日焼け止めは化粧でいつ塗るのが正解?化粧直しのやり方は?

夏になると本活的に紫外線対策をしなくてはいけない季節になってきますね。
紫外線対策の基本は、日焼け止めを塗ることです。自分のライフスタイルや肌に合った日焼け止めを選ぶことも重要ですが、日焼け止めを塗るタイミングも重要です。
間違った塗り方を続けると紫外線によるダメージを蓄積していきますので、手遅れになる前に対処したいところです。
特に女性は化粧をしますので、スッピンからメイクアップするまでの間、いつ日焼け止めを塗るのかわからない人も多いことでしょう。
ここで、紫外線から肌を守るための日焼け止めを塗る順番や化粧直しについてを確認していきましょう。

スポンサードリンク

日焼け止めは化粧のいつ塗るのが正解?

化粧の順番で悩むのは、化粧下地より先に塗るのか後に塗るのかですよね。
日焼け止めがミルクタイプであれば、基本的には洗顔→化粧水→乳液→日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順番になります。
化粧を始める前のスキンケアの一部と考えるといいでしょう。日焼け止めを塗るまでは、男性と同じですね。

 

化粧は肌に負担をかけるなどあまりよいイメージがありませんが、日焼け止めの上に化粧下地とファンデーションを塗ることで効果的に紫外線を防ぐことができます。日焼け止めだけでは紫外線を完全に防ぐことは難しいので、化粧をすることで二重の壁を作ることがポイントです。普段あまり化粧をしない人は、ファンデーションは塗った方がいいですよ。逆に肌を守ることに繋がりますので。

 

一方、スプレーやパウダーなどのタイプの日焼け止めは化粧が完成した上から塗ります。
日焼け止め塗るの忘れた!って場合でも、上から振りかけられタイプなら安心ですね。しかし、化粧下地の上から振りかけるタイプは、ミルクタイプよりも日焼け止めの効果は落ちるのが一般的です。自宅で化粧する場合はミルクタイプを使用することをお勧めします。

スポンサードリンク

日焼け止めの正しい塗り方も確認していきましょう。
まず、昨年の日焼け止めは雑菌が繁殖している可能性がありますので、日焼け止めは毎シーズン新しい商品を使用しましょう。
効果的な日焼け止めの塗り方のポイントとして、日焼け止めは一度に塗るのではなく2回に分けて重ね塗りをします。こうすることでムラを防げますので、紫外線のバリア能力を均一にすることができます。

 

1円玉程度の大きさの量を手に取り、鼻を中心として外側にむ向けて塗っていきます。鼻は特に日焼けしやすい場所になっているので、最後の仕上げにもう一度軽く塗りましょう。
日焼け止めを塗る際の注意点ですが、日焼け止めを薄く塗る方がいいと思われていますが、薄く塗るとムラが起きやすくなりますし、汗や皮脂で落ちやすくなります。また、効果を保ちたいのであればこまめに塗りなおす必要があります。

日焼け止めは化粧直しの時どうする?

日焼け止めはこまめに塗った方がいいのはわかったけど、化粧の上から直接塗っていいのかわからないという方が多いかと思います。
日焼け止めのタイプごとに化粧直しの際の塗り方が違ってきますので、それぞれ紹介していきます。
まずは、ミルクタイプです。ミルクタイプは化粧の上からは塗りません。
日焼け止めを塗り直す前に、タオルやあぶら取り紙で顔の汗や皮脂を取り除きましょう。
この際、ゴシゴシふき取らず、押さえるようにしてふき取ることが大切です。
この時ファンデーションも一緒にとれるので、ここで日焼け止めを塗ってその上からファンデーションを塗り直しましょう。

 

スプレータイプやパウダータイプは、化粧直しの仕上げに化粧の上からつけます。
屋外で時間がない時はスプレータイプやパウダータイプが便利ですが、室内でメイク直しができるならミルクタイプを使用するといいでしょう。仕事に合わせて使い分けましょう。
特に夏場は化粧崩れしやすい季節ですので、化粧直しをするタイミングで日焼け止めも塗り直すことをお勧めします。
これで紫外線対策はバッチリです!

スポンサードリンク