夏のお弁当が腐らないための工夫や傷みにくい食材は?

スポンサードリンク

主婦の皆さん、毎日のお弁当作りお疲れ様です。
夫や子供のために朝早くから頑張っているお母さんも多いのではないでしょうか。
お弁当を作るにあたっては、味もそうですが、料理が傷まないかも気になるところですよね。特に夏場のお弁当は十分注意しなくてはなりません。
ここで、夏のお弁当を腐らないための工夫や傷みにくい食材について確認していきましょう。

スポンサードリンク

夏のお弁当で腐らないための工夫は?

夏場にお弁当を長持ちさせるためには、食材選びも重要ですが保存方法も気をつけたいところです。ちょっとした工夫一つで雑菌の繁殖を抑えることができるので、ぜひ実行してみましょう。

最も重要なことは、お弁当の温度を下げることです。当たり前のことですが、温度が高い状態ですと、雑菌の繁殖スピードが早まりますので、食材が傷み味が落ちてしまいます。

わかっていても出来立てでまだ熱が残っているのにお弁当に料理を入れてしまう人が多いです。菌の繁殖を促す原因になりますので、必ず一度冷ましてからお弁当に入れましょう。

また、外気の熱でお弁当が熱くなるのを防ぐために、弁当袋に保冷剤を入れたり、食べる頃にちょうど解凍するような冷凍食品を入れるなども効果的です。

さらに、常温のものに水分があると雑菌の繁殖が進みますので、おかずの汁気は少なくすることも大事です。
ハンバーグなどは、しっかり煮詰めて汁気を飛ばしてから入れましょう。

塩分を食材に含ませると傷みにくくなりますので、夏場はいつも以上に濃い味つけにすることも傷みにくい工夫になります。ただ、あまり濃い味つけをしすぎると、高血圧の危険性がありますので、ほどほどにしてくださいね。

夏のお弁当で傷みやすい食材は?

わざわざ傷みやすい季節に傷みやすい食材を入れることは避けたいところです。生もの以外にも傷みやすい食材がありますので確認していきましょう。
傷みやすい食材としては、
・生野菜や果物
・チャーハン
・ポテトサラダ
・練り物(かまぼこなど)
・卵

などが挙げられますので、夏のお弁当に入れない方が無難です。
チャーハンやポテトサラダなどは、様々な食材が組み合わさって作られる料理です。複数の食材が混ざった状態は腐敗が進みやすくなってしまいますので、お弁当には向きません。

ポテトサラダはきゅうりの水分が危険ですので、夏場ポテトサラダを作る時は、きゅうりを使用しない方がいいです。卵も熱で痛みやすいので、マヨネーズをお弁当の中に入れるのではなく、小分け袋に入れておいた方が長持ちしやすくなります。

夏のお弁当で傷みにくい食材は?

傷みにくい食材としては、
・梅干し
・お酢
・生姜
などがありますが、どれも主菜としての魅力を感じませんよね。このため、傷みにくい食材を選んでばかりいると、料理のバリエーションが少なくなり、自らの首を絞めることになりかねません。

傷みにくい食材を入れることは対策として効果的ですが、それ以上に料理を作る前の手洗いなど衛生面を気をつけることが重要です。白米に梅干しを入れるくらいで十分ですよ。梅干しには、強い抗菌作用がありますので周りの米の雑菌の繁殖を抑えることもできます。お米は傷みやすいので、少量のお酢を入れて炊いたりすると傷みにくくなりますので試してみましょう。

まとめ

夏場のお弁当は、温度を上げないことと、お弁当内の水分量を少なくすることが大切です。なるべく汁気のない食材や料理にするといいでしょう。

傷みやすい食材を入れるのを避け、料理の際の衛生面を注意するだけで、お弁当の持ちは長くなります。昨日の夕飯の残りを入れる時も加熱処理をしてからをお勧めします。

スポンサードリンク