プール熱の感染リスクを減らすために子供に教えるべき予防法

夏が近づきプール遊びを楽しみにしているお子さんもいることでしょう。
子供のプール遊びにおいては「プール熱」に気をつけなければいけません。
プールに入る機会が増える夏に流行すること、プールを介して感染することもあることから「プール熱」と呼ばれているので、特にプールにおいては注意が必要です。
一番大切なことはプール熱を予防することです。ここで、子供に教えるべきプール熱の予防法を確認していきましょう。

スポンサードリンク

子供に教えるべきプール熱の予防対策とは?

プール熱の原因菌はアデノウィルスというウイルスですので、当然、目に見えなければ匂いもしません。感染経路は、口、鼻、喉、目の粘膜から体内に入ることで感染します。
ウイルスは感染力が非常に強いので、次のことに注意しましょう。

手指や咳などの飛沫を介して感染するため、外出後はうがい、手洗いを徹底する。手は石鹸で洗いましょう。小さいお子さんは泡で出るタイプの泡ハンドソープが使いやすいです。
これは、プール熱に限ったことではないので、日頃からの習慣としておきたいものですね。

遊んでいる子供を見てみると、自分の指を舐めてみたり、目をこすってみたり、やたらと手が顔に行っています。
口、鼻、喉、目の粘膜から体内に入り感染するということは、手に付いたウイルスが顔のあちこちを触ることでも、体内に入ってしまうのです。お子さんが目をこっすっていたりしたら、「どうしたの?」と声をかけてあげて綺麗な水で目を洗うようにしましょう。癖になららいように「ばい菌さんが悪さしちゃうから手で目を触っちゃだめだよ。」と注意してあげることも大切です。

スポンサードリンク

プールに入る前、入った後のシャワーを徹底して体にウイルスをつけないようにしましょう。
そして、タオルの共有は絶対にしない。これ、とっても重要ですよ。
出来れば、顔拭き用のタオルを別にするといいですね。体に付着したウイルスをタオルを介して顔に付着させるリスクを減らすためです。

幼稚園など集団でプール遊びをする場合、先生に自分の子供を注意してみてほしいと相談しても限界があります。何十人の子供達を完璧にチェックするのは不可能ですから、先生に過度の期待をするのはやめましょう。
このため、きちんと自分の子供に予防法を教えることが大切になります。自分の身は自分で守る。これがプール熱予防の第一歩です。

○○ちゃんのプール道具、準備したからね。お名前も書いてあるし、これで拭くんだよ。 お友達はお友達のタオルがあるから、○○ちゃんはお友達に貸してだめだよ。借りてもいけないよ。それから、プールが終わってシャワーで綺麗にしたら、こっちのタオル(顔拭き用)でお顔を拭くんだよ。

こんな感じに教えてあげるといいですね。一番大切なタオルを共有してはいけないということだけは何度も説明しましょう。

また、抵抗力をつけて丈夫な体を作っておくことも予防には重要なことです。栄養バランスを考えた食事や生活リズムを整えることなど親ができることはたくさんありますよ。お子さんの体調が優れないと判断したならプールに入ることをやめることも親の仕事です。

まとめ

プール熱の感染リスクを減らすためにお子さんに予防法を教えてあげることが大切です。
・お外から帰ったら、石鹸で手を洗い、うがいをする。
・プールに行った時は、入る前と後にしっかりシャワーで体を綺麗する。
・綺麗に洗った後は自分のタオルを使い、タオルの貸し借りをしない。
これらのことを守るだけでプール熱の感染リスクは減ります。お子さんが楽しくプールに通えるように、ひとつひとつ教えてあげましょう。

スポンサードリンク