熱中症の応急処置は冷やすが正解?寒気がある場合は?飲み物は?

スポンサードリンク

夏に外で活動する場合に気をつけなければいけないのが熱中症です。中には室内にいるのに熱中症になる人もいますので、自分は大丈夫だろうと安易に考えるのは危険です。というのも、熱中症はヤバいと感じてからでは遅く、さっきまで元気だったのに急に体調が悪くなる場合もあります。自分はまだ大丈夫だろうと我慢していると、いつ熱中症になるかわかりません。

 

また、いつ身近な人が熱中症にかかるかわかりません。熱中症で具合が悪い人が近くにいた場合、何もできないというわけにはいきませんので、ここで熱中症の応急処置を確認していきましょう。

スポンサードリンク

熱中症の応急処置は冷やすが正解?

熱中症にかかった人がいた場合、意識障害や呼吸困難といった危険な状態であれば急いで救急車を呼びましょう。 一般人ができることは、救急車が来るまでの間に症状をこれ以上悪化させないくらいしかありません。しかし、応急処置をすることで、その後の回復を早めたり症状を緩和させることに繋がりますのでとても大事なことです。

 

熱中症の応急処置として一般的に知られているのが、涼しい場所に移動させ水分補給をさせるということです。冷房の効いた部屋が最もよいのですが、ない場合は日陰を探し移動させましょう。しかし、意識のない状態の人をむやみに動かすことは危険な場合がありますので、その際は救急車を呼ぶ時に指示を仰ぎましょう。日陰に移動したら、衣服のボタンやベルトを外すなど楽な状態にして仰向けに寝かせましょう。この時、足の下にクッションなどを置き30cm程度足を高く上げることで、脳への血流を確保できます。

 

さらに効果的な応急処置があります。それは、体を冷やすということです。この時、冷やす部分が重要になるので覚えておきましょう。
熱中症の応急処置として冷やすと効果的な箇所は、両脇、内ふともも、おでこになりますので、こちらを優先的に冷やしましょう。
保冷剤がある場合は直接肌に当てないで、衣服の上から当てたり、ハンカチやタオルで巻いてから当てましょう。保冷剤がない場合は、タオルやハンカチを水で濡らして当てるといいでしょう。

熱中症の症状で寒気があった場合の応急処置は?

熱中症の症状で寒気がする場合があります。熱中症なのに寒気って不思議な感じがしますが、実際にこういった症状を訴える人もいます。
熱中症は体温調節の機能に異常が生じ、体温が上がる病気です。にも関わらず、体は熱くなっているのに寒気を感じるということは、脳に障害が発生しているということになります。このため、寒気がある場合は危険な状態ですので、意識があったとしても医師の診察を受けた方がいいです。

 

では、熱中症で寒気がある場合の応急処置としては、体を温めた方がいいのでしょうか?答えはNoです。冷やした方がいいのです。というのも、脳が寒いと判断しているだけで、実際には体は熱を帯びています。寒気を感じている場合、通常の応急処置に加えて首の後ろ側を重点的に冷やしましょう。脳に送られる血流を冷やすことで、脳の障害を緩和させることができます。

熱中症の応急処置におすすめの飲み物は?

意識があり自分で水分補給できる場合は、スポーツドリンクを補給させましょう。一気に飲むのではなく、少量を何回かに分けて飲ませるようにしましょう。スポーツドリンクがない場合は、水でも構いません。
麦茶でもいいのですが、カフェイン入りは避けましょう。なぜなら、カフェインは体の水分を外に出す作用があるからです。コーヒーを飲むとおしっこに行きたくなりますよね。これはカフェインの働きによるものです。

 

熱中症対策や応急処置におすすめの飲み物は、OS-1(オーエスワン)です。これは、脱水状態の治療飲料水でドラッグストアなどで販売されています。所ジョージさんのCMで聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。外での活動が増える環境の方は、こちらの飲料水を常備していると、いざというとき頼りになります。

まとめ

熱中症の症状が出ている方がいた場合、まずは救急車が必要かどうか判断しましょう。そして、涼しい場所に移動させ保冷剤や濡れタオルで体を冷やします。意識がある場合は、少量ずつ水分補給をさせましょう。

スポンサードリンク