台風が近づくと頭痛がする原因と対策は?ロキソニンで治る?

スポンサードリンク

台風の季節になると災害に注意が必要ですが、ご自身の体調コントロールにも気を配りたいところです。
というのも、台風の多発する秋口になると体調を崩しやすくなるという人が意外にも多いからです。
特に女性に見られる現象ですが、何故このようなことが起きるのかご存知ですか?
天候によって体調が左右されるなんて信じがたい話ですが、ちゃんとした理屈があります。
秋口の偏頭痛に悩んでいる方は、ここで原因と予防法について確認していきましょう。

スポンサードリンク

台風が近づくと頭痛がする原因は?

台風と頭痛の関係を紐解くキーワードは「気圧」になります。台風の周辺の気圧が低いのはご存知ですよね。
通常、我々が生活している日本の気圧の平均は約1013hPaですが、台風の中心気圧は960hPaくらいまで下がります。
50hPaくらいの差しかないので、このくらいの影響で人間の体調が崩れるのか?と疑問に思う方もいるかと思いますが、大気中の酸素濃度に大きな影響を与えているのです。

1013hPaから960hPaまで気圧が下がるので、全体でいうと5%下がることがわかります。
ここで気圧が下がると同時に酸素濃度も5%下がるという事実があります。
これって山登りと同じで、頂上を目指すにつれてどんどん息苦しくなっていくのは、単に疲労によるものだけでなく、気圧が低くなることで酸素濃度も下がっていることが原因なのです。

酸素濃度が5%下がるということは、地上より約500m高い地点で生活することと同程度になります。
このため、普段の生活を送っているだけなのに、体には見えない負担がかかっているのです。
これに様々な要因が重なって、自覚するほどの症状が現れるというわけです。
頭痛を訴える人が多いのですが、中には肩こりやめまい、吐き気などの症状が現れるケースもあります。

また、頭痛の原因は、単に酸素濃度の低下がもたらすだけではありません。
気圧の変化によって影響を与えるのは、酸素濃度だけではなく、体の中の血管の圧にも影響を与えるのです。

どうなるのかと言いますと、体の外の圧力が下がることで血管を抑えていた力が弱まり、通常よりも血管が広がり、それによって周りの神経を圧迫するリスクが高まります。

特に脳には神経と血管が入り乱れているので、その影響を受けやすくなり、頭痛が症状として現れやすいのです。
気圧の変化は目で見えない現象なのでイメージしづらいですが、体は敏感に反応しているというわけです。

台風が原因の頭痛が起きた時の対策は?

気圧の変化に敏感な人にとっては、台風が接近するといったニュースを聞くたびに憂鬱になりますよね。
なんとか痛みを和らげるために事前にできることはないのかと考えても、実際にはこれをすれば必ず予防できるといった方法はありません。やはり、自然の力には勝てません。

しかし、偏頭痛を和らげる方法があります。
一番手っ取り早い方法が「痛みがひどい箇所を冷やす」ということです。
先ほども言いましたが、台風が近づくと頭痛がする原因に血管の拡張が挙げられます。冷やすという行為は、広がった血管を収縮させる狙いがあり、神経への負荷を減らすことが期待できます。

現象から考えると非常に理にかなっている方法ですので、頭痛が起きたら保冷剤をタオルに包み患部に当ててみるといいでしょう。
手元に保冷剤がなければ、身の回りにある金属製の物質で代用してみましょう。冷えた缶ジュースやペットボトルが使い勝手がいいですね。
ただし、冷やす方法は人によっては逆効果になる可能性もありますので、冷やしても頭痛が治まらない場合は自分には合わない方法だと判断しましょう。

台風が原因の頭痛はロキソニンで治る?

冷やすことで頭痛を和らげる方法は、一時的な応急処置にすぎません。あまりに症状が酷い場合は、薬の力を借りながら治療を進める必要もあります。
薬に頼りたくないという気持ちも理解できますが、生活に支障をきたすような深刻な事態にならないうちに早期治療をすることをお勧めします。

偏頭痛に有効な処方箋を考えていきましょう。
まず市販の頭痛薬として有名なロキソニンですが、残念ながら気圧の変化による偏頭痛には効果はありません。ロキソニンと言えど、全ての頭痛を網羅しているわけではありません。
もしロキソニンを服用して効果を実感したのなら、それは台風が影響した頭痛とは原因が異なる頭痛になります。肩こりなど筋肉の炎症が原因の頭痛の可能性が高いです。

偏頭痛を本気で治したいなら、医師の診察を受けたうえで専用薬を処方してもらうのが一番です。
偏頭痛が起こるメカニズムは一つではないため、素人判断で治療しても効率が悪いどころか、むしろ悪化させることに繋がりかねません。
もしかしたら、頭痛の根本的な原因が台風とまったく関係ないこともありますので、原因を特定させるためにもぜひ一度受診しましょう。

まとめ

台風の接近による頭痛が起きる原因は、気圧の低下により血管が拡張し神経を圧迫することが考えられます。
頭痛が発生した時には、応急処置として痛みを感じる患部を冷やしましょう。
何度も頭痛が繰り返す場合は、一度医師の診察を受け、根本的に治療を行うことが大切です。

スポンサードリンク