花火大会に行くカップルは別れる?喧嘩の理由は?オススメ会場は?

スポンサードリンク

花火大会のデートは浴衣を着たり一緒に花火を見上げたりと、普段のデートでは経験できない二人の思い出作りにもってこいのイベントです。
しかし、花火大会デートの感想として「すごくよかった」という声もあれば「最悪な1日だった」という声があります。
花火大会に行けば楽しい思い出を作れると安易に考えているあなた!
ここで、花火大会デートで気をつけなければいけないポイントを確認していきましょう。

スポンサードリンク

花火大会に行くカップルは別れるは本当か?

花火大会に限らず、ディズニーランドやUSJなど、いわゆる「行くと別れる」デートスポットってよく聞きますよね。
場所自体は楽しいところにも関わらず、何故そんな事を言われるようになったのでしょうか?
「行くと別れる」スポットに共通することは、以下の通りです。
・人混みで混雑する
・アトラクションより待ち時間の方が長い

特に待ち時間の長さが多いということは、それだけカップル同士で会話しなくてはいけないということになり、会話力やコミュニケーション力が高くないと待ち時間を楽しく過ごせません。男性は会話をしなくても平気ですが、女性は会話がないとつまらない印象を持ちやすい傾向にあります。
ある程度付き合いの長いカップルですと会話しなくても平気なのですが、付き合いたてのカップルだと、沈黙=気まずいという認識になりがちです。そのため、沈黙が続くと不安になったり、相手に気を遣いすぎて精神的に疲れてしまいます。
アトラクションの楽しみよりも疲れたという気持ちが大きくなると、帰宅後にあんまり楽しくなかったなあという思い出になってしまいます。そして、そんな気持ちを引きずり「もしかしたら相性が悪いのかも」とどんどん悪い方向に考えてしまい別れてしまう。これが付き合いたてのカップルが別れる大きな原因です。

 

待ち時間が長いと予想できるデートをする場合は、あらかじめ色々な会話のネタを仕入れるか、二人で楽しめるゲームを考えた方がいいです。心理テストやカタカナ禁止会話などゲーム性を持たせた工夫をするなど二人が楽しめる会話を心がけるといいでしょう。
ちなみに私が考えた言葉遊びの一つに「この名前知り合いにいたらダメゲーム」というものがあります。これは、世の中にいそうな人の名前を適当に挙げていって、相手がその名前の人を知っていたらアウトというシンプルな遊びです。例えば「山田太郎」と彼氏が名前を挙げて、彼女が顔と名前が一致する山田太郎さんを知っていればアウトといった形です。学生時代の同級生や芸能人もありなので、極端に変な名前さえ挙げなければ結構スリルがあって面白いですよ。あえて芸能人の名前を攻めるなど楽しみ方は人それぞれです。

花火大会でカップルが喧嘩する理由は?

花火大会での喧嘩の多くは、人混みによるストレスで余裕がなくなり、ささいな事でイライラしてしまうことが原因です。 心に余裕がなくなると、徐々に口数が減って不機嫌になったりと、その人の悪い部分が表れやすくなります。悪い意味で意外な一面を見てしまうのもこんなシチュエーションの時がたいがいです。
特に余裕がなくなる要因の一つに時間が挙げられます。渋滞に巻き込まれたり、道に迷ったりで花火大会会場にギリギリ到着しちゃうなんていったことのないよう、事前に花火大会の情報を調べたり計画をちゃんと立てることが大切です。
女性の方は、男性がうまくいかずに焦っている時は「大丈夫だよ」の一声をかけてあげましょう。この気遣いが男性にとって何より嬉しいものです。計画通りいかなくてもイライラせず、男性をフォローすることが喧嘩を防ぐためには重要な事です。
また、場所取りが上手く行かずに花火があまり見れなかった、なんてことも喧嘩の原因になります。 そうならないためにも、事前に混雑しない場所や時間を調べたり、有料席を確保したりしましょう。

花火大会選びでカップルにオススメの会場は?

付き合いたてのカップルだと有名な花火大会はオススメできません。混雑が予想以上のものになりますので相当疲れますので。
まだお互いをそこまで知らない時期は、どこそこの花火大会に行ったということより、花火を二人で見たという思い出の共有の方が大切です。
都内ですと、戸田橋花火大会いたばし花火大会鶴見川花火大会などは、他の花火大会と比べると比較的混雑しないのでオススメです。
次の年に、大規模の花火大会にチャレンジしましょう。

まとめ

花火大会では、心に余裕を持って相手を気遣ったり、楽しませたりすることが大事です。二人にとって素敵な思い出になるよう、事前の準備をしっかりしましょう。また、ネガティブな発言も雰囲気を悪くしてしまう原因ですので、どんな状況でも前向きな姿勢を忘れずにいきましょう。

スポンサードリンク