冷房病の症状は寒気だけじゃない?原因や対策は?食事の注意点は?

スポンサードリンク

夏は気温の上昇と共に室内空間の温度も上がります。室内での熱中症の危険もあることから、これからの季節はオフィスや家でクーラーをつける機会が増えてくるでしょう。

しかし、過度な冷房の使用により、体を冷やし過ぎてしまうと今度は「冷房病」の危険性が出てきます。特に、室内で仕事をしている人は、席によっては冷たい風がガンガン当たってしまい、体調不良が慢性的になるケースもあります。

女性がなりやすいと言われている冷房病の症状や原因、対策について考えていきましょう。

スポンサードリンク

冷房病の症状は寒気だけじゃない?

冷房病と聞くと、寒気がするイメージが強いですが、実はそれだけではありません。冷房病の症状は主に体の倦怠感や疲労感から始まることが多いです。免疫力が落ちることで風邪を引き起こし、微熱が出ることもあります。

「最近疲れやすいなぁ」「体がだるいなぁ」と感じたら冷房病の可能性があります。しかし、同時期に見られる夏バテも可能性もありますので、判断が難しいため対策が遅れることもしばしば見受けられます。

夏バテと違って、腰痛や頭痛、肩こりなど肉体的な苦痛を感じることもあります。不眠症を発症する場合もあり、放っておくと症状が深刻化するケースがほとんどです。また、女性は、生理痛が酷くなることもありますし、ごく稀なケースですが不妊症にまで発展することもなくはありません。

このため、冷房病は初期の段階で気づき、これ以上悪化させないことが重要なのです。夏に体の不調を感じたら、単に夏バテだからと簡単に考えるのではなく、冷房病の可能性も視野に入れながら原因究明と対策をとっていきましょう。

冷房病を引き起こす原因は?

冷房病は「自律神経失調症」とも言われており、冷房の効いた室内と外の暑さの温度差が激しくなればなるほど引き起こされやすくなります。単に室内で冷房を浴びるだけでなく、外と室内を何度も往復する習慣の人も発症してしまうのです。

温度差が激しい場所を行き来することで、体温を調整する自律神経が乱れやすくなります。自律神経が乱れると、体温調整がうまくいかなくなり体に様々な異変が見られ、最初に説明した症状だけでなく、肌荒れや食欲不振なども自律神経の乱れが原因となるのです。

さらに、生活習慣の乱れも体の温度調整機能を低下させる要因となり、これが冷房病を加速させます。入眠時間が日によってバラバラだったり、偏った食事など日頃の生活習慣を改めることが、冷房病の予防の一つです。
ただ、わかっていても実際にできている人は少ないです。冷房病の苦しみと生活習慣の改善、どちらが大変か今一度考えてみましょう。

冷房病の対策と食事の注意点

冷房病の対策としては、室内と外の温度の落差を抑える工夫が大切です。外の温度を変える力は人間にはありませんので、室内の温度をコントロールしていきましょう。

部屋の温度を下げすぎないこともそうですが、オフィスの場合、自分の意見が必ず通るわけではありませんし、なかなか言いずらいものですよね。特に男性の多い職場ですと、女性は寒いと感じるレベルに温度を設定されていることも少なくありません。

このため、一人一人が保温対策を取ることが必要になります。人間の体は、特に足や腰からなど下半身側から冷えていきますので、ひざ掛けやストッキングや厚手の靴下などで保温しましょう。腹巻もとても効果的だと言えます。

さらに、食事にも気を配りましょう。栄養バランスを考えることも大切ですが、体を冷やす食べ物や飲み物を控えることも重要です。ただ、夏はどうしても冷たい食べ物や飲み物を欲しくなってしまいますよね。絶対ダメとなると、ストレスが溜まって余計に自律神経を乱す原因になることもありますので、ほどほどに摂取するというのがポイントです。

体を温める食べ物を摂取することも大切ですので、肉類やカレー、香辛料、ニンニク、ショウガなど体を温める食材が入った食事を意識的に食べましょう。

まとめ

冷房病は、体温調整がうまくいかないことから引き起こされます。寒気だけでなく体のあらゆる不調を感じるため、早めに対策を取ることが大切です。
冷房の効いた室内で体を冷やさない工夫をすることと規則正しい生活習慣が予防になります。
バランスのとれた食事を心がけることで冷房病に負けない強い体を作っていきましょう。

スポンサードリンク