天神祭花火2017年の日程は?観覧席やアクセス方法をチェック!

スポンサードリンク

東京の神田祭、京都の祇園祭と並んで、日本三大祭の一つに大阪の天神祭があります。
そんな大阪の夏祭りのラストには、奉納花火が約4,000発打ち上げられ、それを目当てに大勢の人が集まります。
大阪を代表する人気の花火大会のため、事前に観覧席やアクセスについて調べておくと安心ですね。
ここで、天神祭奉納花火大会の日程や観覧席、アクセス方法について確認していきましょう。

スポンサードリンク

天神祭花火大会2017年の日程は?

日にち:2017年7月25日(火)

時間:19:30~21:00頃

会場:川崎公園、桜之宮公園

なお、悪天候の場合は中止になりますので、行く前に天気予報を要チェック!
動画を見るとわかるとおり、花火だけでなく水上を船が通る船渡御も行われます。この非日常空間を目の当たりにすることができるのがこの花火大会のポイントの一つです。
ギャルみこしに負けないくらい、会場は熱気で満ち溢れています!

天神祭花火大会のおすすめ観覧席は?

できるだけ間近で迫力ある花火を見たいですよね。そんな方に朗報です。
天神祭奉納花火では有料観覧席を設置していますので、場所取りなど考えたくないという方は、こちらを利用するといいでしょう。
ただ、有料観覧席にも種類があり、中には船渡御を観覧できない場所もありますので、自分の目的に合った席を選ぶことが大切です。

大阪ふれあいの水辺

①席の種類
・テーブル指定席(4人席)
・砂浜自由席(レジャーシート付)

②時間
18:00~21:00

③料金
テーブル指定席・・・22,000円
砂浜自由席・・・4,000円/人

こちらの席は船渡御を観覧することができませんが、花火を間近で体感することができますので、花火好きにはオススメの席になります。

天満橋駅付近の川岸

①時間
18:00~21:00

②料金
6,000~11,500円

こちらの席は船渡御と花火を観覧することができる席になりますが、場所によっては花火が見えずらい箇所もありますので、花火をメインに楽しみたい方にはオススメできません。船渡御の観覧席のイメージが強いです。

OMMビル21階屋上

①時間
19:30~21:00

②料金
18,000円

ビルの屋上から花火を見る席ですので、下界の混雑を避けたい人にはオススメの席です。割高ではありますが、人混みが苦手な人にとってはその価値は十分にあります。なお、当たり前ですが船渡御の観覧はできません。

桜ノ宮公園

①時間
18:00~21:00

②料金
15,000円

会場横から花火が打ち上げられることから迫力のある花火を見上げることのできる席になります。船渡御も間近で見ることができるので両方楽しみたい人にオススメです。

無料観覧情報

有料席以外で観覧する場合は、会場付近のポイントを自分で探し席を確保する必要があります。
早い者勝ちのルールに基づいているため、人気の場所はすぐに埋まってしまいます。
打ち上げ会場付近の橋近辺の混雑は例年とてつもなく、身動きがとれないほどですので、場所を決めたら下手に動くのはやめた方が賢明かと思います。そのため、場所取りをしてから買い出しに行くよりも、買い出しを先に済ましておいた方がいいですよ。

 

場所取りをするなら15時までには席を確保したいところです。
メジャーなスポットとしては、桜ノ宮公園をはじめ、源八橋、都島橋、桜宮橋周辺になります。
一方、少し離れた都島橋や飛翔橋周辺の両岸が穴場スポットとなっているので狙い目はそこです!
また、川崎橋周辺は会場からは離れますが「人混みが本当に無理!」って人にはオススメできるスポットです。
※川崎橋は18:00~23:00まで通行不可になりますので注意してください。

天神祭花火大会のアクセス方法

天神祭奉納花火は、毎年約130万人の人出となっていますので、初めて行く方はその混雑に驚くことでしょう。
そのため、会場付近までのアクセス方法は公共交通機関を利用することをお勧めします。
車で行けないことはありませんが、花火大会の臨時駐車場はございませんので、有料駐車場を探す必要があります。
これだけの人が集まりますので、当然ながら付近の駐車場はすぐに満車になりますし、運よく駐車できたとしても帰りの出庫はいつになるのかわかりません。駐車料金も比較的高いエリアですので、利用料金が割高になるケースが想定されます。

 

電車を利用するにしても、最寄りの駅選びが重要です。
桜ノ宮公園の最寄り駅である「JR桜ノ宮駅」は一番混雑するので避けるのがベスト。
「JR大阪橋詰駅」や「JR大阪天満宮駅」、「JR天満駅」を起点に徒歩で観覧場所へ向かうのがストレスのかからない移動方法になります。
祭りの雰囲気を楽しみながら歩いて移動するのも悪くないですよ。

スポンサードリンク