お彼岸に結婚式を挙げるのは非常識で縁起が悪い?招待状の注意点は?

スポンサードリンク

ご結婚式の予定をこれから考えているカップルの皆さんにとって、一番頭を悩ませるのは日取りではないでしょうか。
結婚式ともなると自分達だけの問題でなく、親戚や友人などゲストへの配慮も必要になりますよね。

しかし、二人の都合や予約状況を考えると結婚式を挙げるのに相応しくない日にちしか空いていない場合もあります。
もしかしたら、お彼岸にしか予定が合わないなんてこともあるでしょう。
「お彼岸に結婚式を挙げるのは非常識だ!」なんてよく聞きますが、本当に悪いことなのでしょうか?
どう対応したらいいか悩んでいる方は、ここで解決していきましょう。

スポンサードリンク

お彼岸に結婚式を挙げるのは非常識?

お彼岸とは、春分の日と秋分の日とその前後3日の期間のことを言います。3+1+3の1週間が春秋に訪れます。
日本の多くの地域では、お彼岸に仏壇やお墓の掃除などを行い、先祖と向き合う機会になります。この時期に実家に帰省してお墓参りする方もいるでしょう。このため、何かと慌ただしい時期と言えます。

お彼岸に結婚式を挙げることが非常識だと言われる理由は二つあります。
まず一つ目。
お彼岸と結婚式は冠婚葬祭で考えると真逆な儀式になります。故人を供養する意味合いの強いお彼岸にお祝い事を行うというのは、好ましくないと考えてしまう人が多いので、自然とタブーという常識が浸透していったのです。

次に二つ目。
先ほども説明したとおり、お彼岸は先祖の身の回りの整理をする方が多く、連休を利用して帰省して、家族や親戚との時間を過ごすという方もいます。
このため、慌ただしい時期にわざわざ結婚式を挙げるというのは、ゲストの都合を無視した考えだと感じてしまう人もいるのです。

これらのことから、お彼岸に結婚式を挙げることは一般的にイメージがよくない印象を持たれてしまいがちです。
しかし、お彼岸に結婚式を挙げることは、絶対やってはいけないかと言うとそうでもありません。

確かにお彼岸を避けた方が無難なのは事実ですが、予約状況や仕事都合など様々な事情で必ず希望通りに日取りに決めることができるとは限りません。
「お彼岸は非常識だから別日にしなさい。」と言うのは正論ですが、日程を変更することの大変さを考えると現実には難しいものです。

あれはダメ、これはダメ、こんなことばかり言っていたら式の日取りはどんどん先延ばしになるだけです。試行錯誤した結果が、お彼岸しか空いていないのならば仕方のないことです。
ゲスト全員が納得のいく日にちなんて存在しないのですから、お彼岸であろうが両家が決めた事なら文句を言う方が野暮ってものです。
実際に、お彼岸でも結婚式を挙げている夫婦なんて全国にはたくさんいますので、堂々としてればいいのです。

ましてや、若い人なんて春分の日や秋分の日を「休日」としか認識していない人がほとんどですので、友人中心の結婚式ならなおさら気にする必要はありません。
親族だけの結婚式の場合でも、慣習にうるさい親戚などのフォローを両親に頼むくらいのケアで十分でしょう。

お彼岸に結婚式を挙げることは縁起悪い?

結婚式の日取りで人気なのが、縁起のよいとされる「大安」ですよね。
逆に縁起が悪いと認識されているのが「仏滅」です。
お彼岸での結婚式も「仏滅」のように縁起の悪いというイメージが強いですが、お寺や神社に確認したところ「特に縁起が悪いわけではない」そうです。

非常識と言われていることで単純にイメージが悪いだけで、大安や仏滅のような位置づけとはそもそも違うそうです。
ですので、縁起という側面から考えると、お彼岸が縁起の悪いとは言えません。
「お彼岸は縁起が悪いから・・・」と言う人には、ちゃんと訂正しておいた方がいいですね。

お彼岸に結婚式を挙げる際の招待状の注意点とは?

お彼岸に結婚式を挙げる時でも、開き直るよりはこの時期になって申し訳ないという雰囲気が伝わった方が好印象になります。
「お彼岸は結婚式に向いてないのはわかっている」というアピールをするといいますか、常識がないからこの日を選んだわけじゃないというニュアンスが伝えられればいいでしょう。

では、いつ伝えるのか?今でしょ・・・いや、招待状を送る時でしょう。ということで、案内状を出す際に、お彼岸を選んでしまったことの事情説明とお詫び、日にちは好ましいものではないが参加してもらいたい旨を伝えましょう。

こういった配慮ができるかできないかで大きく印象が変わってきますから、最後は人柄で良し悪しが決まるものです。面倒でもやっておきましょう。
また、お彼岸の予定を空けてもらうのですから、招待状は2か月前には出した方がいいでしょう。

まとめ

お彼岸に結婚式を挙げることは、できれば避けたいところですが、必ずダメというわけではありません。
ただし、招待状を出す時に「どうしてもこの日しか行えなくて・・・」とさりげなく申し訳なさを伝えることが大切です。
お詫びと感謝の心を忘れずに、無事に結婚式を迎えるよう配慮しましょう。

スポンサードリンク