花火大会で場所取りする時の必需品や便利な持ち物は?無人でOK?

スポンサードリンク

夏の風物詩である花火大会にカップルや友人など複数で行く計画を立てている人も大勢いることでしょう。
花火がよく見られる絶好のポジションは、人気の場所になるため毎年激戦必須ですね。そのため、場所取りを考えている人もいらっしゃるのではないでしょうか。
「何を持って行けばいいのだろうか?」と悩んでいる場所取り担当の人は、ここで必需品や便利な持ち物などについて確認していきましょう。

スポンサードリンク

花火大会で場所取りする時の必需品は?

場所取りに関しては、花火大会ごとルールが決められているため、マナーを守ることは絶対です。中には場所取り禁止の花火大会もありますよ。
また、多くの花火大会では当日まで場所取りを禁止していることが多く、当日まで禁止していると知らずに場所取りをしてしまうと、シートを撤去されてしまう場合もありますのでご注意ください。
まずは、自分が行く花火大会の開催要領等を確認する必要がありますね。
当日から場所取りが解禁になる花火大会ですと、当日のお昼までに場所取りをすれば見やすい場所を確保できるでしょう。

 

それでは、花火大会の場所取りをする時の必需品を確認しましょう。
必需品は、シート、ガムテープ(養生テープ)、携帯電話充電器の3つです。

①レジャーシート
場所取りをする際には、他の人が一目でわかるように自分達が使いたい領域を主張しなければいけません。
レジャーシートは、一目で使う広さがわかるので必ず持って行きましょう。ブルーシートだと色が被ってしまい場所がわかりにくくなりますので、少し派手なくらいがちょうどいいです。
ただし、人数に見合わない広さのシートを広げると、他の人の視線が厳しくなるので注意しましょう。
いい場所を広く取りたい気持ちはわかりますが、独り占めするより譲るくらいの気持ちを持っておくと晴れやかな気持ちで花火を観ることができるでしょう。

②ガムテープ(養生テープ)
レジャーシートが風で飛ばないように、四方をテープで固定させましょう。何か重りを乗せてもいいですが、他の人がつまずく危険性がありますので、テープの方が安全で使い勝手がいいです。

③携帯充電器
場所取りをする場合、後からくる人達に連絡したり、会場を調べたりと携帯電話を普段の生活以上に使用します。
仲間に連絡を入れようにもバッテリーが切れては元も子もないので、乾電池で充電できる充電器を持って行きましょう。

花火大会で場所取りする時に便利な持ち物は?

できれば持っていった方が便利なものを紹介していきます。花火大会に限らず場所取りに慣れている方はほとんど持っているものですので、持っていって損はないですよ。

①虫よけスプレー
夏と言えば蚊ですね。場所取りしている間、蚊に刺されまくってテンションが下がらないために、虫よけスプレーを持って行くと便利です。万が一刺された時のことも考えて、ムヒなどかゆみ止めも準備しておくとなおいいですね。

②絆創膏
履きなれていないサンダルや下駄による、足の指の痛みを訴える人が高確率で出てきます。そんな時にサッと絆創膏を差し出すとカッコイイですね。普通の絆創膏よりもキズパワーパッドの方が痛みを和らげますのでオススメです。

③ウェットティッシュ
汗や準備で手がベタベタになりますので、ウェットティッシュを持って行くと便利です。出店で食べ物を買った時とかに重宝されますよ。
また、飲み物などをこぼした時も活躍します。

④ゴミ袋
いちいち指定されたゴミ箱に行くのは面倒くさいので、ゴミ袋を持って行くと便利です。燃えるゴミとペットボトルを分別して、最後にまとめて捨てましょう。
ポイ捨ては迷惑のかかる行為です。花火大会の中止に繋がる可能性もありますので、絶対にやめましょう。

花火大会の場所取りで無人はマナー違反?

花火大会で場所取りする人の中には、シートだけ置いて花火が打ち上げられる時間まで戻ってこない方もいます。
しかし、場所取りした後に時間まで違う場所で暇つぶしをして、帰ってきたら自分の場所がない!というトラブルが毎年どこかしらで起こっています。せっかくの楽しい思い出が一瞬で苦い思い出になることもありますので、そんなことにならないためにも場所取りを行う際は誰か一人は離れないようにしましょう。

 

しかし、当然トイレに行きたくもなりますし、その場から離れる時間は必ず出ます。また、炎天下の中での待機になると、具合が悪くなることもあります。そのため、1人ではなく最低2人で場所取りをしましょう。
炎天下の中ですので、熱中症対策をすることも大事です。帽子、日焼け止め、飲み物は事前に準備しておきましょう。

まとめ

花火大会の場所取りをする時は、シート、ガムテープ、携帯電話充電器の3つは必ず持っていきましょう。
場所取りの心得として、ルールと自分の健康を守ることが大切です。最低2人で場所取りをしておけば何かあった時も安心ですね。

スポンサードリンク