熱中症の犬に見られる症状や応急処置は?スポーツドリンクは大丈夫?

スポンサードリンク

夏は熱中症に気をつけなければいけません。しかし、気をつけるのは人間だけでなく犬も同様にです。
犬は赤ちゃんと同じで、言葉で熱中症を知らせることはできませんので、世話をする人が異変のサインを見逃さないことが大事になります。飼い主の初期対応が何より大切になりますので、ここで犬の熱中症の症状や応急処置について学んでいきましょう。

スポンサードリンク

熱中症の犬に見られる症状と事前にできる対策は?

犬は人間のように汗をかいて体温を調整する機能がありませんので、体に溜まった熱を外に逃がすために口を開けてハァハァと呼吸しています。しかし、冷却機能は人間と比べて低いため熱中症にかかる場合があります。
特に熱中症になりやすい犬種は、熱の発散効率が低いパグやシーズーなど短頭犬や、毛が厚いシベリアンハスキーやセントバーナードです。

 

犬の熱中症の症状として、
・呼吸が苦しそう
・よだれが大量に出ている
・粘膜が充血する
・嘔吐や下痢
が初期症状として見られます。 症状がさらに進むと、痙攣や失神、吐血などの症状が見られます。
手当が遅れるとショック症状を起こし死に至る場合もありますので、犬の熱中症のサインを発見したら迅速に対応することが大切です。

予防や対策が大切

犬は人間と比べて、暑さに弱い動物です。人間の感覚では大丈夫だと思っていても、犬にとっては限界の暑さになっている可能性があります。
屋外に犬を飼っているならば、必ず日陰を作ってあげてください。一日を通して日陰がない状態に犬が過ごすことで熱中症のリスクが高まります。熱中症にかからなくてもストレスにより様々な不調がでることもありますので、犬目線で生活環境を整えてあげましょう。
また、夏は飲み水もすぐ温かくなるのでこまめに飲み水を交換しましょう。

室内で飼う場合でも家を留守にする時はカーテンを閉めたり、エアコンのドライモードを活用するなど、部屋の温度が上がらないよう工夫しましょう。犬の生活スペースに氷の入ったペットボトルやクールマットを設置するとなおいいですね。

熱中症の犬に施す応急処置は?

犬に熱中症の症状が出ていた場合、すぐに応急処置を行う必要があります。犬への応急処置も人間同様、上昇した体温を下げることがポイントです。
まずは、冷房の効いた部屋や日陰に移動させます。軽症で水が飲める状態であれば水分補給を行いましょう。

 

次に体温を下げるため、水をかけましょう。ホースやシャワーで直接水を犬にかけてあげてください。この時注意していただきたいのが温度です。氷水をかけてしまうと血管の収縮が起こし熱の発散がうまくできなくなってしまいますので、ぬるま湯から徐々に温度を下げてください。

 

その後、ぐったりしている場合は仰向けに寝かせ、両脇や内もも、首の後ろ側を保冷剤で冷やしましょう。犬の舌は長く気道を塞ぎやすくなりますので、舌は口の外に出してあげてください。この間に獣医に連絡して状況を説明し今後の指示を仰ぎましょう。なお、発見した時に複数の人がいたら獣医に連絡する人と処置する人で効率よく対応するといいです。

犬が熱中症の疑いがある時にスポーツドリンクを飲ませて大丈夫?

人間であれば熱中症の予防や処置にスポーツドリンクなどが効果的なため、犬の水分補給も普通の水ではなく、スポーツドリンクがいいかと悩みますね。しかし、日常的に犬に糖分濃度の高いスポーツドリンクを飲ませると内臓に大きな負担をかけることになります。このため、基本的には犬にスポーツドリンクを与えてはいけません。

 

しかし、例外もあります。それは脱水症状がでている場合です。熱中症にかかる一歩手前の状態の時は、緊急的に飲ませてあげた方がいいです。熱中症の疑いがある場合でも、意識があるなら飲ませて大丈夫です。
注意点として、人間が飲むスポーツドリンクは犬にとって濃度が高すぎるので、必ず薄めてから飲ませてください。味がしなくなるぐらい薄めるのが目安になります。

まとめ

犬が熱中症になった場合は、すぐに水をかけるなどして体を冷やし、その後獣医の指示を仰ぎましょう。 飼い主の応急処置が何より大切ですので、夏は特に犬の体調を気にかけてあげてください。
また、犬は人間より暑さに弱いということを認識し、熱中症を事前に防ぐ工夫をすることも大切です。

スポンサードリンク