そばかすの原因は子供も紫外線?自然に消える?治療法はある?

スポンサードリンク

シミやそばかすの対策は女性にとって関心の高いテーマですよね。
シミは大人になってからできやすくなりますが、そばかすは子供の頃にできる人もいます。
そばかすは海外の子供にできるイメージがありますが、日本人でもできるんですよ。

特に思春期は、顔のトラブルが原因で外に出かけるのを嫌がり、ふさぎ込みがちな性格になってしまう可能性もあります。
そばかすで悩んでいるお子さんをお持ちのお母さんは、正しいそばかすの知識を学び、お子さんに伝えることが大切です。ここでは、子供のそばかすの原因や治療法について紹介していきますので、参考にしてください。

スポンサードリンク

そばかすの原因は子供も紫外線?

大人にとって、シミなど肌トラブルの原因の一つに紫外線が挙げられており、多くの女性が紫外線対策を行っています。
一方で子供はというと、そばかすの原因は紫外線だけではありません。
もちろん紫外線を多く浴びることでそばかすができやすくはなりますが、全ての子供が日焼けをしたらそばかすができるということではありません。子供は外で遊んで日焼けするのは珍しいことではありませんし、全ての日焼けした子供の肌にそばかすができてはいませんよね。

子供のそばかすの原因は、両親からの遺伝が大きく関係しています。正確には、そばかすが遺伝するというのではなく、そばかすができやすい体質が遺伝するということです。親にそばかすがあるから子供も必ずそばかすができるというわけではありません。

つまり、他の子供にとっては表面上に大きな影響が出ない紫外線量でも、そばかすができやすい体質の子供は、徐々にそばかすが形成するといったことになる可能性があるのです。これは、ニキビ肌の遺伝と似ています。

親である自分自身が過去にそばかすで悩んだ経験があるのであれば、お子さんもそばかすができる可能性が高いです。
現時点でそばかすができていなくても、早め早めに紫外線対策を教えてあげてください。

そばかすは子供だと自然に消える?

子供のそばかすの多くは、小学校を卒業したあたりの思春期にできます。そして、思春期の終わり頃に薄くなり始め自然と消えるケースが多いです。

ただ、思春期の子供だと、そばかすが永遠に続くと誤解してしまうことが多いです。長い目で見ると大した期間ではないですが、当の本人にしてみれば人目が気になる思春期にそばかすができるのは辛いものです。
そのため、早く治したい一心で、大人用のそばかすに効く化粧品等を試したい気持ちになるのも頷けます。

しかし、子供のそばかすは遺伝的なことなので、大人用そばかす対策の高濃度の化粧水を使ってもあまり効果はありません。それどころか、肌に刺激を与え、メラニン生成を促してしまうことに繋がる場合があります。

そのため、親からお子さんに
①子供のそばかすには、大人用のそばかす対策の化粧水を使ってもあまり効果がない。
②子供のそばかすは、思春期が終わる頃に薄くなって自然に消える
という正しい知識を伝えてください。

思春期にできたそばかすは、治すというよりは目立たせないことを目指し、紫外線対策を行うこと、そして刺激を与えないために触らないことが大事です。
また、バランスのよい食事や生活習慣を整えることで肌のターンオーバーが整えられ、そばかすが自然に消えやすくなります。
ニキビ同様、過剰なケアにより跡が残ったら完治は難しくなりますので、お子さんが暴走しないか親が気を配ることも大切なことです。

そばかすができた子供の治療法は待つしかない?

自然に消えるとは言え、思春期が終わるのを待つのが嫌だ!というお子さんもいるかと思います。目立たなくするのではなく消す場合、化粧水や飲み薬で完全に治すことは難しいです。

そのため、そばかすを消すには、レーザー治療や光治療を受ける必要があります。特に、光治療は広範囲に治療ができるため、そばかすを消すには効果的です。

しかし、そばかすを一時的に消しても、もともとそばかすができやすい体質の人は、思春期の間は次から次へとそばかすができます。
また、術後は肌が紫外線の影響を受けやすくなり、普段以上に紫外線対策を行わなければなりません。屋外での部活動がある場合は、紫外線の影響を受けないようにすることは不可能ですので、治療は困難を極めます。

やはり、子供のそばかす治療は、思春期を終わっても消えない時に行うというのが効率的です。金額的な問題もありますが、若いうちから美容外科の力を借りるのは、あまり好ましいものではありません。

まとめ

思春期のそばかすは、自然と消えることが多いです。
しかし、間違った知識を持っていると、変に肌に刺激を与え、余計治りが遅くなることもあります。
親として、そばかすに関する正しい知識をお子さんに伝えることが治療の始まりと言えます。

スポンサードリンク