夏フェス初心者の女の子にオススメの服装は?靴や持ち物は?

 

夏の音楽イベントと言えば、夏フェスですよね。最近では女の子の参加者が増えてきており、今年初めて夏フェスに参加するという女性もいるのではないでしょうか。
楽しそうだから行ってみたいけど、初めてだし変な格好で浮いたら恥ずかしいし・・・なんて悩んでいる女性は、ここで夏フェスに参加する前に服装や靴、持ち物について確認していきましょう。

スポンサードリンク

夏フェス初心者の女の子にオススメの服装は?

夏フェスと言っても、会場が海や山など自然の中で行われるものから都心で行われるものまで様々あります。また、時間帯も昼や夜などに分かれています。このため、昼間の海と夜の山は環境が全然違いますから、当然それに合わせて服装も変わってきます。
まずは自分が行きたい夏フェス会場や時間帯を確認しましょう。

女性の場合、野外ということもあって日焼けを気にしますよね。だから、いつも通りしっかり肌をガードできるように上下長そでで行こうと考えていませんか?
それは間違いです!

夏フェスに参加する女性のほとんどは、アクティブで動きやすいファッションをしていますので、日焼け対策をしすぎるファッションだと周りの女性から浮いて見えます。「日焼けしたくないなら家で音楽聞いてろ!」なんて思われているかもしれません。

また、ブラウスやワンピースなどオシャレをしすぎても浮きます。特に男性と一緒に行く人はオシャレをしたい気持ちはわかりますが、男性からしてみたら服に汚れがつかないか気にしている女性を見ると「夏フェスなめるなよ!」と思うこともあります。女の子らしい服装はここでは仇となりますので、オシャレはほどほどにしましょう。

服装に関しては、日中であれば普通にTシャツにショートパンツの女性が多いですし、夏フェスに来る男性ウケもいいです。
ショートパンツの下にレギンスを履いている人も多くみかけますね。ただし、レギンスなど締め付けの強い服で炎天下の中を過ごしていると体調が悪くなってしまう場合もありますので、締め付け過ぎないサイズを選びましょう。

夏ということで炎天下の場合が多いですので、必ず帽子は準備しましょうね。キャップでもいいのですが、帰った後に「首がヒリヒリして痛い」ということになりますので、首の後ろもガードできるハットや麦わら帽子がいいでしょう。特に麦わら帽子は通気性にも優れているので、暑さを和らげてくれるのでオススメです。見た目にも涼しげですしね。

スポンサードリンク

会場が山の場合、天気が変わりやすいので雨具や防寒具を準備しましょう。雨具と言っても、傘ではなく100円ショップで売っているレインコートになります。傘を差すなんて迷惑行為ですからね。防寒具はパーカーで十分です。

夏フェスで履く靴は女の子もスニーカー?

夏フェスは野外で行われるため、足場が悪いところが結構あります。また、長時間歩きっぱなし立ちっぱなしになるので、サンダルやヒールだけはやめましょう。「何しに来ているんだコイツは?」と思われてしまいます。人混みの中ですので、足が踏まれることもありますので、その辺も考慮しましょう。

また、雨が降ると泥で靴がかなり汚れますので、お気に入りの靴で行くと後悔しますよ。せっかくなので、フェス用のスニーカーを一足買ってもいいでしょう。

長靴がオススメという意見もありますが、雨の予報がある時以外はスニーカーで十分です。個人的には、登山で履くトレッキングシューズがオススメです。スニーカーと比べると疲れが少ないので、一日歩きっぱなしのフェスにはもってこいの靴になります。

夏フェスの持ち物で女の子の必需品は?

フェスに参加するにあたっては、荷物は最小限の方がいいです。手にバッグを持って行動するのは不便ですので、ウエストポーチなど体に巻きつけるタイプのバッグがオススメです。
リュックでも悪くないのですが、リュックを背負いながら人混みの中に行くと、リュックが人にぶつかって動きづらいので気をつけましょう。

コツとしては、パーカーや雨具など大きい荷物を入れるバッグと、移動する時に身につけるバッグを持って行き、大きいバッグは会場内にある荷物預り所に預け、最低限必要なものだけ小さなバッグに入れ行動することです。

それでは、持って行くと便利なものを紹介します。
まず日焼け止め虫よけスプレーは必需品です。特にフェスは暑く汗をかきやすいので、日焼け止めはこまめに塗り直しましょう。
山だと虫よけスプレーをしても刺されることもありますので、ムヒなど持っていくとなおよしです。

また、手が汚れることも多いので、ウェットティッシュがあると便利です。食事休憩の時に重宝されますので仲間にも喜ばれます。
普段あまり歩かない人は靴擦れの心配もありますので、初めて夏フェスに参戦する人は絆創膏があると安心です。個人的には、肉厚なキズパワーパッドが痛みを和らげるのにはオススメです。

まとめ

野外フェスに行く時の服装は、女の子らしさよりも動きやすさを重視して楽しみましょう。また、靴も歩きやすさを重視するため、トレッキングシューズやスニーカーをこの機会に準備しましょう。

スポンサードリンク