夏休みの自由研究で小学生のテーマ選びや書き方は?イベント系は?

お子さんの夏休みが始まり旅行など楽しい計画でワクワクしている様子を微笑ましく見ているところではないでしょうか。しかし、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうものです。「前半遊び過ぎて、夏休みの宿題が終わっていない!」夏休みの後半になって慌てるお子さんが毎年出てきます。

特に小学生の夏休みの宿題で頭を悩ませるのが自由研究です。自由だからこそ何をしたらいいかわからないんですよね(笑)
お子さんが悩んでいる時には、親御さんのアドバイスしてサポートしてあげましょう。でも、何をどうアドバイスしたらいいかわからないと親も悩んでしまっては元も子もありません。
ここで、小学生の自由研究のテーマ選びの考え方や書き方、自由研究におすすめのイベントついて紹介していきます。

スポンサードリンク

夏休みの自由研究で小学生のテーマ選びはどうする?

小学生の自由研究のテーマは何でもいいと言っているけど、実際のところ他の生徒はどういうテーマで自由研究をしているのか気になりますよね。自由研究のジャンルとしては、理科、工作、体験、環境がメジャーどころですので、この辺から選んでもいいでしょう。

最も重要なのがお子さんが好きなジャンルからテーマを選んであげることですので、書きやすいからテーマを選ぶのではなく本当に疑問に思っていることを探す協力をしてあげましょう。

しかし、自分の子供の好きなジャンルがわかっても何をテーマにしたらいいかわからないと悩んでいる人は多いです。そんな時は、お子さんの好きなジャンルについて、いくつか疑問を投げかけてあげましょう。

例えば、昆虫が好きなお子さんであれば、「ミンミンゼミとアブラゼミはどう違うの?」「なんでセミは夏しか鳴かないの?冬はどうしているの?」と質問してみてください。ここで、お子さんが答えられなかった質問をメインテーマにすればいいのです。

子供がセミ好きなんだけど「なぜ夏にしか鳴かないのか?冬はどうしているのか?」ということが答えられなければ、それがテーマになります。

高学年のお子さんにもなると、「ソーラーパネルは何で開発されたの?」などと環境問題を匂わせる質問をするのもいいと思います。

お子さんが質問に答えられないことに対して興味を持って自ら調べたり実験したりすることが大切です。親は調べ方や実験方法のアドバイスを行うのみです。

スポンサードリンク

夏休みの自由研究における小学生の文章の書き方は?

テーマが決まって色々頑張っていたけど、何を書いたらいいかごちゃごちゃになって諦めちゃったなんて話もよく聞きます。お子さんがせっかく観察や実験をしたのに、諦めちゃうのはもったいないですね。そうならないためにも、ここは親がまとめ方をアドバイスしてあげましょう。

自由研究の書き方のコツとしては、文章構成が鍵を握ります。
・なぜそのテーマを選んだのか
・自分はどう予想したか
・どういう方法で調査したか
・結果
・考察(自分の予想とどう違ったのか?何で違ったのか?等)
・研究してみた感想
この順番でまとめるとうまくいくでしょう。

これは小学生のみならず、大人になっても同じまとめ方で研究は進みます。
小学生だけでこのような文章構成をするのは難しいので、ちゃんとアドバイスしてあげましょう。

夏休みの自由研究で小学生におすすめのイベントは?

自由研究をする時間がなければ、何かしらのイベントに参加して、それをまとめたものでもいいでしょう。体験型自由研究と呼ばれています。

体験型自由研究でオススメなのが工場見学です。例えば、いつも飲んでいるジュースやお菓子がどのように作られているのかなどがテーマになります。他にも、乗り物の製造現場や官公庁の見学なんかも体験できますのでオススメです。

工場見学をする際は、予約が必要なところが多いので日時の確認は絶対しましょう。また、カメラ撮影NGのところもありますので、事前に確認しましょう。

 

ただし、体験型自由研究はリスクがつきものです。それは、ただの感想文で終わるということです。体験してそれについての感想を書くだけでは自由研究としては好ましくはありません。

感想文にならないために、体験型を自由研究にする際に「どう作られているのか?」を事前にお子さんに予想させてまとめておくといいでしょう。要は体験する前に考察させておくのです。

実際に見た製造過程と予想のギャップを対比させることで、「こういう風に予想したけど、実際はこうだった。何でだろう?」と疑問が生まれ、ただの感想文で終わるのを防げます。体験型も文章構成のまとめ方次第で自由研究として評価される内容になります。

まとめ

小学生のお子さんが自由研究のテーマに悩んでいたら、好きなジャンルの質問をして、わからない疑問が生まれたらそれをテーマにしましょう。
時間がなければ工場見学がオススメです。お子さんが自由研究に悩んでいたら、アドバイスをするなりお手伝いしましょう。

スポンサードリンク