状は大人と同じ?

水虫の約9割は足にできますが、手や頭など他の部位でも発症するのですよ。子供の水虫の症状は体のどこにできるかによって違います。

足白癬
足の指の間や土踏まず、かかとなどに白癬菌が寄生し発症します。
①足の間・・・赤くなってジュクジュクしたり、白くふやけたりします。
②土踏まずや足の側面・・・小さな水泡ができ、時間が経つと皮がむけます。
③足の裏やかかと・・・足の裏全体の角質が厚く硬くなります。
爪白癬
白癬菌が爪の中へと侵入し、発症。
爪が白っぽくなりますが、痛みやかゆみを感じることはあまりありません。
頭部白癬(いわゆる「しらくも」)
頭部に白癬菌が寄生すると発症。円形や楕円形の脱毛巣を作るかゆみはほとんどありません。
手白癬
手の表面がかさかさになるが、ブツブツの小さな水泡ができることもあります。手の水虫は大人でも稀なケースですので、そこまで気にする必要はありませんが、湿疹のような症状が出たら疑ってもいいでしょう。

大人の症状と同じですが、水虫かどうかの判断は大人でも難しいものです。子供の手や足に異変が見られて、何かおかしいと感じたら、自己判断せず、皮膚科を受診して水虫かどうかを診断してもらいましょう。

子供の水虫予防

一度感染してしまうと、小さいお子さんは薬は飲まずに塗り薬だけの治療になるかと思いますが、これが何ヵ月もかかるので大変です。感染しないためにも、予防をしっかり行いましょう。正しい知識を持つことで、水虫は防げますので安心してくださいね。

白癬菌が皮膚に付着した後、皮膚表面の角質層に侵入しようとします。侵入には24時間ほどかかるといわれています。人から剥がれ落ちた古い角質層(アカ)にも白癬菌が潜んでいますので、おちおち裸足で歩けません。特に幼児は裸足が過ごすことが多いのが悩みどころですよね。

しかし逆に考えると、白癬菌が肌に付着しても、侵入には24時間ほどかかるのです。つまり、侵入する前に洗い流してしまえばいいのです!
様々な場所で白癬菌に触れてしまいますので、付着することよりも足を清潔に保つことを意識した方が予防には効果的と言えます。

水虫の原因菌である白癬菌によって、バスマットだけが汚染されているわけではありません。バスマットだけつま先を上げてかかと歩きをしたところで、完全に予防することはできません。
出来れば、家に帰って来たら、うがい、手洗い、足洗いといきたいものです。なかなか足までが難しいなら、1日最低でも1回のお風呂でしっかり洗って綺麗に拭いてあげてください。白癬菌は高温多湿で繁殖しますから、足をきちんと拭いて水分を除くことは重要ですよ。
家できちんと清潔にすれば、水虫の発症リスクはかなり低くなりますので、面倒でも丁寧に行っていきましょう。

まとめ

子供が水虫になる原因の多くは、家庭内感染です。マットの洗濯はもちろんのこと、1日の終わりにはお風呂で足を綺麗に洗ってあげましょう。また、家の中をこまめに掃除機をかけくことも予防には大切なことです。

スポンサードリンク