河口湖の冬花火の2017の日程は?見られるホテルは?打ち上げ場所は?

515c1798e675d5a3662f0de0b73fe5eb_s

花火と言えば夏をイメージする人が多いですが、最近では冬花火のイベントが各地で行われています。

冬の澄み切った空気の中を彩る花火も素敵ですよね。

中でも有名な冬花火の一つに河口湖の冬花火が挙げられます。

しかし、冬ですので屋外ではなく屋内で鑑賞したいところですよね。

ここでは、河口湖の冬花火の日程や鑑賞できるオススメのホテルを紹介しています。

スポンサードリンク

河口湖の冬花火2017の日程は?

河口湖の冬花火は例年1月中旬から2月23日(富士山)までの土日に開催されています。

2月23日だけは曜日関係なく開催されますのでご注意ください。

2017年は、1月14日~2月19日までの土日および2月23日(木)で開催されます。

打ち上げ時間は、20時から20時20分の間です。

 

少し短いかなと思いますが、複数のプログラムがあり毎回違うテーマですので何度見ても新鮮です。

アクセス方法は主に電車と自動車になります。

電車ですと最寄りのに到着し会場まで徒歩15分程度です。

自動車ですと大池公園の駐車場が無料で開放されていますので、そちらを利用しましょう。

打ち上げ会場付近の駐車場は打ち上げ1時間前の19時頃には満車になる可能性が高いので、早めに会場入りされることをオススメします。

河口湖の冬花火が見られるホテルは?

それでは、冬花火が見られるホテルを紹介します。

基本的に河口湖温泉旅館協同組合のお宿でしたら大体のところからご覧になられます。

湖山亭うぶや

全室が富士山と河口湖に向き合っていますので冬花火をご覧になられます。

和室で落ち着いた雰囲気となっていますので、大人のデートにもオススメです。

風のテラスKUKUNA

ほとんどの部屋が富士山と河口湖に向き合っていますので冬花火をご覧になられます。

特に展望館は、全室に露天風呂が設置されておりお風呂に入りながら冬花火を堪能できます。

スポンサードリンク

また、大浴場の露天風呂からも花火を見ることができますので贅沢なひと時を過ごしたい方にオススメです!

注意:2017年1月10日~3月31日まで展望館は改装工事のため予約できません。

ai(風のテラスKUKUNA HPより)

若草の宿「丸栄」

丸栄では、2階のガラス張り展望ホールから冬花火をご覧になられます。

室内ではありませんが、最上階「富士山展望台」からもご覧いただくことが可能となっています。

花火が見られる客室は限定されるので、予約の際「冬花火が見られる部屋にしたい。」と伝えると空き状況を確認してくれます。

高台の宿「クレッシェンド」

富士山が望める部屋から冬花火をご覧になられます。

・禁煙ツインルーム

・禁煙デラックス・ダブルルーム

・禁煙デラックス和洋室

こちらが該当の部屋になります。

河口湖の冬花火の打ち上げ場所は?

ホテルから花火を眺めるのもいいけど、せっかく来たし冬の乾燥した空気に響く花火も体験してみたい!

という方は、防寒対策を忘れずに準備しましょう。

河口湖の冬花火の打ち上げ場所は3箇所あります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

①大池公園

こちらはメイン会場になっており、花火を最も近くで鑑賞できる場所でありますので迫力ある音と映像を楽しむことができます。

②畳岩

こちらは駐車場の脇から打ち上げられるスポットになります。大池公園の花火も見ることができますので、2つの花火のコラボを楽しむことができます。

③八木埼会場

こちらは大池公園、畳岩と比べると混雑が少ないのでゆっくり鑑賞したい方にオススメのスポットになります。

また、冬花火期間中には湖上から花火を鑑賞できる冬花火鑑賞クルーズが運航されています。

湖面に写る花火も同時に鑑賞できるため、一味違った体験ができることでしょう。

大人(中学生以上)1,000円でお手頃な価格となっています。

気になる方はチェックしましょう。

問い合わせ:富士五湖汽船株式会社 TEL0555-72-0029

まとめ

冬花火を楽しめる河口湖ですが、見る場所にはこだわりたいですよね。

ここで紹介したホテルや旅館は、冬花火の季節には混雑が予想されますので、早めに計画を立てていきましょう。

また、外で見たくなる場合もあるかと思いますので、防寒対策を万全にしていきましょう。

スポンサードリンク