初盆の香典の金額の相場や袋の書き方は?欠席のマナーは?

スポンサードリンク

歳を重ねると冠婚葬祭の場が増えますので、色々と覚えなくてはいけない事があります。知らないだけで相手を不快にさせてしまうこともありますので、大人として最低限のことは覚えておきたいところです。

今回は、初盆のお供えについて紹介していきます。知人や親戚の初盆の法要に招かれたけれど、「初めてなのでマナーとか全然わからない。」という人は、初盆の香典の金額や袋の書き方、欠席する場合のマナーについて学んでいきましょう。

スポンサードリンク

初盆の香典の金額の相場は?

盆とは、先祖の霊を供養する行事です。都市部では7月13日~16日、地方では8月13日~16日が一般的とされています。そして、初盆とは忌明け後に初めて迎える盆のことです。忌明け後とは、一般的に四十九日の法要後とされています。そのため、四十九日前に盆を迎えてしまったら、翌年の盆が新盆となります。ちょっとややこしいですが覚えておきましょう。

新盆に招かれた場合は、手ぶらで行くわけにもいかないですよね。現金を包むのが一般的です。香典と呼ばれるものです。聞いたことがある人も多いことでしょう。

現金の相場は地方によって様々ですが、3千円~1万円が目安となります。これくらいの金額であれば相手が貰っても「こんなに頂いて悪いなぁ」と気を遣わせることのなく、安すぎて気持ちがこもってないと捉えられることのないラインになります。
偲ぶ会など食事会等がなければ、香典にプラスして果物セットを持参するのもいいでしょう。

お札に関して、結婚式など祝儀の時はピン札がマナーとされていますが、不祝儀の場合は新札はふさわしくないとされています。最近では、新札でも気にしないという人も増えてはいますが、新札で不快になる人も少なからずいますので旧札を包むのが無難です。
だからと言って、クシャクシャなお札や汚れたお札も失礼にあたるので気をつけましょう。よほど汚くなければ、財布に入っているお札をそのまま使用して大丈夫です。

初盆の香典袋の書き方は?

不祝儀袋は、水引きが藍銀、双銀、白黄などの結び切りを使用します。金額が1万円以上にならない場合は、水引きが印刷されているものを使用しても大丈夫です。むしろ少額にもかかわらず、袋だけ立派だと失礼にあたる場合もあります。

不祝儀袋の表書きの上段は、宗派によって異なります。仏式であれば「御仏前」、神式であれば「御神前」など分ける必要があります。しかし、相手がどの宗派だなんてわからないことの方が多いですよね。そんな時は「御霊前」と記入しておけば間違いありません。「御霊前」はほとんどの宗派で使用できる万能の表書きなんですよ。

下段にはフルネームを書きます。連名にする場合は、目上の人を右側に置いておきましょう。裏面の左下に住所と金額を縦書きで記入します。

文字を書く際は、薄墨筆ペンを使用して丁寧に書きましょう。薄墨筆は市販で売っていますので、持っていない時はこの機会に購入しましょう。間違ってもボールペンで書いてはいけませんよ。

不祝儀袋は、ふくさに包んで持って行くのが正式ですが、ふくさがない場合は、白や黒、グレーのハンカチで代用しましょう。
ただし、30代以上になればこういう機会も増えますので、ふくさを購入した方がいいですよ。

初盆を欠席する場合の香典はどうする?

事情により欠席する場合は、事前に欠席する旨のお詫びの手紙や電話を入れておくのがマナーです。その上で、当日までに届くように香典を送ります。

送り方は、まず郵便局で現金書留専用封筒を買います。現金書留専用封筒には大きさの違う2つのタイプがありますので、郵便局の窓口で「香典袋を入れる大きさのものを下さい。」と指定してください。

封筒に必要事項を記入して、香典とお悔みの手紙を入れてのり付けします。継ぎ目の部分に印鑑を押す場所がありますが、印鑑が手元になければ署名でも大丈夫です。準備ができましたら、窓口にて手続きをします。直接ポストに投函しないでくださいね。

まとめ

初盆の香典の相場は、3千円~1万円になります。地域や家庭の方針などで金額に多少ズレが生じますが、わからない時は5千円程度包めばOKです。
欠席する際も香典は送るのがマナーですので、郵便局で手続きしましょう。

スポンサードリンク