天神祭花火が見えるおすすめホテルやレストラン情報を大公開!

スポンサードリンク

大阪の夏を鮮やかに彩る天神祭の奉納花火。
迫力のある花火を恋人と一緒に見れば、最高の思い出になること間違いなしですね。
穴場スポットで見るのもいいですが、ここは奮発してホテルやレストランから花火を鑑賞するのも素敵です。そこで今回は、カップルにおすすめの天神花火が見えるホテルやレストランを紹介します。

天神祭花火の日程は?観覧席やアクセス方法をチェック!

スポンサードリンク

天神祭花火が見えるホテル

天神祭の花火は、大阪で打ち上げられるため大阪市内のホテルはかなりの激戦区です。みんな考えることは同じで、人混みのごちゃごちゃした中で見るよりは、落ち着いて花火を見たいという人はたくさんいるということです。
例えば帝国ホテル大阪は、5月下旬より花火が見られる「天神祭宿泊プラン」の予約を受付しますが、すぐに予約で埋まってしまいますので、花火を見ることを計画しているなら早めに予約を取ることをオススメします。ちなみに料金は、1泊2名で20万円前後になります!それなりの値段はしますね。詳しくは帝国ホテル大阪のホームページでご確認してください。

 

また、会場から少し離れますが、石切駅近くのホテルセイリュウも大阪市内を見下ろすことができます。こちらは、帝国ホテルよりもリーズナブルになりますので、検討してみてください。ただし、全ての客室から花火が見ることができるわけではありませんので、予約の際は「天神祭の花火が見たい」という旨を伝えましょう。

 

「大阪のホテルは既に満室だった。」と嘆いている方に朗報です。大阪のホテルが取れなくても諦めなくていいんです!
実は、お隣兵庫県神戸市のホテルからでも花火を見ることができるのです。
神戸メリケンパークオリエンタルホテル
ホテルオークラ神戸
ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド
などが候補に挙げられます。
もちろん全客室から見られるわけではないので、事前に必ず問い合わせをして確認しておきましょう。

天神祭花火が見えるレストラン

泊まる時間もないしお金もかけられないという方は、レストランから花火を見てはどうでしょうか。まだ付き合っていない関係の人とのデートにもレストランから花火を見るのは好評です。
ただしホテル同様、レストランも予約で埋まるのが早いため、行動は早めに起こすべきですね。

 

花火を見ることのできるレストラン選びで重要なのは、「何階にあるか」ということです。低い階層のレストランですと花火は見えないか見られたとしても顔を上げなくてはいけないので大変です。このため、基本的にはビルの上層階にあるレストランが候補に挙がります。

 

最もオススメのレストランは、天満橋OMMビルの最上階にある中華料理東天紅です。打ち上げ会場の近くということもあり、花火を見るためのレストランと言っても過言ではありません。
こちらでは、天神祭の花火大会観覧ディナーを実施しており、打ち上げ時間に観覧席に移動して花火を見ることになります。完全予約制で、17:00~、17:30~、18:00~の三部制になっており、各部5組ずつ計15組しか予約をとることができません。料金は2万円程度となっており花火がセットになることを考えると比較的安いと言えます。詳しくは東天紅のホームページをご確認ください。

 

その他
天満橋大阪キャッスルホテルのレストラン
天満橋の京阪シティモール8階のレストラン
ホテルモントレラスール大阪のレストラン
などのレストランが候補に挙げられます。
花火プランがないレストランは、場所はよくても周りのビルや角度によって全然花火が見られないこともありますので、必ず電話で確認しましょう。

まとめ

天神祭花火を見ることができるホテルやレストランはすぐに予約で埋まりますので、早め早めに動き出しましょう。
天神祭花火プランもあるホテルやレストランもありますので、ホテルやレストランのホームページ等で随時情報をチェックしましょう。

スポンサードリンク