横浜開港祭花火2017の日程は?有料席やレストラン情報を紹介

スポンサードリンク

毎年6月上旬に横浜開港祭が開催されます。
港の祭りだけあって、自衛隊護衛艦の一般公開など普段のお祭りでは味わえない体験ができるのが魅力的なポイントになります。
日中のイベントも盛る上がりますが、やはり何と言っても花火大会が人気です。
横浜開港祭の花火を見て、一足先に夏を感じてみてはいかがでしょうか。
友人や家族と行っても楽しいですが、恋人とデートに行くのもいいですね。
ここで、横浜開港祭の花火の日程や有料席情報、花火が見えるレストランを紹介していきますので計画の参考にしてください。

横浜開港祭花火大会2017の日程は?

2017年の横浜開港祭の日程は6月2日と3日になりまして、花火は最終日6月3日19:20~20:00の間に打ち上げられます。会場は例年臨港パークとなっています。
正式名称はビームスペクタクルinハーバーと言い花火だけでなく音と光の共演もあり、芸術性の高い花火を鑑賞できる最新の花火大会と言えます。

花火の打ち上げ時間は短いですが、毎年約75万の人出で賑わいを見せる人気の花火大会のため周辺はかなり混雑しますので、時間に余裕を持たせた計画を立てておきましょう。
2017年は土曜日という日程のため、昨年度以上の混雑が予想されます。
事前にアクセスや席の確保を計画しておかないと大変な思いをするかもしれませんよ。

横浜開港祭の花火大会の有料席は?

(公式HPより)

観覧場所については、会場の臨港パーク付近で無料で観覧するとなると耐震バースになります。
しかし、花火を無料で見るとなると場所取りが必須となりますよ。
友人などであれば長い間場所取りしててもいですが、恋人とのデートの場合は気まずくなってしまうかもしれません。
ここは、有料席から迫力のある花火を間近で見てはいかがでしょうか。

有料席として臨港パーク内に芝生席が用意されていますので、場所を確保していない人は予算と相談して決めてください。

〇芝生席
6,000円

カップルだと芝生席で鑑賞するのがオススメです。
芝生席は人気のため、すぐに完売してしまう可能性が高いので、計画を立てたならすぐに購入した方がいいでしょう。

また、船から花火を鑑賞するツアーも時期が近づいたら募集が始まりますので、クルージングデートなどをお考えの方は、GWが明けた頃から毎日チェックしておくことをお勧めします。
海上に映る花火を堪能できる数少ない花火大会ですので、個人的には船上から鑑賞をお勧めします!

※こちらは2017年の情報です。

横浜開港祭の花火が見れるレストラン

花火を見るだけでもいいですが、レストランで食事をしながら花火を見るのもカップルにはおすすめです。
いつもと違うロマンチックな雰囲気を味わえますので、彼女もきっと喜ぶでしょう。
花火を見ることができるおすすめレストランはこちらです。

シリウス(横浜ロイヤルパークホテル)

横浜の夜景が見れる場所として有名なレストランです。
ディナーコースは高いコースで約7千円~1万円ですので、学生の方でも無理な金額ではありません。
花火が見られる窓際の席はすぐに埋まることが予想されますのでお早めに予約しましょう。
予約の際は、彼女と花火を見たいという旨伝えると優先的に窓際の席を案内してくれるでしょう。

中華料理カリュウ(インターコンチネンタルホテル)

大きくとられた窓から眺めのいい景色を堪能できますので、花火もバッチリ鑑賞することができます。
ディナーコースは約1万2千円~ということで多少高めですが、その価値は十分ありますので満足できるでしょう。
花火大会のプランもありましたので、チェックしてみてはいかがでしょうか。
こちらも予約の際は、彼女と花火を見たいという旨伝えましょう。

まとめ

横山開港花火はただ花火を打ち上げるだけではなく、アートに近い感覚で楽しむことのできるオシャレな花火大会になりますので、カップルのデートにオススメです。
ただし、人気の花火大会ゆえに混雑は避けることができません。
彼女をエスコートしできるよう事前に計画を立て、最高の思い出を作ってくださいね。

スポンサードリンク