土用の丑の日にうなぎを食べる理由や由来は?うなぎ以外でもいい?

土用の丑の日には、うなぎを食べるというのは我々日本人には当たり前のような習慣になっています。スーパーに並ぶうなぎの蒲焼きを見かけると、もうそんな季節なんだなとしみじみ思う人もいるのではないでしょうか。
「でも、何でうなぎを食べるの?」「そもそも土用の丑の日って何?」「日本だけの習慣なの?」など土用の丑の日とうなぎの関係性については様々な疑問点がありますよね。
そんな疑問にお答えすべく、ここでは土用の丑の日にうなぎを食べる理由や由来などについて紹介します。

スポンサードリンク

土用の丑の日にうなぎを食べる理由や由来は?

まずは、土用の丑の日について説明します。土用を土曜と間違えている人が結構いて、土曜日の丑の日だと誤って認識されやすいので注意してくださいね。
土用というのは、中国から伝わった五行説をあてはめたもので、五行説というのは、万物は木・火・金・水・土の5種類からなっているという説です。なんか曜日にあるものばかりですね。これも土用を土曜と連想しやすくする要因になっています。

 

木は春の象徴
火は夏の象徴
金は秋の象徴
水は冬の象徴
とされており、土はそれぞれの季節の変わり目の象徴とされています。そのため、立春、立夏、立秋、立冬直前の約18日間を土用と定められています。一般的には夏の土用のイメージが強いですが、厳密には年に4回あるのです。

 

次に丑の日です。丑の由来は十二支からきています。
皆さんも自分の干支は知っていますよね。かつては、日にちや時間に十二支を割り当てていたことをご存知の方も多いことでしょう。
土用の18日間にも、1日ごと十二支が割り当てられています。もうわかりましたよね。丑が割り当てられている日が「土用の丑の日」ということです。
ちなみに、土用の18日間に十二支が割り当てられるため、年によっては丑の日が2回出てくる場合があります。そんな時は、1回目は一の丑、2回目が二の丑と言うのですよ。

スポンサードリンク

では、なぜ土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が根付いたのかについて説明します。由来は江戸時代にあります。
商売がうまくいかない鰻屋がいました。特に夏にうなぎが売れないことを悩んでおり、藁をもすがる思いでその当時に多彩な分野で活躍していた平賀源内に相談しました。源内が、「本日土用の丑の日」というキャッチコピーを店先に貼ることを助言したところ、鰻の売れ行きが上がり、その鰻屋は繁盛しました。
それを見てた他の鰻屋でも真似をしたところ、土用の丑の日には鰻を食べるということが広まったとされています。
現在では、夏以外の土用の丑の日にも鰻を食べる習慣を広めようとする動きもあります。それぞれの季節の変わり目に鰻を食べるという習慣が今後は根付くかもしれませんね。

土用の丑の日は日本だけの文化?

うなぎを食べる習慣は日本だけですが、実はお隣韓国にも土用の丑の日に似た文化があります。
韓国では、夏に3回ある「ポンナル」と呼ばれる日にサムゲタンを食べる習慣があります。暑い日には、熱いものを食べて乗り切ろうというのが韓国式です。韓国らしい文化ですね。
ポンナルの日には、夏の暑さにもかかわらずサムゲタンを食べたい人で専門店では行列ができるそうですよ。

土用の丑の日はうなぎ以外でもOK?

今でこそ、土用の丑の日に鰻を食べる習慣が根付いていますが、元々は丑の日に「う」のつくものを食べると夏バテしないとされていました。ゲン担ぎみたいなものですね。
しかし、うなぎは高級品のため一般庶民には手が出せない食べ物だったため、鰻以外の「う」のつく食べ物で夏を乗り切ろうという習慣が生まれたのです。ですから、土用の丑の日=鰻というわけではないんですよ。

 

うなぎ以外の「う」のつく食べ物は、梅干しやうどん、瓜(うり)=きゅうりなどが夏バテ解消にはもってこいの食べ物ですね。
土用の丑の日にうなぎを食べなくてはバチがあたるとかではありませんので、無理に高い鰻を食べる必要はありません。うなぎが嫌いな人は「う」のつくものを食べてはいかがでしょうか。大事なのは、健康な体で夏を乗り切るいうことです。

まとめ

土用の丑の日に鰻を食べる習慣は、鰻屋の戦略から生まれたものです。バレンタインデーにチョコを贈るという習慣に似たものがありますね。それでも、一年に一回の鰻を食べる機会ですので、ぜひ鰻を食べて暑い夏を乗り切りましょう。

スポンサードリンク